Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

九大文学部での博士論文公聴会および研究会

●第二回九州大学藝術学研究会 2月3日(火),九州大学文学部4階 会議室 李智英 朝鮮前期仏画における二つの規範性 ――15世紀,仁粹大妃周辺の造像を中心に―― 福田善子 雲谷等益筆山水画における中国イメージ ――岡山県立美術館蔵「楼閣山水図屏風」を中心に―― 坂本育美 「生きてゐる画家」の戦後 ――松本竣介《彫刻と女》(一九四八年)を中心に―― ●博士論文公聴会(言語学) 2月7日(土) ,教育学部大会議室  田中大輝 連接名詞句のスコープと文の意味理解モデル 高井岩生 スコープ解釈の統語論と意味論 ●博士論文公聴会(独文) 2月17日(火) ,教育学部大会議室 安徳万貴子 『ある手紙』から『塔』へ ――ホーフマンスタール文学における言語の生の展開――
スポンサーサイト
  1. 2009/02/17(火) 20:59:03|
  2. 未分類

Vasubandhu's Pancaskandhaka:世親の『五蘊論』


Pancaskandha.jpg
Vasubandhu's Pañcaskandhaka Critically edited by Li Xuezhu and Ernst Steinkellner with a contribution by Toru Tomabechi China Tibetology Publishing House Austrian Academy of Sciences Press Beijing---Vienna 2008
  1. 2009/02/06(金) 06:29:53|
  2. 未分類

九州大学大学院 人文科学府 院試(追加募集)

平成21年度 九州大学大学院 人文科学府 学生追加募集のお知らせ 九州大学大学院,人文科学府では,修士課程学生の追加募集を行います.(ただし一部専修は追加募集を行いません.) 平成21年度人文科学府修士課程追加募集要項 http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/ex_guide-mc-h21-tsuika.pdf
  1. 2009/02/05(木) 20:20:32|
  2. 未分類

Kei Kataoka's edition of the Nyayamanjari

A recently published article is available. 2008c A Critical Edition of Bhatta Jayanta's Nyayamanjari: The Section on Kumarila's Refutation of the Apoha Theory. 『東洋文化研究所紀要』154, 212(1)-182(31). Other articles: 2008a ジャヤンタによる論理学の位置付け:Nyayamanjari「序説」和訳.『哲学年報』(九州大学文学部)67, 55-90. 2007f A Critical Edition of Sabarabhasya ad 1.1.6-23: Sabdanityatvadhikarana. 『東洋文化研究所紀要』152, 580(29)-530(79). (Link) 2007e Kumarila's notion of pauruseyavacana. Rivista di studi sudasiatici II, 39-55. 2007d Pramanasamuccayatika ad 1.1和訳.『南アジア古典学』2, 1-79. 2007c ``Was Bhatta Jayanta a Paippaladin?'' The Atharvaveda and its Paippaladasakha. Historical and Philological Papers on a Vedic Tradition. Ed. A. Griffiths & A. Schmiedchen. (Indologica Halensis) Aachen: Shaker Verlag. 313-327. 2007b "Critical Edition of the Sastrarambha Section of Bhatta Jayanta's Nyayamanjari." 『東洋文化研究所紀要』150, 204(123)-170(157). (Link) 2007a 正しい宗教とは何か──Bhatta Jayanta作Nyayamanjari「聖典権威章」和訳──.『哲学年報』(九州大学文学部)66, 39-84. 2006b "Bhatta Jayanta on the Purpose of Nyaya." 『南アジア古典学』1, 147-174. 2006a Jayantaの唯識批判:Nyayamanjari「認識一元論批判」和訳.『哲学年報』(九州大学文学部)65, 39-85.(概要) 2005 "Critical Edition of the Isvarasiddhi Section of Bhatta Jayanta's Nyayamanjari." 『東洋文化研究所紀要』148, 350(79)-297(132). (Link) 2004c "Critical Edition of the Agamapramanya Section of Bhatta Jayanta's Nyayamanjari." 『東洋文化研究所紀要』146, 222(131)-178(175). (Link) 2004b バッタ・ジャヤンタ作『聖典騒動』序幕・第一幕(和訳),『人文知の新たな総合に向けて』(京都大学文学部21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」)第二回報告書V〔文学篇2 翻訳・注釈〕, 5-29. 2004a 『古典インドの祭式行為論:Sabarabhasya & Tantravarttika ad 2.1.1-4原典校訂・訳注研究』,東京:山喜房佛書林.258頁. 2003f "Critical Edition of the Vijnanadvaitavada Section of Bhatta Jayanta's Nyayamanjari." 『東洋文化研究所紀要』144, 115-155.(Link) 2003e 経験と内省:遍充関係の把握方法をめぐる議論の変遷,『南都仏教』83, 1-32.(概要) 2003d "Kumarila's Critique of Omniscience." 『インド思想史研究』15, 35-69.(概要) 2003a 仏陀の慈悲と権威をめぐる聖典解釈学と仏教論理学の対立.『東洋文化研究所紀要』142, 198-158.(Link) 2002 "Validity of Cognition and Authority of Scripture." 『印度學仏教學研究』 50-2, 1026-1022.(概要) 2001b インド聖典解釈学の法源論───知覚と聖典の住み分け───,『仏教文化研究論集』5, 26-50.(概要) 2001a "Scripture, Men and Heaven: Causal Structure in Kumarila's Action-theory of Bhavana." 『印度學仏教學研究』49-2, 1031-1028.(概要) 2000 "Reconstructing the Dharma-abhivyakti-vada in the Mimamsa Tradition. In Japanese Studies on South Asia No. 3. The Way to Liberation -- Indological Studies in Japan --. Vol. I. Ed. Sengaku Mayeda. New Delhi: Manohar, 2000. 167-181. (概要) 1999d 永遠のダルマと顕在化──祭事教学ミーマーンサーにおける「ダルマ開顕説」再建に向けて──,『インド哲学仏教学研究』6, 3-16.(Link) 1999c "The Mimamsa Concept of Samskara and the Samskara in the Process of Cognizing a Word-meaning-- Purva-varna-janita-samskara--." 『南アジア研究』11, 1-24. (概要) 1999b 類似性理解と新規情報供与性──クマーリラのupamana論──,『印度學仏教學研究』47-2, 968-965.(概要) 1999a arthapattiにおけるvirodha,『仏教文化研究論集』3, 47-67.(概要) 1998 未知対象想定の一般形式と新得力想定への適用──Sabarabhasyaにおけるarthapattiとapurva──,『仏教文化研究論集』2,28-57. 1996b 既知と未知──テキスト解釈と世界認識──,『仏教文化』35,23-51. 1995 「ナラセル」の解釈学──『シャバラ注』におけるbhava, kriya, bhavana──,『インド哲学仏教学研究』3,47-60.(Link)
  1. 2009/02/05(木) 17:46:56|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する