Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

Correction to the Pramanasamuccayatika 40.13-14

PST 40.13-14: tasya *pratyāyanatvād iti manyate 校訂テクストのpratyāyanatvādを,pratyāyyatvādに訂正する. 写本(脚注4):pratyāya<na>tvād 校訂テクスト:pratyāyanatvād 筆者:pratyāyyatvād 校訂本脚注においてはpratyāya<na>tvādと記されているが,Diplomatic Edition (A 22b4)においてはpratyāy(a<na>)tvādと記されている. このtasyaは,先行するtadvyavasthāのtadと同一のはずである.tadvyavasthāは「それの区分設定・分立」という意味である.したがって「それ」は名称ではなく対象を指す.つまり「理解させられる対象」であって「理解させる名称」ではない. 校訂テクストのtasya pratyāyanatvādは,最も自然には「それが理解させる手段だからである」となる.その場合,「それ」は名称を指すことになってしまう.いっぽうpratyāyanaを行為手段ではなく行為と解釈すれば,「それを理解させることだからである」となるが,これは相当に不自然である.tasya pratyāyanād(それを理解させるからである)で十分だからである.「それ」が対象を指すこと,及び,写本の読みからの距離を考慮すると,tasya pratyāyyatvād(それが理解させられるべきものだからである)が穏当である. 校訂者の一人であるHelmut Krasser博士に問い合わせたところ,写本にはpratyāytvādとあり,そこにyaが後から補足されているとのことである.すなわちpratyāy<ya>tvādと校訂テクスト脚注に記すべきであったということである.結果として筆者の推測は写本にも支持されたことになる. *************************** あわせて,次の訂正も行なう. PST 40.13-14: *vyavahāratā ca loke tadvyavasthātra vidheyā, tasya pratyāyyatvād iti manyate 校訂者(達)によるemendationであるvyavahāratāを訂正し,脚注に記されている写本の読みであるvyavaharatāを採用する. 写本:vyavaharatā 校訂テクスト:vyavahāratā vyavahāratā(言語表現性)では意味を成さない.vyavaharatの男性・単数・具格で「言語表現をしつつある者によって」と解釈すれば,vidheyā(為されるべきである)とも自然に連関する. ******************************** Conclusion: Edition > Correction vyavahāratā>vyavaharatā pratyāyanatvād>pratyāyyatvād
スポンサーサイト
  1. 2007/06/29(金) 07:44:01|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Madhyamaka-hrdaya-karika 1.9aの誤植訂正

清弁作『中観心論頌』の第1章第9詩節の出だしは,Chr. Lindtner (ed.), p. 2によれば, kā vā śaktimataH saktir とありますが, kā vā śaktimataH śaktir と訂正すべきでしょう.(sa- > śa-) 異読というより,単純な誤植と思われます.(K. Kunjunni Rajaのイントロダクションによれば,Lindtnerのローマ字テクスト原稿から,T.M. Ramaniさんが,デーヴァナーガリーに変換したようですので,その際に,śがsと取り違えられたのでしょう.) チベット訳もsaktiではなくśaktiを予想しています. ...................... 以下の本に既に正しい読みがあるとのこと. 指摘を戴きました. ありがとうございます. Nektar der Erkenntnis : buddhistische Philosophie des 6. Jh. : Bhavyas Tarkajvala I-III. 26 / Annette L. Heitmann. -- (BA70669352) Aachen : Shaker Verlag, 2004 xxxii, 179 p. ; 21 cm. -- (Berichte aus der Orientalistik) 注記: Bibliography: p. 152-164 ; Includes indexes ; Romanized Tibeta n text with German translation on facing pages; introduction and com mentary in German ISBN: 3832224157 著者標目: Heitmann, Annette L. ; Bhavaviveka 件名: Bhavaviveka. Tarkajvala ; Madhyamika (Buddhism) -- Early works to 1800 所蔵図書館 6 京大文 仏教 CIV||335 06043300 阪大 10501819329 三重大 183.93/B 83 50602589 東大文 印哲 I:7290 4817245683 東洋大 183.93:HA51 0110603008 名大文 文印哲 中観||D-1||8 41383956 ................ 余談ですが,(そして,どうでもいいことですが)T.M. Ramaniさんは(あるいは"saktiとsaktiと取り違えた人がいるとして),なぜ"saktiをsaktiと間違ったのでしょうか? おそらく,「仏教→宗教文献→無執着」という発想から,"saktimatな人に「どうしてsaktiがあろうか」と理解して,自然とsakti(執着)に見えたのではないでしょうか.
  1. 2007/06/24(日) 12:37:55|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

