Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

Seaweed Fes. 2008.8.24でのインド舞踊(インドムービーダンス)


SeaweedFes-007.jpg 百道浜(ももちはま)で行なわれたSea Weed Fes. 08にて.(主催はNPO法人GREEN'S) 好天の海岸での音楽とダンスのライブ. 午後にゲストとして登場したのは福岡で活躍するニラさん(SK Dance Studio講師)のグループ. 「ODORUいんどじん」だそうです. さすが,踊りの切れが違います.
Tokyo 823.jpg 比較は花見で賑わう東京インド大使館(建て替え中)主催のインド料理屋台前でのインドムービーダンス.

Tokyo 834.jpg

ナマ・イ 008.jpg 遡ってナマステインディア(2002年)でのインド・コンテンポラリー・ダンス. 場所は伊東忠太設計の築地本願寺(1934年).
スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 19:38:45|
  2. 未分類

kośapāna


Jen-305.jpg
後9世紀後半頃にカシミールで活躍した学匠バッタ・ジャヤンタの論理学・認識論の大著『論理の花房』(ニヤーヤマンジャリー). 仏教徒の言語理論であるアポーハ論を論破する中で,ジャヤンタは次のように述べています.
Vizianagaram edition, 309.21--22: evaM kalahAyamAnayor AvaoH kaH paricchedaH. na khalu Zapathasya ZapamAnasya vaiSa viSayaH.
これをバッタチャリヤの英訳は次のように訳します.
If we go on disputing like this then how shall we settle matters? It will not be settled by one taking one's oath since an affidavit has no jurisdiction over this matter.
このバッタチャリヤ訳に沿って原文を和訳すると,大体,次のようになります.
このように争っている我々両者にとって何が裁定となるのか.周知のように誓いをする人の誓いは,これ(正しい裁定)を対象としない.
英訳から分かるように,バッタチャリヤはZapamAnasaという読み(Vizianagaram版)を前提としています. 「誓いをする人の誓い」(Zapathasya ZapamAnasya)と,二つの属格を,同じものを指すのではなく,別のものを指す(vyadhikaraNa)と考えたわけです. しかしvAはどこにいったのでしょうか? いっぽうマイソール版には次のようにあります.
NM II 30.1-3: evaM kalahAyamAnayor AvaoH kaH paricchedaH? na khalu Zapathasya, *kroZapAtasya* vaiSaviSayaH. *ZapamAnasya kha; kroZamAnasya ka
マイソール版の優れたエディターであるワラダーチャーリヤがどのような解釈をしていたのか,これだけからは,はっきりとは分かりません. vaiSaviSayaHは一続きになっていますが,これは単なる誤植でしょう. Vizianagaram版のように,vaiSa viSayaHとスペースがあるべきです. またZapathasyaの後に打たれた読点は何を意味しているのでしょうか? またkroZapAtasyaは,どのように解釈すればよいのでしょうか. kroZapAtaという語の用例は見当たりません. マイソール版の読みでは解決しそうにありません. ************************ では,写本はどのように読んでいるのでしょう?
Ms2.jpg マライヤラム写本は次のように読みます.
na khalu Zapathasya koZapAnasya vaiSa viSayaH.
koZapAnasyaと読んでいます. これには用例があります. また辞書にも意味が載っています.すなわちkoZaの意味として「神判のための誓いの盃」「協定締結・和解の誓いの盃」という意味があります. M.A.Steinも,『ラージャタランギニー』の英訳のノートでkoZapAnaについて詳しく記しています. 誓いの盃の儀式を行なって,神の裁定をもって,自らの正しさを証明(=弁解)するわけです. 「神に誓って」と,聖書に手を置く宣誓と意識構造は同じです. 誓いが虚偽ならば神の罰がいずれ下るというわけです. しかし,神の裁きは,正しい論証に基いた裁定ではありません. したがって,テクストと和訳は次のようになるでしょう.
evaM kalahAyamAnayor AvaoH kaH paricchedaH. na khalu Zapathasya koZapAnasya vaiSa viSayaH. このように争っている我々両者にとって何が裁定となるのか.周知のように宣誓や[神判のための聖]盃を飲むことは,これ(正しい裁定)を対象としない.
通常はマイソール版に依拠するナギン・シャー氏ですが,ここでは,独自にテクストに訂正を加えたのでしょう,L.D. Instituteからの彼の校訂本は正しくkoZapAnasyaと読んでいます. 彼のグジャラーティー語訳も,
