Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

Gate to Kongojoji, Yamaga, Kumamoto

Mahavairocana

vam3.jpg "A" (Mahavairocana, garbhodbhava)

vam4.jpg "VAM" (Mahavairocana, vajradhatu)

vam5.jpg Kongojoji (Vajrayana) temple
スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 23:25:13|
  2. 未分類

Hisayama Saketen Liquor Shop


Ito 032.jpg Carefully selected bottles of Sake (rice wine) and Shochu (distilled spirit).

Ito 031.jpg In Fukuoka this store fulfils the lacuna of Oddbins and Wein & Co.
Address: Yamada 1988-1, O-aza, Hisayama, Fukuoka (Map) Kumaarila's Tantravaarttika ad 1.3.7, Anandasrama ed., 209.29--30: madhusIdhvos tu kSatriyavaiZyayor naiva pratiSedhaH, kevalabrAhmaNaviSayatvAt, "madyaM brAhmaNasya" iti vacanAt.

RiceWien60.jpg Takemichi, Ohroku Brewery

RiceWien59.jpg Junmai Nigori Izumo Kohjiya, Ohroku Brewery
See the online shop: http://www.sake-masumoto.com/sake_ohroku.html
  1. 2007/10/28(日) 18:33:10|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Bija sticker series


Hrii1.jpg In Japanese it is transliterated as "ki-rii-ku", as if presupposing "hrii.h". But the Siddham script is "hrii" and not "hrii.h". The Sahasrabhuja-Avalokitasvara normally has "hrii.h". So it seems to be the case that the Bija is wrong. I hope it is not harmful to have a wrong bija sticker on mobiles. 12 kinds of bija stickers are available. See the official website of the stickers: http://aotoc.jp/makie/makie_bonji_1.html
  1. 2007/10/27(土) 19:11:55|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Q Beer


Ito 023.jpg A local brewery famous for its quality sake called "Kyushu-dai-ginjo".

Ito 027.jpg Ito campus drawn on the label.

Ito 024.jpg
See the official website: http://www.suginoya.co.jp/
  1. 2007/10/27(土) 18:21:14|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Futamigaura, Itoshima, Fukuoka


Ito 003.jpg Futamigaura, not far away from Ito campus of Kyushu University.

Ito 008.jpg Good waves (su-uurmi) attract many surfers.
mImAMsASaTtarkajinendrasUrmmis sakAZikAvyAkaraNodakaughaH/ AkhyAnaZaivottarakalpamInaH paTiSTha eteSv iti satkavInAm// (Sanskrit inscription C. 38E of Po Nagar, Gerschheimer 2007:241)

Ito 019.jpg A popular beach restaurant "Sunset".

Ito 011.jpg

Ito 012.jpg
See the official website: http://www.beachcafesunset.com/index2.htm
  1. 2007/10/27(土) 18:17:41|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Correction to the Sastrarambha Section of Jayanta's Nyayamanjari

Kataoka 2007:176.8:
asyAM janatAsu prasiddhAyAm api SaTtarkyAm
should be corrected to
asyAM janatAsuprasiddhAyAm api SaTtarkyAm
Because janatA is a collective noun, it ought to be singular and not plural. Therefore janatAsu is not preferable. It is better to take janatA-suprasiddhAyAm as a compound: "although this set of six philosophies is well known (suprasiddha) among people." (I thank Dr. Anjaneya Sharma for this issue.) Kataoka 2007: "Critical Edition of the Sastrarambha Section of Bhatta Jayanta's Nyayamanjari." The Memoirs of the Institute of Oriental Culture. (『東洋文化研究所紀要』)150, 204(123)-170(157). Cf. also Gerschheimer, Gerdi 2007: "Les "Six doctrines de spéculation" (sattarkī). Sur la catégorisation variable des systèmes philosophiques dans l'Inde classique." in Expanding and Merging Horizons. Ed. Karin Preisendanz. Wien: Verlag der Österreichischen Akademie der Wissenschaften. 239–258. (in particular p. 247)
  1. 2007/10/27(土) 10:12:50|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Di Mare


DiMare 689.jpg

DiMare 708.jpg

DiMare 607.jpg

DiMare 608.jpg

DiMare 610.jpg
See the official site: http://www.geocities.jp/lovedimare/
  1. 2007/10/26(金) 18:31:57|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Bhaktapur

20071022194407.jpg

  1. 2007/10/22(月) 19:44:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Yachiyoza Theatre in Yamaga, Kumamoto


菊池山ュ 1088.jpg Completed in 1911. See the official homepage.

