Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

インド人名のカタカナ表記

これは,最も苦労するところで,ひとつの正解はないに等しいですが,明らかな間違いというものはあります.

ヨガボディ和訳 159頁:
アイヤー、サンダラム、バルスカー



英語原書では,

p. 122:
Iyer, Sundaram, Balsekar


です.

普通にカタカナ表記するなら,

アイヤー,スンダラム,バルセーカル


とすべきでしょう.

三つの内,二つが間違いです.

同様の間違いは,本和訳には多く見つかります.

インド関係本を和訳するのに,インドの言語(原語)について全く無知であるというのは,如何なものでしょうか.

ドイツ関連の英語を和訳するのに,ドイツ語について全く無知であるような研究者は,普通,いないでしょう.

インドだとなぜかそれが許されるという,志・水準の低さと甘えとが,本邦にはあるのかもしれません.

160頁には

ティップ・サルタン宮殿


とあります.英語はTippu Sultan's Palaceです.

ティプーは色々な表記がありうるので,ティップでもOKでしょうが,Sultanはスルターンなどでしょう.

以上から,uがくせ者ということが分かります.

インド人名の場合,英語向けにアの発音に対してuで表記している場合もあれば,インドの表記そのままにuを使うこともあるので,判断が難しくなります.
スポンサーサイト
  1. 2016/12/04(日) 13:33:59|
  2. 未分類

Nanglo Ghar in Chiyo, Fukuoka

  1. 2016/12/03(土) 20:09:32|
  2. 未分類

ヨガボディ

Mark Singleton's Yoga Body p. 87: This widespread understanding that āsanas were essentially medial and curative in function had the effect of relegating the esoteric specifics of haṭha yoga to a subsidiary position.

喜多千草(訳)『ヨガ・ボディ』113頁:こうした、アサナは本質的に医学的で治療に使えるものだという理解は広まり、ハタ・ヨガの秘術的だと考えられていた特徴を、治療法の一種に読み替えることにつながった。



後半部の和訳はかなり趣旨が違ってしまっています.
直訳すると

アーサナはその機能において本質的に医療的で治癒効果のあるものだという一般理解は,ハタヨーガの秘教的な諸特徴を,副次的に地位に追いやった.

となります.要するに,ハタヨーガが持っていた現代人から見てうさんくさい部分(つまり秘儀的な部分)というのが従属的な地位に落ちていった,ということです.脈管,チャクラ,クンダリニーなどの特別な身体観も,現代のヨーガではそれほど重視されずに,軽く触れるに留まっているというようなことが念頭にあります.また,ケーチャリームドラーのような超能力を目指した修行法も念頭にあるでしょう.
  1. 2016/12/03(土) 10:57:00|
  2. 未分類

伊都キャン横のナビさん

Nabisan 020


伊都キャン,生協食堂クアシスの中にもナビさんは入っています.

写真は,伊都キャンの外にある,近くの本店「ナビさんハラール」のチャナセット495円.
  1. 2016/12/01(木) 09:01:40|
  2. 未分類

ジェリプリ

NangloGhar11 015

これまでナン生地の発酵したものを揚げていたのですが,今回のは,通常の発酵してない正式のプーリー.薄手です.

どっちがうまいかといえば,発酵したもののほうが,これにはボリューミーで合うかと.

注文の時に言えば,ナン生地でも揚げてくれるとのこと.
  1. 2016/11/29(火) 18:23:21|
  2. 未分類

anutpanna > anutpala

http://www.tgiw.info/indology/paper/3.pdf

p. 5のNMの「生起していないから」(anutpanna)は,次頁のNBhusの写本に基づく訂正と同様,anutpalaじゃないと意味が通じないでしょう.

ここでのポイントは,因の三相を満たすということですから,第一相を満たすので,当然,壺も壁も証因を持たないといけません.

壺が「生じていない」というのは意味が通りませんし,いわずもがな,壁が「生じていない」というのも,意味不明です.

逆に,壺が「非スイレンである」というのであれば意味が通りますし,同様に,壁が「非スイレンである」というのも容易に理解できます.

にしても,2002年ですから,印仏研@東国大学校も,14年前ですか.

その夏は,印仏研には参加せず,ルーマニアはトランシルヴァニアにて,第一回のサンスクリット合宿でした.
  1. 2016/11/29(火) 07:41:17|
  2. 未分類

ザエカの羊すね肉パヤ

zaeka008.jpg

アリさん,youtuberになったそうで,これから,いろいろとアップするとのこと.

https://www.youtube.com/watch?v=Gl03agqXwck

https://www.youtube.com/watch?v=_F9bc5eWVZc

風邪気味だったのですが,パヤのおかげで,体が温まりました.