Zapath ke koZapAn no A viSay nathI.
としています.流石です.(しかし残念ながら彼は,この箇所に異読があることや,これが訂正であることを注記せず,また,その訂正が何に基くのかも,全く記録することがありません.) koZapAnaの用例は,このジャヤンタの他に,バーサルヴァジュニャ(Bhasarvajna)の『論理の飾り』(ニヤーヤブーシャナ)や,アビナヴァグプタ(Abhinavagupa)のIPVV,さらに,ジュニャーナシュリー(Jnanasri)やラトナキールティ(Ratnakirti)にも見られます. 哲学分野では,ジャヤンタあたりから,すなわち,9~10世紀以降,よく用いられるようになった用語だと大まかに推測できます.(もちろん,それ以外の分野では『マヌ・スムリティ』に既にあるように,一般的な語なわけですが.) ともあれ,写本に遡って読みを確定し,その記録を残すことの重要性が,テクスト解釈にとり最重要であることは明らかです. しっかりとした足場なくして,作業を進めるのは危険です. しかし,そのような当然あるべき土台が,インド哲学(更にはインド学)の分野においてしばしば欠落しているのは驚くべきことです. 写本の異読を付した批判的な(というか「まともな」)校訂本. インド哲学の分野において,テクストの確定という前提は,ほとんど保障されていないのです. 「読めればいい」という考えは,多くの安易な丸写し校訂本を生んできました. 結果として,写本に基くのは最初の校訂本だけという驚くべき事態が,しばしば起こっています.(むしろそのほうがノーマルな「日常」であったりします.) 後に続く「校訂本」なるものは,実は,最初のものを丸写しして,エディターの名前と価格を変えただけということは,インドの出版において珍しくありません. したがって,後のものになればなるほど,よくなるどころかむしろ,丸写しの際に生じる誤植と,写本に基かない自分勝手な訂正でもって,ますます悪くなるということが起こるのです. 最初の校訂本の明らかな誤りが,その後,何代にも渡って継承されるということも全く珍しくありません. 暑いインドで写本を集めるのはやっかいな仕事です. さらに,細かい写本の文字(特に南インド系)を読むのは目に辛い作業です. さらに,校訂本を作るというのは,単に写本情報を写せばいいというものではありません. 校訂者の解釈が関わる創造的な作業です. 同じ材料を使っても,校訂者が違えば校訂本は違うものとなるはずです. オリジナルの読みの採否,文の区切り,さらには,必要ならば読点.また,パラグラフのきり方. テクスト自身が残す情報を最大限に引き出すために,校訂者が準備できることは数多くあります. 安易に註釈や先行研究に頼る前に,テクストそのものに向き合う必要があります. テクストがふらついていては,まさしく「足元がおぼつかない」のです. たとえその校訂者の判断が間違っていたとしても,そこで得られ記録された土台情報は,未来の訂正者の更なる足場となることでしょう.
************** Conclusion:
Nyayamanjari II 30.1-3 (Mysore edition): evaM kalahAyamAnayor AvaoH kaH paricchedaH? na khalu Zapathasya, *kroZapAtasya* vaiSaviSayaH. *ZapamAnasya kha; kroZamAnasya ka
The Mysore reading kroZapAtasya should be corrected to koZapAnasya, the reading which is supported by a Malayalam manuscript.
Correction: evaM kalahAyamAnayor AvaoH kaH paricchedaH. na khalu Zapathasya koZapAnasya vaiSa viSayaH.
Indeed, Nagin Shah, who usually follows the Mysore edition, reads this koZapAnasya in his L.D. edition, though without noting it as his own correction. As can be seen through from his Gujarati translation, he interprets the passage correctly. He translates vA simply as ke, i.e. ``or'', the translation of which is completely missing in Bhattacharyya's English translation. (Bhattacharyya presupposes Zapathasya ZapamAnasya vaiSa viSayaH.) For koZapAna, see, e.g. M.A. Stein's footnote in his translation of the Rajatarangini. [kośapāna]の続きを読む
  1. 2008/08/31(日) 11:27:14|
  2. 未分類

abhaava which is bhaavaatmaka?