菊池山ュ 1059.jpg Very active.

菊池山ュ 1061.jpg

菊池山ュ 1075.jpg Ticket counter and museum.

菊池山ュ 1076.jpg Like Barbie, Rika-chan is everywhere (sarvatraga). This time she is characterized (vi"si.s.ta) by Yamaga's lantern on her head.

Kanchi683.jpg A stall in the Kacchapesvara Temple, Kanchi. Two-dimensional Barbie on cell-phones.
  1. 2007/10/21(日) 11:27:10|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

"Shibincha-kan" and the Yamaga Lantern Folkcraft Museum


菊池山ュ 887.jpg Previously it was used as a storehouse of Chiyo no Sono Brewery. The official "bureaucratic" name of this building is "Kikuchi-gawa Ryuiki Joho Koryu Kaikan" (Kikuchi River Basin Information Exchange Hall).
http://www.sibinchakan.com/index.html
菊池山ュ 1029.jpg Built in 1925 (the same year of Yasuda Lecture Hall of the University of Tokyo)
http://www.adsccat.co.jp/kumamoto/kikuti/yamaga/03.html
菊池山ュ 1034.jpg

菊池山ュ 1088.jpg This building used to be the Yamaga branch of Yasuda Bank.
  1. 2007/10/21(日) 10:58:45|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

"Rice products" tour in Yamaga


菊池山ュ 882.jpg

菊池山ュ 883.jpg

菊池山ュ 930.jpg

菊池山ュ 963.jpg Special Quality Sake, available only here. (Not available in the market)

菊池山ュ 968.jpg Chiyo no Sono Brewery and its owner (in the center).
Tour: "Kome Kome Somon" Tour and Tour Map Brewery: Chiyo no Sono Miso: Kiya Honten For the tour, please enquire the Tourist Association of Yamaga Spa: Yamaga Onsen Kanko Kyokai (山鹿温泉観光協会) Tel: 0968-43-2952 Fax: 0968-44-0032 An English Booklet on Yamaga is available here (a little bit heavy file)
  1. 2007/10/21(日) 10:20:55|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Kikuchi Keikoku


菊池山ュ 792.jpg

菊池山ュ 769.jpg

菊池山ュ 764.jpg
  1. 2007/10/21(日) 10:07:58|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