冬に食べるものとのことで,夏に食べたら「体が爆発する」のだそうです.
  1. 2016/11/24(木) 09:03:28|
  2. 未分類

pure and pollution

p. 40
In a culture where the ``polarity of purity and pollution organizes Hindu social space'' (Flood 1998: 57), ...


52頁
純粋なものと不純なものの二曲構造による社会秩序の考え方が浸透したヒンドゥーの社会[Flood 1998: 57]では、……




どう考えても,「浄・不浄」や「浄・穢」でしょう.Srinivasも泣きが入るでしょう.
  1. 2016/11/20(日) 12:18:45|
  2. 未分類

ヨーギー

次の部分は,構文的にはかなり恣意的な翻訳であり,しかも,英語からのインド古典的な文脈に無知な和訳なので,注意が必要です.

p. 36
For these visitors, ``yogi'' tended to signify the social group of itinerant renouncers known for their disreputable (and sometimes violent) behavior, mendicancy, and outlandish austerities.



46頁
そうした旅行者にとっては「ヨギ」とは、ときどき暴力をふるう乞食僧たちのことであり、風変わりな耐乏生活をしている世捨て人集団のことだったのである。



直訳すると「これらの旅行者にとり「ヨーギー」は,いかがわしい(時に暴力的な)振る舞い,乞食行,異様な苦行で知られる出家遊行者の社会集団を指していた.」というくらいでしょうか.

わざわざ構文を変えて訳す意味が分かりません.
  1. 2016/11/20(日) 12:00:31|
  2. 未分類

ムドラーmudrā

39頁
シャトカルマ(6つの浄化)、ムードラ、あるいは……



「ムードラ」という伸ばし方は初めて見ました.
やはり,最初にアクセントを置きたくなるんでしょうか.
ちなみに,ムートラだと,小便という意味になります.
  1. 2016/11/20(日) 10:55:41|
  2. 未分類

चाउमिन

ソルマリ 012

ソルマリ 008

ソルマリ 004

インド料理以外にネパール料理(いわゆるガチのネパール=ガチネパ,もしくは,純ネパ,あるいは,下位分類であるタカリ料理やネワール料理で呼ばれることもある)を出す福岡で数少ない存在だったソルマリ.(すぐ近くにブッダもあります.)

黒船のナングロガルも千代にでき,箱崎のニューロードでもネワール料理が食べられるようになり,ソルマリのタパさんも力を入れ直したのでしょうか,かなりうまくなっています.

まず,料理が出てくる時間が遅くなりました.ちゃんと調理に時間をかけるようにしているようで,チウラ(干飯)もちゃんと炒ってから出してきます.

どれも美味.ナングロと同様,次から次へと入ってくるネパール人客で盛り上がっていました.隣のネパール人に聞いたところ,やはり,飯は自炊でもできるけど,ここにくると話ができて楽しいから来るようです.

炒麺のB級具合が良い感じです.インドで食べるのとは文脈が違って,酒のあて,という感じの濃い味です.
  1. 2016/11/19(土) 22:52:15|
  2. 未分類

Aloo Tikki Chaat


  1. 2016/11/19(土) 14:33:04|
  2. 未分類

パーリ研究者も卒倒!



p. 27
Saiva Tantras and other Agamic compendia often contain detailed description of yoga practice.

和訳36頁
一方、シヴァ派タントラなどの阿含教典類には、しばしばヨガ実践の詳細が記されている。



正しくは,「シヴァ派の諸聖典や,その他の,聖典(アーガマ)に基づく綱要書には」というくらいでしょうか.

シヴァ教において,タントラとアーガマの呼称に差はなく,いずれも,シヴァが説いた聖典を指します.
  1. 2016/11/19(土) 14:03:40|
  2. 未分類

ブロンクホルスト先生も可哀相に,,,,,

和訳では,「ブロンクホスト」さんが間違った,ということにされています.濡れ衣もいいところです.


Yoga Body, p. 26:
The Yogasutrabhasya attributed to Vyasa (c. 500--600 CE) is the first and most influential commentary on the text and is sometimes even regarded as a component part of the YS itself (e.g., Bronkhorst 1981).