Jen 238.jpg
At the start of Part III of his discussion of the apoha theory, Jayanta presents the Buddhists' rejoinder to Kumaarila's ciriticism. Kumaarila bases his arguments on the understanding that apoha is the same as abhaava which is bhaavaatmaka, but according to the Buddhists this is unreasonable. (Hattori 2006:63)
Hattori's comment is probably based on NM II 22.1--2, which runs as follows:
apoho *yadi* bhaavaatmaa bahir abhyupagamyate/ tato bhavati bhaavatka.m vaagjaala.m na tv asau tathaa//
Here Buddhists respond to Kumaarila and say: if apoha were bhaavaatmaa, Kumaarila's criticism would apply. But apoha is not bhaavaatmaa. But isn't it strange that abhaava is bhaavaatmaa?
apoha.h = abhaava.h = bhaavaatmaa
It is likely that Hattori presupposes Kumaarila's understanding of abhaava as bhaavaantara. But is it really the case that Jayanta intended such a complicated thing? ************************ Note that the passage has a variant as the Mysore editor noted in the footnote:
1 yadya---gha
Namely, there is a variant reading yady abhaavaatmaa in the place of yadi bhaavaatmaa. Indeed a manuscripts that I have reads abhaavaatmaa instead of bhaavaatmaa.
apoho yady abhaavaatmaa bahir abhyupagamyate/
Furthermore, NM II 25.1--2 reads as follows:
ata"s ca baahyam *abhaavaatmakam* apoham aa"sritya duu.sa.nopanyaase ka.n.tha"so.sam anubhavann astaane kli.s.to devaanaa.mpriya.h. * variant as given in kha and a manuscript
Clearly this echoes the opening verse. Therefore abhaavaatmaa is correct. Thus we should read the opening verse as follows:
apoho yady abhaavaatmaa bahir abhyupagamyate/ tato bhavati bhaavatka.m vaagjaala.m na tv asau tathaa//
And this solves our uneasiness about abhaava as being bhaavaatmaka. Jayanta's context also requires this reading and not the other. Here the Buddhist opponents simply point out that Kumaarila's understanding of apoha as being an abhaava is wrong.
Kumaarila's understanding of apoha apoha = abhaava
This is because apoha is an internal entity and not a mere abhaava. According to Dharmakirti, it is in a sense a positive entity, i.e. an image that appears in a cognition, and not a mere absence. Of course Dharmottara does not like this idea. *Hattori, Masaaki 2006: ``The Apoha Theory as Referred to in the Nyāyamañjarī.'' Acta Asiatica (Bulletin of the Institute of Eastern Culture) 90, 55–70.
  1. 2008/08/25(月) 18:38:24|
  2. 未分類

Samosa in Saraswati, Kasuga


サラスワティ 001.jpg Samosa 450yen (= 2.5 Euro)

サラスワティ 006.jpg Paneer Tikka 700yen (= 4 Euro)
  1. 2008/08/22(金) 20:16:05|
  2. 未分類

Gautama, an Indian restaurant in Hirome Ichiba, Kochi


高知2008 616.jpg

高知2008 523.jpg
  1. 2008/08/21(木) 08:00:02|
  2. 未分類

Tsukasa Botan, Sake Brewery in Sakawa


高知2008 438.jpg

高知2008 442.jpg
See the official website: http://www.tsukasabotan.co.jp/
  1. 2008/08/21(木) 07:43:24|
  2. 未分類

Seizan Bunko Library, Sakawa


高知2008 410.jpg Here are kept important documents collected by Mitsuaki Tanaka (1843/11/16-1939/3/28), a politician in Meiji period.
  1. 2008/08/21(木) 07:37:50|
  2. 未分類

Zen Garden in Seigen-ji Temple, Sakawa


高知2008 361.jpg

高知2008 356.jpg

高知2008 373.jpg

高知2008 602.jpg
  1. 2008/08/21(木) 07:35:26|
  2. 未分類

Itoshima Curry Festival


糸島カレーフェス 011.jpg The 3rd festival was held at Isonoya Beach House, Keya beach, which is also famous for the Sunset Live.

糸島カレーフェス 012.jpg The Isonoya Beach House in front of the Keya beach.

糸島カレーフェス 026.jpg Hot beach and hot curry. Kim adhikam i.syate!
The new campus of Kyushu University, which is called ``Ito Campus'', is located in Moto-oka area in the same peninsula, Itoshima Hanto. A famous brewery Suginoya, which sells Kyushu Dai Ginjo, is near the campus. (*Department of Indology is still in the old Hakozaki campus.)

大きな地図で見る
See the official website of the festival: http://ameblo.jp/icf
  1. 2008/08/17(日) 17:52:09|
  2. 未分類

An Indian Restaurant for Vegetarian


Saraswati 010.jpg C Set:1300yen (7.5 Euro) Three types of curry, Drink, Rice or Roti, Salad, Raitha, Papad, Kadi, Samosa, Dal, Nan

Saraswati 008.jpg Nan and Roti

Saraswati 005.jpg Shakahari ke lie A Set: 800 yen B Set: 1000 yen C Set: 1300 yen For each curry 650 yen (4 Euro). 16 different types of curry are available.