九州大学文学部・研究生の出願について

「いきなり大学院に入るのはちょっと」という場合,九州大学文学部インド哲学史研究室で研究生となり,学部学生と一緒にサンスクリット文法を学びながら,基礎知識を身につけ,大学院に進むという道があります. インドに起こった仏教を勉強したい,中観や唯識のテクストをサンスクリット語で読みたい,あるいは,いままで専門が全く違ったがインド文化を本格的に学びたいという場合,ひとまず研究生となって学環境に身を慣らすのが易行道です. 出願情報は,九州大学文学部のホームページで公開されています. 正確な情報はそちらで確認するか,貝塚地区事務部教務課学生第一係(文学部担当)に問い合わせてください. http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/rs_gakubu.html PDF版はこちら 出願資格 学士の学位を有する者に限る。 出願書類 研究生として入学を志願する者は,事前に入学を希望する専門分野の指導教員の内諾を受けた後,次の願書等の関係書類を提出期間内に貝塚地区事務部教務課学生第一係へ提出すること。 (1)研究生入学願書(研究事項を記入し,指導教員の承認を得ること) (2)履歴書(市販のものを使用し、写真を貼ること) (3)最終学校の成績証明書及び卒業証明書(本学部卒業者は,提出不要) (4)就職中の者は所属長の許可書 (5)検定料9,800円(※期限内に財務部経理課収入係に納入し,領収書を出願時に貝塚地区事務部教務課学生第一係に提示すること。) 提出期間 (1)4月入学希望者:3月15日から3月25日の期間(休日・祝祭日を除く) (2)10月入学希望者:9月15日から9月25日の期間(休日・祝祭日を除く) 入学許可 入学願書等に基づく学部教授会の審議を経て,入学の可否を決定する。入学を許可された者には入学許可書を発行する。許可を受けた者は,指定された期日までに入学の手続き(入学料等の納入)等を完了しなければならない。  なお,指定された期日までに入学の手続きをしない者は,入学許可を取り消す。 (1)入学料  84,600円 (2)研究料  356,400円/年(ただし,半年分毎の前納) 上記研究料は入学の日から20日以内に納付するものとし,その後は6ヶ月分毎を当該期間の当初月の1日から20日までの間に納入するものとする。 (3)保証書(所定の用紙) 研究生の研究期間は1年以内とする。ただし,研究遂行上,研究期間延長の必要があれば,事前に指導教員の了承を得て,1年毎に学部長に在学延長を願い出ること。
  1. 2007/10/20(土) 11:49:06|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

パッラヴァのアルダナーリーシュヴァラ

ヴァレリーによれば,アルダナーリーシュヴァラもパッラヴァでは,チョーラなどの典型的なスタイルとは異なるということです.

Kanchi 935.jpg こちらは,お馴染み,カーンチーのカイラーサナータ寺院,西面の足を上げて踊るシヴァ.

Kanchi 936.jpg その向かって右側を飾るヴィーナーを抱えた図像が,パッラヴァの典型的アルダナーリーシュヴァラであるとのこと.意外です.

Kanchi-937.jpg その拡大図.確かに左胸の膨らみがヴィーナーの下に隠れているのが僅かに確認できます.
  1. 2007/10/17(水) 18:52:23|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

パールヴァティーとパラメーシュヴァラ

詩聖カーリダーサの『ラグの系譜』,冒頭は
言葉と意味のように一体となった両者に 言葉と意味の理解のために 世界の両親である両者に敬礼せん 山の娘パールヴァティーと最高主宰神シヴァに
とあります. ここで最後の合成語pArvatIparameZvarauは,パールヴァティーが先に来て,パラメーシュヴァラ(=シヴァ)が後に来ています. そのことについて現存最古の注釈者ヴァッラバデーヴァは次のように述べています. (Dominic Goodall & Harunaga Isaacson: The Raghupancika of Vallabhadeva. Vol. 1. Groningen: Egbert Forsten, 2003)
堕ちた(=身分を失った)年長者達は捨てられるべし しかし母親は決して[捨てられてはなら]ない 受胎と養育の点で 母親は大切だから と[『ラーマーヤナ』に]あるように,母親は尊敬されるものなので,パールヴァティーが先に来ているのである.
校訂者のノート(p. 265)にあるように,これは,パーニニのアシュターディヤーイー2.2.34にたいするヴァールティカ(abhyarthitam)を念頭に置いたものとのこと. パールヴァティーが先に来ている,というだけでこれだけの薀蓄を入れ込む註釈者には恐れ入ります.
こちらは,愛しいパールヴァティーと一体となったシヴァ,半身女性・半身男性のアルダナーリーシュヴァラ像(タンジャーヴール).
Ardhanari1.jpgArdhanari2.jpgArdhanari3.jpg

PB096191.jpg こちらは,マハーバリプラムのパンチャラタ,一番奥の通称ダルマラージャ・ラタの隅(写真中央左)にあるアルダナーリーシュヴァラ.
  1. 2007/10/16(火) 19:07:01|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Kikuchi no Matsubayashi, Kikuchi, Kumamoto


菊池山ュ 497.jpg The performing art "On Matsubayashi Onō" has a long history of more than 600 years.

菊池山ュ 482.jpg It is played every year on October 13th in front of a big tree (Aphananthe aspera) called "shōgun tree".