パタンの雑踏

Patan2

  1. 2007/06/24(日) 10:37:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネパール国パタンの旧王宮前広場:ダルバール・スクエア

patan1

  1. 2007/06/24(日) 10:34:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポンディシェリ:ガンディー「塩の行進」像の海岸道路

Pondy2


)kaSa Ova )kaSat<

  1. 2007/06/23(土) 19:03:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポンディシェリ:Le Fort Louis

Pondy1


  1. 2007/06/23(土) 19:00:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィラデルフィア

Philly1

  1. 2007/06/23(土) 18:54:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポート・メドウ

Oxford8

  1. 2007/06/23(土) 18:39:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルフソン・カレッジ隣の貸しパント屋

Oxford6

  1. 2007/06/23(土) 18:37:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クライスト・チャーチ,オックスフォード

Oxford5


影で現れたのは門番ポーター.
  1. 2007/06/23(土) 18:08:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベイリオル・カレッジ入口

Oxford3


ベイリオル・カレッジ入口,外側から.
  1. 2007/06/23(土) 17:32:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オックスフォード,ベイリオル・カレッジ

Oxford2


ベイリオル・カレッジの内側から門扉を見返したところ.
  1. 2007/06/23(土) 17:27:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トリヴィクラマ

Trivikrama

  1. 2007/06/23(土) 12:59:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

苦行する猫

2007.jpg

  1. 2007/06/23(土) 12:57:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マハーバリプラム:ポンディ行きのバス

MahabaliBus

  1. 2007/06/23(土) 12:38:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マハーバリプラム大パネル横の猿の親子の像

PB095964.jpg

  1. 2007/06/23(土) 12:28:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オックスフォード,ユニヴァーシティー・パーク対岸の小道

UniversityPark

  1. 2007/06/23(土) 11:00:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルフソン・カレッジ,オックスフォード

Wolfson1

  1. 2007/06/23(土) 10:44:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五気息の音

シャイヴァ(シヴァ派)のマントラ・マールガ(真言道)の中でもバイラヴァ・タントラ,さらにその中でもマントラ・ピータ(真言坐)に属す聖典『スヴァッチャンダ・タントラ』. 平行する密教の発展段階では『秘密集会』など,アクショービヤ(阿閦)を祀るヨーゴーッタラに相当します.(以上,A. サンダーソン論文"Saivism and the Tantric Traditions") 『スヴァッチャンダ・タントラ』 7.305cd-306abは,ヨーガについての古い記述を残しています. 調息(プラーナーヤーマ)などを記述する文脈で,プラーナなどのそれぞれの位置(スターナ),色(ルーパ),作用・働き(カルマン)の他に,それぞれの音(シャブダ)についても記しています. ghaNTA-kaMsa-abdamadhuro gajanAdo mahAdhvaniH// prANAdInAM tu paJcAnAm ayaM Zabda udAhRtaH/ 「呼び鈴・真鍮・雲の甘い[音],象の響き,大きい音──以上がプラーナなど五つの[気息]の音と言われている」 一元論の立場からの註釈者クシェーマラージャによれば,最後の「大きい音」とは,drutanadIgoSopamaHであり,「流れる川の轟音のよう」だそうです. その後に続く記述における気息の列挙順を見ると,プラーナ,アパーナ,ウダーナ,サマーナ,ウダーナ,ヴィヤーナにそれぞれ対応するはずです. プラーナ 鈴ガンター アパーナ 真鍮カンサ サマーナ 雲の甘い[音]アブダマドゥラ ウダーナ 象鳴ガジャナーダ ヴィヤーナ 大音マハードゥヴァニ 気息にもそれぞれ特徴的な音があるとのことでした. ヨーガ行者には,リンリン,チンチン,ゴーゴー,パオーパオー,ザーザーとでも聞こえるということでしょうか.
  1. 2007/06/19(火) 18:27:48|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