Saraswati 013.jpg Just opened in August Casual astmosphere Kellnerinnen sind sehr nett

Saraswati 015.jpg The restaurant next door is Ringer-Hut (≈Lingayat).
The Mall Kasuga, 2F, Restaurant Floor Kasuga 5-17 Kasuga city Fukuoka Tel: 092-595-6737
  1. 2008/08/08(金) 21:42:35|
  2. 未分類

ダルモッタラの意味論:存在・非存在に共通するもの


Jen-892.jpg
「木が有る」「木が無い」という表現から分かるように,木(あるいは厳密には木性)という普遍は,存在とも非存在とも結び付きえます. もし木が存在であるならば,あらためて「木が存在する」と言う必要はありません.「存在が存在する」という繰り返しになってしまうからです. 逆に木が非存在であるならば,「非存在が存在する」と言うのはおかしいことになります. したがって,「木」という言葉は,「有る」とも「無い」とも結び付く,存在・非存在に共通するものを表しているはずです. ダルモッタラが意味論で展開する一つの哲学的懸念とは以上のようなものです. 言葉が表すのは,存在でも非存在でもありえない.両者に共通する仮構的事物である,と. 普遍実在論の立場に立つミーマーンサー学派は,このダルモッタラの問に説得力ある回答を提供することができません. ミーマーンサーにおける木性とは存在だからです.それは,存在・非存在に共通するものではありえないのです. ダルモッタラの発した問は,仮構物としてのアポーハを示唆することになります. それは単に否定的なもの,非存在とも異なるのです. 哲学者ダルモッタラの面目躍如といったところです.
  1. 2008/08/05(火) 20:33:02|
  2. 未分類

第19回西日本インド学仏教学会,無事終了

桂先生,沖先生をはじめ,多くの方に参加いただきました. 東京,京都,広島,鹿児島,さらには,はるばるウィーンからの参加者も. 発表は,インド仏教,チベット仏教,インド哲学などなど,いつも通り,多岐に渡るものでした. 急遽,司会を引き受けていただいた江崎,小林両君に感謝. JSPS相応の立派な働きをしていただきました. 15分と長めに質問の時間を取ったつもりでしたが,やはり,質問時間はいくらあっても足りません. ともあれ,一週間前に発表資料が事前配布される,という理想的な形が実践できました. 協力いただいた発表者各位に感謝します. 各分野,各方面,興味ある人は,それぞれに準備が可能であったと思います. *********** 国際ホールの会場使用は今回が初めて. 世知辛い世の中,大学法人として高額な会場費を取るだけあり,マイク環境も含め,施設はさすがに上等でした.(冷房代も別途請求されました.) ほぼ予定時間通りに終了. 総会では,来年度の20回大会について,順番通り,広島大学に幹事を依頼. 懇親会へはホテルのバスで集団移動. 19:00より,最年長,外薗先生による乾杯の音頭. その後,各自の自己紹介. 広大・九大の学生の交流も進み,madanaにたいする効果的作用を持つ存在の消費も進みました. 最後に,岡野教授より締めの挨拶をいただいて懇親会は終了. その後は,温泉でリラックス. 美肌効果を堪能. 一部は早々に二次会へと. 燃料投下により,「存在=効果的作用を持つもの」という経量部的な立場から,唯識無境へとスケールアップが実現されました.(その中間段階として,経量部の立場においても自己認識が結果であるという点については,ダルマキールティを参照.) 寝るべき部屋を「熱い論争者達」(=解脱を求める人々)に占拠され,寝場所を失いホテル内parvraajakaとなった方々には申し訳ありませんでした. 翌朝は,当然のように,一部は夢眠状態あるいは熟睡状態(あるいは第四の状態). 9:30の送迎バスに間に合わなかった人もいたようです.(それを起こしに行った親切な人も乗り遅れるという負の連鎖も.それを更に呼びに行く人がいなかったので,anavasthaaとはならなかったようですが.) 「車酔いに似た症状」の中,ホテルの清算も無事終了.
フロント:「インドの川では死体が流れてくるんですか?」 回答:「何でも流れてきます.」
********* 一部,午後に福岡から出発する組は,福岡アジア美術館へ. インドの現代アートもあり,楽しめる内容でした. ********** 学会に際し,お土産・差し入れ,および精神の自己照出作用のために必要な液体燃料を戴いた関係者に感謝いたします. また『南アジア古典学』を購入してくださった方々に感謝します. 独立採算を取っているため,毎年赤字を続けていますが,yathaa"sakti, できるだけ長く続けていきたいと思います. 桂先生からは今年もご寄附を戴きました. ありがとうございます.
  1. 2008/08/04(月) 18:46:06|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する