菊池山ュ 473.jpg A Japanese traditional comedy (Kyogen). Matsubayashi (Serifu), Nō, Kyōgen, Utai and Shimai are performed. One Kyogen is titled "puru.so vaa sthaa.nur vaa? (Kui ka Hito ka)"
  1. 2007/10/14(日) 20:22:22|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Kōheiji temple, Kaōmachi Shimono, Yamaga


菊池山ュ 397.jpg Shimono Kouheiji Kannondou

菊池山ュ 295.jpg 28 parivāras (Some of them are dated 1312 AD.)

菊池山ュ 246.jpg

菊池山ュ 126.jpg Unidentified (according to the official homepage list)

菊池山ュ 138.jpg

菊池山ュ 192.jpg Gobujō (according to the official homepage)
See the official homepage http://www7a.biglobe.ne.jp/~k1058/tenblist.html
  1. 2007/10/14(日) 19:16:21|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Wine Shop


KC380001.jpg If you feel frustrated with the same old selection of boring wine in many Japanese liquor shops, the newly opened ``Terrine Terrine'' is recommended. Homemade side dishes for wine are also available both for takeout and at the eat-in corner. Sommelier Mr. Urakawa, the owner of this shop.

KC380002.jpg Mrs. Urakawa prepares for foods.

KC380003.jpg Tomato Octopus Marinade, Ratatouille, Smoked salmon marinade, Pickles, Olive, Potato lyonnaise.
``Terrine Terrine Plate'' is a set menu: Pate, Terrine, Humus, Cheese dip, Bread, etc. It costs only 1575 yen. (= 10 Euros)
KC380009.jpgKC380010.jpg

KC380006.jpg Side dishes at very reasonable prices.

KC380007.jpg Today's glass wine. (changes every day) 3--5 Euros. Very reasonable prices. In the wine cellar you can select and buy wine bottles. (You can also drink wine in the eat-in corner, either sitting or standing.)
Open: 15:00--24:00 (Last order 23:00) Closed: Monday Yakuin 3-13-27, Chuo-ku, Fukuoka city, Fukuoka, JAPAN Tel: 092-534-5323 Map Check their homepage for further information: http://www.fukunet.or.jp/member/budoushuya/ Food items are shown in their blog: http://budoushuya.yoka-yoka.jp/ They will soon start box lunch. (I am sorry I am not responsible for the accuracy of information. Please enquire the shop directly.)
  1. 2007/10/10(水) 19:44:56|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ハレビドの太っ腹なガネーシャ


Halebid-130.jpg
  1. 2007/10/08(月) 12:07:43|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

インド亜大陸の5000年:京都・東京での連続シンポジウム(無料!)


IMG_5276.jpg 南アジア学会創立20周年企画. 京都と東京にて6回,開催されるとのこと. 日本のインド研究,南アジア研究は,戦後,その対象領域を着実に広げ,現在,政治・経済・歴史・社会・思想・言語・美術といった多くの分野をカバーするに至っています. 広大なインド亜大陸,そして,長い歴史を持つインド・南アジア世界を相手に,それぞれの分野で堅実な研究が積み重ねられてきました. 先日,南アジア学会の懇親会に来られたラーマチャンドラ先生も,「サーマヴェーダ研究から経済まで,日本人のインド研究にかける情熱には,インド人もビックリ」という内容のことを(英語で)話されていました. ITブームやインド株,さらにはヨーガのおかげ(?)で,巷には,いい加減で怪しげなインド情報が氾濫しています. そのような状況の中,各分野の名も実もあるインド専門家が一堂に会する実に稀有かつゴージャスなシンポです. 詳細は南アジア学会ホームページ http://wwwsoc.nii.ac.jp/jasas/oshirase07-04.html ポスター下に書かれているように,「どなたも入場無料,来聴歓迎」だそうです.ガネーシャもびっくりの太っ腹です.
第1回シンポジウム 「南アジアという方法と視角-比較と連鎖」  2007年11月24日(土) 13:00-17:00 京大会館    小西正捷,下田正弘,杉原薫,粟屋利江   第2回・第3回シンポジウム 「『インド的文明』とは何か I・II」  2007年12月8日(土) 13:00-17:00 東京大学法文2号館大教室    辛島昇,小谷汪之,沼田一郎,永ノ尾信悟  2008年1月12日(土) 13:00-17:00 京都大学百周年時計台記念館国際交流ホールIII    田辺勝美,矢野道雄,青山亨,榊和良   第4回シンポジウム 「南アジアにおける近代とは何か」  2008年 4 月26日 13:00-17:00 東京大学法文2号館大教室       水島司,脇村孝平,井坂理穂,内藤雅雄,大石高志,臼田雅之 第5回シンポジウム 「機会,移動,リンクする人々:南アジア社会の『現在』を考える」  2008年5月17日(土) 13:00-17:00 京都大学百周年時計台記念館国際交流ホールIII    柳沢悠,黒崎卓,押川文子,竹中千春 第6回シンポジウム「可能性としての南アジア」  2008年6月21日(土) 13:00-17:00 東京大学法文2号館大教室    水島司,田辺明生
  1. 2007/10/08(月) 11:19:59|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