平家七盛塚の脇の句碑:高浜虚子


下関2007 216.jpg 七盛の 墓包み降る 椎の露 高浜虚子
  1. 2007/06/17(日) 16:04:18|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

A road to Fujiwara Yoshie Memorial Museum (Fujiwara Yoshie Kinenkan, Koyokan), Karato, Shimonoseki


下関2007 255.jpg

下関2007 244.jpg

下関2007 247.jpg
  1. 2007/06/17(日) 14:59:59|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Moji port local beer (Mojiko retro beer restaurant)


下関2007 335.jpg Crossing the Kanmon channel from Karato (Shimonoseki) to Moji port, you can easily find a restaurant of local beer, called "Mojiko retro beer restaurant".

下関2007 341.jpg The factory is located in the second floor. The first floor is for pan foods and the third for Italian foods.

下関2007 343.jpg Four kinds of beer: Weizen, Pale Ale, Pilsner, and Special beer (Black beer at present).

下関2007 346.jpg Do not forget to buy bottles back home, though it is difficult to keep it in mind after enjoying four different kinds of tasteful beer.
http://mojibeer.ntf.ne.jp/mojiko/
  1. 2007/06/17(日) 14:43:55|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Ganryu-jima island tour


下関2007 301.jpg

下関2007 296.jpg

下関2007 326.jpg The duel took place at 10 o'clock in the morning, April 13th, 1612.
Quote from the board in the island
Fanryujima Island (Funashima Island) Ganryujima Island is well known as a place where the two renowned swordsmen of the Edo Era, Musashi Miyamoto and Kojiro Sasaki, fought their final duel on April 14th in 1612. This island is named after the school of Kojiro Sasaki who was defeated by Musashi Miyamoto. Today, we enjoy this island, having unique events such as a tug of war held every year.

下関2007 306.jpg
One should not forget that the famous wrestling show called "Night death-match" between Antonio Inoki and Masa Saito took place in the island on October 4th, 1987.
  1. 2007/06/17(日) 14:13:53|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Kamonwharf, Karato, Shimonoseki

According to Gilles Fauconnier, blending "operates on two Input mental spaces to yield a third space, the blend. The blend inherits partial structure from the input spaces and has emergent structure of its own." (Mappings in thought and language, Cambridge University Press, 1997, p. 149) Indeed, we find many strange specialty products and foods in Karato shops, which have a local specialty of Karato (Shimonoseki) port in one Input and something popular in general in the other.

下関2007 268.jpg
Sea urchin + Whippy ice-cream = "Uni-Softcream" (The shop claims it to be the specialty of Shimonoseki; Yes, it is very special because no one would dare to mix these incompatible two.) Blowfish + bun = "Fuku-manju" (Shimonoseki is the most famous port for blowfish in Japan.)

下関2007 289.jpg
Kanmon-channel-bridge + Beer = Channel local Beer ("Kaikyo ji beer") Blowfish + Curry = "Fugu-curry" (The board says that it is "much talked about these days"; unfortunately, I've never heard of the news of "Blowfish curry".)
  1. 2007/06/17(日) 13:53:24|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Karato Ichiba Market, Shimonoseki, Yamaguchi


下関2007 273.jpg Walking down to the seacoast, one finds a newly renovated Karato pier called "Kamonwharf" (< Come on/Kan-mon Wharf). http://www.kamonwharf.com/ Karato Ichiba Market is next to Kamonwharf.