和訳 35頁
西暦500~600年のヴィヤーサのものとされる『ヨガスートラバーシャ』は、『ヨガ・スートラ』の有名な最初の解説書であるが、しばしば、『ヨガ・スートラ』の一部と間違われてさえいる(例えば、ブロンクホースト [Bronkhorst 1981])。




正しくは,マースの最新の研究もそう見なしているように,BhasyaもSutraも一体で,ヨーガシャーストラを構成する一部と「見なされている」ということです.regardのどこをどう訳したら「間違う」ということになるんでしょうね.



Mark Singleton: Yoga Body: TheOrigins of Modern Posture Practice. Oxford University Press, 2010.
喜多千草訳『ヨガ・ボディ:ポーズ練習の起源』,大隈書店,2014年.
  1. 2016/11/19(土) 13:17:16|
  2. 未分類

New Road Hakozaki

  1. 2016/11/18(金) 21:14:57|
  2. 未分類

vinaśyadavasthā

NangloGhar 011
NangloGhar 017

箱崎,旧理学部棟の現在.
  1. 2016/11/17(木) 18:18:16|
  2. 未分類

Fitz



昨日は好天でしたが,今日は朝から雨.

シシルの所属カレッジ,フィッツウィリアム.

セルウィンと違ってモダンな建物.

  1. 2016/11/13(日) 20:39:19|
  2. 未分類

ミル



発表準備のひともいるので,読書会は午前で終了.

大学センターの食堂はあいにく一杯.

近くのミルでランチ.

Cambridge 004
  1. 2016/11/12(土) 18:25:32|
  2. 未分類

王道の王



King StreetにあるRaja.

べたな名前.
  1. 2016/11/12(土) 18:24:42|
  2. 未分類

米船



皆でライスボートへ.

隣のタイ料理が有名とのこと.
  1. 2016/11/12(土) 18:23:27|
  2. 未分類

文意理解の原因は何か?

「牛を連れてこい」などの文を聞くと,牛の連行という,牛に限定された連行という〈限定された意味〉の理解が聞き手に生じてきます.

この限定された意味,すなわち,文意の理解の直接的な原因は,何なのでしょうか.

バッタ派は,諸語意が直接の原因だと考えます.

すなわち,

単語a, b, c→語意A, B, C, →A-B-C

というように,各単語から理解された諸語意の間の連関が理解されるようになると説きます.

いわゆる,表示された語意間の連関,という考え方です.

つまり,文意理解の直接の原因は語意になります.

いっぽう,プラバーカラ派は,あくまでも言葉に文意理解の能力を認めようとします.

つまり,

言葉→文意

というモデルを守ろうとします.

また,バルトリハリとは違って,文を無部分とは考えません.

あくまでも有部分と考えます.

しかしながら,有部分の文が文意を伝えると言うのです.

(a, b, c)→A-B-C

いずれの単語も,既に連関した意味を伝えます.

いわゆる,他と既に連関済みのものを各語が表示する,という考え方です.

「牛を」というのも,「Xと連関した牛」を表示するのであって,単なる牛を表示するわけではありません.

というのも,語意学習の際には,語は必ず他と連関した意味をもったものとして学ばれたからです.

同じように「連れてこい」も「Yと連関した連行」を表示します.

「牛」という語にとって,牛は,表示対象ではなく,表示対象であるべき〈連関した意味〉(つまりXと連関した牛)を表示するためのきっかけ(nimitta)に過ぎません.
  1. 2016/11/10(木) 15:33:01|
  2. 未分類

ミーマーンサー読書会



アジア・中東学科の校舎にて読書会.

どこも事情は似たり寄ったりかも知れませんが,ケンブリッジでも,教室の数が少ない.

というわけで,空いている場所が少ないので,時限毎に教室を移動しないといけません.

10-11時は3階,11-12は地下に,12-13は,また三階の教室に移動,といった具合です.

同じ事を午後も繰り返して,あっちこっち移動しながら,読書会です.

こんな調子で,昨日は5時まで,放浪移動の読書会.

移動しなければならないので,逆に,眠くならないのでいいですが.

眠気覚ましの経行みたいなものでしょう.

読書会中は眠くなりませんが,終わって5時になると,日本時間では夜中の2時ですから,急に眠気が襲ってきます.

さすがに眠すぎるので,皆との夕食はキャンセルして,部屋で寝ていました.

幸い,泊まりは,学科に近いセルウィン(Selwyn College)なので,徒歩圏内.