日本南アジア学会 第20回全国大会(大阪市立大学)

サンスクリット関係も幾つかあり充実です. 私が聞いたのは以下の発表. 2007・10・6,午前 鈴木孝典:インド実在論学派における革新と保守:言語認識をめぐる2つの態度 杉木恒彦:サンヴァラのhomaの体系 北田信:北インドの音楽文献(サンスクリットとペルシア語) 澁谷俊樹:カーリー女神の変容と現在:『おぞましきもの』をめぐって 午後 19世紀の南アジア文学にみる作者の内面の揺れ:変革期の多様性 司会:水野善文 趣旨説明:臼田雅之 ヒンディー文学の場合:坂田貞二「ヒンディー語文人バーラテンドゥ・ハリシュチャンドラ(1850-1885)に見られる揺れ:韻文によるクリシュナ神讃歌から,散文による民族像素描へ」 ディスカッサント:長崎広子 ウルドゥー文学の場合:松村耕光「ムハンマド・フサイン・アーザード(1830-1910)のウルドゥー詩改革論」 ディスカッサント:萩田博(急用のため急遽代理に山根聡) ベンガル文学の例:臼田雅之「ナショナリズム・叙事詩・抒情詩:タゴール登場のころのベンガル」 ディスカッサント:杉本浄 マラーティー文学の場合:石田英明「近代マラーティー文学とKeshavsut (1866--1905)」   ディスカッサント:小磯千尋 (補足コメント) マラヤーラム文学の場合:粟屋利江 サンスクリット学者の場合:水野善文 午後のパネルでは,会場の藤井毅先生から,研究の視角・対象資料に関して鋭い指摘がありました. 懇親会は,キャンパス内,正門入って右のガラス張り,二階分吹き抜けで心地よい高原記念会館で行われました.(なお,懇親会では,Upharのサモサとキングフィッシャーも提供されました.)

071006_1833~01.jpg 学会賞受賞の堂山さん(海外出張中)の代理で賞を受ける事務局長.
歴史学,文化人類学,インド学,インド音楽など,諸学入り乱れた(自主的)二次会は,杉本町駅前のインド料理屋Upharの隣の居酒屋「いわし亭」. 障子を隔てた隣の座敷は,学会事務局関係者の打ち上げです.(事務局長の計らいにより核融合となりました.)
  1. 2007/10/07(日) 07:43:17|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Meghaduta club


Nepal 1461.jpg ナショナル・ミュージアムからダルバール・スクェアへの途上.

Meghaduta1.jpg 真中の窓の上に「メーガドゥータ・クラブ」(『雲の使者』クラブ)と書いてあります. いったい,何のクラブなのでしょう.
  1. 2007/10/02(火) 18:22:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

カトマンドゥ盆地:スワヤンブーナート


Nepal 627.jpg

Nepal 1322.jpg
  1. 2007/10/02(火) 18:16:43|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する