FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

記事紹介:Oxford scholar searching Pakistan for Sanskrit, beer

ちょっと古い記事ですが. http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=story_28-2-2004_pg7_27 %%%%%%%%%%%%%以下はWebの自動翻訳によるもの.訂正は加えていません%%%%%%%%%%%%%% Oxford scholar searching Pakistan for Sanskrit, beer サンスクリット語(ビール)を求めてパキスタンを捜しているオックスフォード学者 By Zainab Khar Zainab Kharによって LAHORE: Isabelle Onianf misses her freedom. And beer. “I can’t have beer with my meals,” she laments. “The tourism of this country will definitely improve if restrictions on alcohol were lifted and the law wasn’t so forbidding.” ラホール:イザベルOnianfは、彼女の自由をはずします。そして、ビール。「私は、私の食事でビールを飲むことができません」と、彼女が嘆きます。「アルコールに対する規制が解除される、そして、法律がそれほど禁じないことであるならば、この国の観光旅行は確かによくなります。」 Isabelle Onianf is visiting Pakistan for the first time, in search of roots of a language she teaches at Oxford. Having studied Greek and Latin at London University, she says she was motivated to pursue Sanskrit. “It’s a language spoken only by a very select group of people, and is as diverse and vast as any other. 彼女がオックスフォードで教授する言語の起源を捜して、イザベルOnianfは、初めてパキスタンを訪問しています。ギリシア語とラテン語をロンドン大学で研究して、彼女は彼女がサンスクリット語を追求することを希望したと言います。「それは非常に選ばれたグループの人々だけによって話される言語であって、他のものと同じくらい多様で、巨大です。 “Having studied it for twenty years, I still find myself coming across words I haven’t seen before.” 「20年の間それを勉強して、私はまだ私自身が私がわからなかった語に出くわしているのに気づきます。」 While she finds students of Lahore’s Government College University well versed in Persian, English and Urdu literature, she is upset Sanskrit isn’t given the same importance. “While a few Indian universities offer Sanskrit studies, it is taught nowhere in Pakistan,” she criticises. “A sad fact,” she says, “since most of Urdu is derived from Sanskrit.” 彼女がラホールの政府カレッジ大学の学生がペルシャ語、英語とウルドゥー語文献を熟知しているとわかる間、彼女はサンスクリット語が同じ重要性を与えられないので動揺しています。「2、3のインドの大学がサンスクリット語の研究を提供する間、それはパキスタンでどこにも教えられません」、彼女は批評します。「悲しむべき事実」、と、彼女が言います。「サンスクリット語は、大部分のウルドゥー語から、由来されます。」 Ms Onianf went on to explain the roots of “acha”, one of the most frequently uttered words in Urdu. Onianfさんは、「acha」(ウルドゥー語で最もしばしば述べられた語のうちの1つ)のルーツを説明し続けました。 “Its origins lie in Sanskrit, where it’s used to describe the purity of water, and literally means pure and clear. In the evolved language, it is used completely out of context.” 「その起源がサンスクリット語であります、そこで、それは水のきれいさを記述するのに用いられて、文字通り純粋で明白であるということを意味します。発展する言葉遣いでは、それが前後関係から完全に使われます。」 She has been in Pakistan for two months now, and says her decision to visit the country unsettled family and friends. “I was told it’s a dangerous country and that matters had worsened after the Iraq War,” she said. “I wanted to see for myself,” she adds. 彼女が今は2ヵ月の間パキスタンにいて、国を訪問するという彼女の決定が家族と友人を不安にしたと言います。「私は、それが危険な国である、そして、問題がイラク戦争の後、悪化したと話されました」と、彼女が言いました。「私は、私自身でわかりたかったです」と、彼女が付け加えます。 Having stayed here for two months she finds it hard to understand the Pakistani culture. “It’s all an enigma to me,” she says. 2ヵ月の間ここにとどまって、彼女はそれがパキスタンの文化を理解するのは難しいとわかります。「それは、私への全ての謎です」と、彼女が言います。 Ms Onianf constantly falls back to comparing India and Pakistan. “We Europeans know more about India as a country than Pakistan, since India has been around for much longer.” She forgets perhaps, that India and Pakistan shared a common history until 1947. Onianf さんは、インドとパキスタンを比較することに、絶えずたじろぎます。「我々、ヨーロッパ人は国としてパキスタンよりインドについて知っています、以後、インドはずっと長く方々を見ています。」と、Sheがおそらく忘れます、そのインドとパキスタンは1947年まで一般の歴史について話しました。 She claims people here are not only unnecessarily pessimistic, but also extremely diplomatic. “In an effort to welcome you and make you comfortable, people are kind enough to say things you want to hear, but sometimes that stuff can be far from the truth.” 彼女は、ここの人々が必要以上に悲観的なだけでなくて、とても外交的でもあると主張します。「あなたを歓迎して、あなたを快適にする努力において、人々はあなたが聞きたいということを言うのに十分親切です、しかし、時々、そのものは真実からほど遠くありえます。」 Ms Onianf is of the opinion that Pakistan is totally dominated by men, and women are kept barefooted and chained to the kitchen, proverbially speaking. “Truly a pity,” she says. Onianfさんはパキスタンが男性によって全く支配されるという意見です、そして、女性は裸足にしておかれて、台所に鎖でつながれます。そして、ことわざ通りに話します。「本当に残念」と、彼女が言います。 Highlighting issues faced by Pakistanis, she says, “Christians living here are hard pressed to find jobs, roads are bad, health facilities for the masses are poor, and education is better in India.” She has visited India several times and feels “there is more music on Indian streets than here in Pakistan”. 問題をハイライトすることは、パキスタン人によって直視しました、彼女は言います、「ここで生きているキリスト教徒は仕事を見つけるのが一苦労です、道は悪いです、多数のための医療施設は粗末です、そして、教育はインドでよりよいです。」、Sheは何度かインドを訪問して、感じます、「ここパキスタンで多くの音楽が、インドの通りにあります」。 Ms Onianf still wants to tour “Pakistan’s northern areas — Gilgit, Swat and Peshawar”. She claims a British manuscript emerged from Gilgit and has served as an incentive for her to visit the place. And she will be here for another month before returning home to freedom and beer. Onianf さんは、まだ「パキスタンの北地域を旅行したいです — Gilgit、一撃とペシャワル」。彼女は英国の原稿がGilgitから出てきたと主張して、彼女が場所を訪問する誘因として用いられました。そして、彼女が自由とビールに帰る前に、もう一月の間ここにいます。
スポンサーサイト



  1. 2007/02/18(日) 14:47:03|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する