どこぞの留学生会館と違って,ポーター(寮の門番・受付)も親切です.

夜中の11時すぎに着きましたが,懇切丁寧な対応でした.

気温ですが,翌朝は霜がおりてました.

読書会では,シシルの選んだテクストを,ミーマーンサー三人衆を中心に,結構なスピードで読み進めています.

参加した若い人も結構優秀.

水曜日からは天気が崩れて,朝から晩まで小雨模様のイギリスらしいどんよりとした天気です.

外に行こうという気力も失せるので,勉強しかすることがありません.
  1. 2016/11/10(木) 14:53:59|
  2. 未分類

タカリセット



ギーが何気に嬉しい。
  1. 2016/11/03(木) 21:44:17|
  2. 未分類

received: 龍樹『根本中頌』を読む

ChuronKatsuraGoshima.jpg

桂紹隆・五島清隆
龍樹『根本中頌』を読む
春秋社
3400+税
2016/10/20




翻訳編(桂)と解説編(五島)からなる本著.

帯には

『中論』の画期的な現代語訳

と銘打っています.まさにその通りの本です.

これまでは,サンスクリット原典から見ると,いまひとつな和訳しかなかったのですが,最新の研究成果を踏まえて,サンスクリットから信頼できる和訳が出た,ということです.

宇井・中村・平川・三枝・渡辺という東大印哲の錚々たる諸先輩方が,個々に取り組んできた中論ですが,サンスクリットからの信頼できる訳という観点から見ると,首をかしげざるを得ないものばかりでした.

漢文にどうしても引きずられるということはあるのでしょう.(鳩摩羅什の訳が素晴らしいので,それはそれで,或る意味,当然かもしれませんが.)

既に英訳に,Siderits & Katsuraの信頼できるものが出版されていました.それのいわば日本語版ということになります.

さらに,五島氏による,優れた解説が付されています.

結局の所,龍樹は何を説いていたのか,ということに関しても,これまでの研究を踏まえて十分に論点を整理してくれています.

今後,恣意的な読みに基づいた自分勝手な思い込みを「龍樹のもの」と付託する行為は,すこしは減少するでしょう.(別に,龍樹からヒントを得て,自分の信条を勝手に吐露するのは,各人の自由ですが.)

本書のおかげで,講義などで一般学生向けに使うのにも,至極便利になりました.

また,龍樹理解の前提となる実在論,つまり,龍樹が批判対象とする見解についても,詳しく解説を施しています.

敵の姿を捉えないことには,龍樹のやろうとしていたことも理解できません.

その点,本著の解説は,十分な配慮をもって構成されています.

龍樹の用いる論法についても,非常にきれいに整理してくれています.

これを分かってから読むのと,そうでないのとでは大違い.

無用な混乱に陥ることなく,龍樹に立ち向かうためには必携のガイド本です.




まえがき(桂紹隆)
龍樹『根本中頌』(ムーラ・マドゥヤマカ・カーリカー)翻訳編(桂紹隆)
龍樹『根本中頌』(ムーラ・マドゥヤマカ・カーリカー)解説編(五島清隆)
 第一章 龍樹(ナーガールジュナ)の思想
  一 『根本中頌』の構成
  二 龍樹の実在論批判
  三 帰敬偈――『根本中頌』作成の目的
  四 龍樹の仏陀観
  五 『根本中頌』の縁起と「相互依存の縁起」
 第二章 龍樹の著作
 第三章 龍樹の生涯

解説編で引用,説明される偈頌一覧
参考文献
あとがき(五島清隆)




手っ取り早く「龍樹の思想」を知りたいという向きは,第一章・五から読み始めると良いでしょう.そこに先行研究も要領よくまとめられています.
  1. 2016/11/03(木) 08:10:51|
  2. 未分類

Colloquium at the University of Cambridge on vākyārtha

シシルに誘われて,ケンブリッジで文意論コロキアム.

がっつりの文意論は,久々に読みます.

昔は,ここらへんをやる人は日本では,私の周辺でも僅かでしたが,徐々に増えてきて嬉しい限りです.

エリーザとウーゴも,タイ以来でしょうか.

ヴィンチェンゾに至っては,えらく昔にポンディで会って以来です.