下関2007 280.jpg A lot of fish-dealers.

下関2007 283.jpg On weekends (Fri, Sat, Sun), tourists can enjoy eating at various kinds of stalls. This is a Sushi stall. One piece Sushi of a very fatty belly of tuna (called Oh-toro), which Japanese favor most these days, costs 400 yen (2.5 euros, or 160 Indian Rupees). The board in the hand of a shopkeeper says that it now costs a half, i.e. 200 yen.
  1. 2007/06/17(日) 13:16:48|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Blowfish monument


下関2007 240.jpg In front of the Shunpanro hotel, there is a monument of blowfish (Fugu). The first official licence of cooking blowfish was given to the hotel in 1888 by the then prime minister Ito Hirobumi. The families I saw in Akama jingu shrine was entering the hotel. It seems that after finishing the main wedding ceremony in front of God at Akama jingu shrine, they were moving to the Shunpanro hotel for a wedding party.
  1. 2007/06/17(日) 12:30:31|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Shunpanro hotel, Karato area, Shimonoseki, Yamaguchi


下関2007 231.jpg Shunpanro hotel, originally Fujino Family's house, is famous for the Treaty of Shimonoseki between Japan and China of April 17, 1895. The original building (of Japanese Ryokan style) does not remain.

下関2007 235.jpg In front there is a museum of the Treaty, called Nisshin Kowa Kinenkan (Japan-China Pacification Memorial Hall). Plenipotentiaries from Japan were Ito Hirobumi (55 years old at that time) and Mutsu Minemitsu, and Li Hongzhang (73 years old) from China. The conference began on March 20th, 1895, and ended on April 17th, 1895. (I found a typographical mistake on the English board at front gate of the museum: "twelveth" should be corrected to "twelfth".)
For the details of the conference, see『説倭伝』(洪興全撰,光緒23年(1897),香港刊;竹村則行編著,2000年,花書院). Also see Shunpanro's homepage: http://www.shunpanro.com/index.html
  1. 2007/06/17(日) 12:03:02|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Akama Jingu Shrine, Karato area, Shimonoseki, Yamaguchi


下関2007 197.jpg After crossing under the 1068 meter Kanmon Bridge, which connects Honshu island with Kyushu island, one finds on the right hand a kitsch building. That is Akama jingu shrine dedicated to Antoku Emperor, who drowned himself in the sea (in the bosom of his grandmother) in the Danno-ura War, on April 25th, 1185, at the age of only 8. (He was enthroned at the age of 2.)

下関2007 200.jpg The original Amida-ji temple was abolished and replaced by the present Akama jingu shrine in Meiji Era under the anti-Buddhist movement.

下関2007 206.jpg The shrine is popular for local residents as a wedding hall, and for Korean tourists as a sightseeing place.

下関2007 211.jpg A Korean tourist group peeping the wedding ceremony in front of God.

下関2007 225.jpg After the wedding ceremony, both families gather and are photographed. Korean tourists on the right hand, of course, do not miss the scene.
  1. 2007/06/17(日) 11:32:51|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Imino-miya Shrine, Chofu


下関2007 178.jpg Connected with the same Chu-Ai Emperor and Jingu Empress, honored also in Kashii-gu shrine, Fukuoka.
  1. 2007/06/17(日) 11:00:51|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Furue-shoji alley, Chofu


下関2007 145.jpg Running from the western hillside down to the eastern seacoast is an old alley called Furue-shoji. It reminds us of the old days of Chofu as a castle town. On both sides old-style mortar walls still remain.

下関2007 149.jpg The gate (Nagaya-mon) of Kan Family House. The family members served for generations to the domain lords as official medical doctors and readers.
  1. 2007/06/17(日) 10:38:51|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する