From Word Meanings to Sentence Meaning:
Different Perspectives in Indian Philosophy of Language

The reflection on language and its structures was a major component of the Sanskritic intellectual horizon, intimately connected with the broader epistemological and soteriological concerns of different schools. This led to the emergence of various conflicting philosophical views on the nature of the cognition obtained from language (śābdabodha). In this respect, a pivotal issue is how padārthas (the meanings/referents of words) relate to vākyārtha (the meaning/referent of the sentence). During this one-day colloquium, the focus will especially be on the views set forth by the Pūrva-Mīmāṃsā philosophers (Bhāṭṭa and Prābhākara), the Buddhists, the Grammarians, and the theoreticians of Alaṃkāraśāstra, and on the reconstruction of the debate as it developed in the course of the first millennium CE.

Date: November 11, 2016

Time: 9:30 am – 6:00 pm

Venue: Room 213, Faculty of Asian & Middle Eastern Studies, University of Cambridge

Convenors: Vincenzo Vergiani and Shishir Saxena

Maria Piera Candotti, Université de Lausanne / Università di Cagliari (Visiting Scholar)
Bhartṛhari and the basic meaning unit: innovation or restauration

Daniele Cuneo, Universiteit Leiden
When words do not suffice: the polymorphic concept of bādha
Hugo David, École française d'Extrême-Orient
'vākyārtha eva padārthaḥ': On the reappropriation of an old Mīmāṃsā principle in a Vedāntic
framework

Elisa Freschi, Österreichische Akademie der Wissenschaften
From authorless words to Vedic prescriptions: The Mīmāṃsaka journey from the subjectindependent
nature of language to the prescriptive nature of language

Kei Kataoka, Kyushu University
How to paraphrase a sentence? Bādari vs Jaimini

Tiziana Pontillo, Università di Cagliari
The general samartha-constraint of word-formation rules in the Pāṇinian tradition

Akane Saito, Kyushu University
Phonemes as the Conveyors of Sentence Meaning for Kumārila, Śālikanātha, Vācaspati, and
Jayanta

Shishir Saxena, University of Cambridge
Kumārila on why śabda cannot be classified as anumāna on the basis of āptavādāvisaṃvāda,
as argued in the Śabdapariccheda & Vākyādhikaraṇa of the Ślokavārttika

Vincenzo Vergiani, University of Cambridge
Of the unitary nature of complex sentences: Bhartṛhari's remarks in the second kāṇḍa of the
Vākyapadīya
  1. 2016/11/02(水) 06:24:19|
  2. 未分類

Tsuki to Kame, Akizuki



紅葉には,まだ早い秋月.

本日カレーは,ほうれん草チキンと,ひよこ豆チキンの二つ.

二つとも頼みました.

いつもながら,どれも,滋味深い味.

食後にホットの豆乳チャイ.
  1. 2016/11/01(火) 21:24:47|
  2. 未分類

Nanglo Ghar, Fukuoka



オープンしたての福岡ナングロガルにて.

Jerry Puri 550円.

小麦粉を揚げたものをさらに砂糖水にひたした劇甘スイーツのジャレービーを,さらに,揚げパンのプーリー二枚の間に挟んで食べるもの.

どう考えても体に悪い.

しかし背徳の美味さ.

メキシカンにも,揚げパン(ソパピア)に蜂蜜をつけて食べるのがありますが,それと似た感じ.

はまります.
  1. 2016/11/01(火) 19:16:02|
  2. 未分類

at New Road, Hakozaki



ナングロガルと同じ日にオープンしたばかりの箱崎ニューロード.

普段のメニューは,いわゆるインドネパールで,ナンにカレーという,あちらこちらのインド料理屋でよく見る,ありきたりなメニュー構成ですが,この日は,ネワールの集まりで,ディーパーワリー,ということで,ネワールのサマエボージ.カレーはマトン(というか山羊).

普段も,これ出せば良いのに.

カレーも,付け合わせの色々も,全然おいしいです.

あれこれと儀式をして,かなり空腹になったところで,バラに煮卵,それから,ご飯.

あれこれ込みで参加費3000円也.
  1. 2016/10/31(月) 08:09:03|
  2. 未分類

研究室から出土!?

Ammaimg032.jpg
Ammaimg033.jpg

研究室から昔のアンマーの宣伝チラシが出てきました.

二代目コックのViraさん就任直後のちらしです.

店は閉店後「あんま屋」になりました.
  1. 2016/10/30(日) 10:45:15|
  2. 未分類

ナングロガル 福岡

  1. 2016/10/28(金) 23:34:01|
  2. 未分類
次のページ

プロフィール

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する