Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

永ノ尾信悟(編):『タントラの形成と展開』(英文)

本書は,永ノ尾信悟教授の呼びかけの下,2005年10月3日~4日に東京大学東洋文化研究所で行われた「国際タントラ・ワークショップ」の成果をまとめたものです.
永ノ尾研2005秋 257.jpg 開会の挨拶をされる永ノ尾教授.

永ノ尾研2005秋 275.jpg 二番手の横地助教授の発表の様子.(本誌未収録)

永ノ尾研2005秋 289.jpg チャンデーシャの図像に関して発表されたドミニク・グッドール教授にたいして質問する田中博士. 本誌巻頭に40枚のきれいなチャンデーシャの写真が挙げられています. 今後を期待される本邦の若手タントラ研究者も積極的に参加.ローマから帰ったばかりの川尻君の姿も見えます.

HD 043.jpg Plate 18Dの写真(撮影:片岡啓) グッドール教授の記述するところによれば,「カトマンドゥ,ハヌマーンドカのマヘーンドレーシュヴァラ寺院の四面のリンガの北東に位置する四手,一面のチャンデーシャ.寺院は16世紀にマヘーンドラマッラにより建立.神像の上の手は三叉矛と斧,下の手は数珠(写真では不明)と水壺.ネパールの他の多くの作例(例えばラナムクテーシュヴァラ寺院の作例)と同様,神像はチャトラ石(天蓋)の下にある.この場合,チャトラは後代のものと思われる.おそらくこのチャトラも,支柱の碑文がチャトラチャンデーシュヴァラに言及するパシュパティの事例を模したものであろう.地元の人と思われる通行人は「カーメーシュヴァラ」と呼んでいた.」

HD 032.jpg こちらは引きの構図(本誌非掲載). 当日は雨で,神像と同様,こちらも傘を差しての撮影. この後,土砂降り,ずぶぬれとなりました.

永ノ尾研2005秋 299.jpg ワークショップ一日目終了後に行われた(非常に質素な)パーティーにて挨拶をされるサンダーソン教授.
TantraStudy2.jpg こちらは東洋文化研究所からの簡易版(非売品).
Tantra283.jpg こちらが山喜房より出版・販売されているハードカヴァー版.
本誌の圧巻は,もちろん,所収のサンダーソン教授の論文です. 「シャイヴァの時代――中世初期におけるシヴァ教の興起と優勢―――」 本誌の全体が562頁. そのpp. 41-349ですから,半分以上をサンダーソン教授の論文が占めています. 「論文」というより「本」です. いつもながら一次資料の情報に富む注記も豊富です. n.1から最後はn.717まで. 喚起される情調(rasa)はadbhutaでしょうか.
スポンサーサイト
  1. 2009/04/23(木) 19:16:57|
  2. 未分類

なんじゃもんじゃ@九大箱崎キャンパス


NanjaMonja1.jpg 対馬で自生するのを見ましたが,生協前にもありました.
  1. 2009/04/19(日) 19:49:32|
  2. 未分類

南アジア学会第22回全国大会打ち合わせ@北九州市立大学


2009春 221.jpg 発表申し込みの締め切りも近づいています. その前に,開催校にて実行委員の打ち合わせがありました. 議論は主にシンポジウムについて. 会場となるのは北九州市立大学本館(設計:池原義郎,1995年開館).

2009春 225.jpg シンポ会場(予定)

2009春 227.jpg モノレールの駅の「北九州市立大学前」=「競馬場前」ということで,駅舎も立派です.

2009春 228.jpg モノレールより見た本館.
Cf. 唐戸市場(設計:池原義郎,2001年竣工)
Karato1.jpg
  1. 2009/04/19(日) 17:09:17|
  2. 未分類

Published


Tantra283.jpg 永ノ尾信悟(編) 『タントラの形成と展開 Genesis and Development of Tantrism』 東京・山喜房仏書林,2009年. ISBN 978-4-7963-0188-6. 価格18,000円+税.(英語) Genesis and Development of Tantrism. (in English) Einoo, Shingo (ed.)
  1. 2009/04/17(金) 20:42:33|
  2. 未分類

received

received from the author. George Cardona Bhartṛhari and Patañjali: Traditions Preserved pp. 678-736
  1. 2009/04/08(水) 07:47:39|
  2. 未分類

バルトリハリ

Quote from http://www.mlbd.com/BookDecription.aspx?id=14010 %%%%%%%%%%%%%%%%%% Bhartrhari Language, Thought and Reality by Mithilesh Chaturvedi ISBN(Hardbound): 8120833996, 9788120833999 Price (Hardbound): $35.44 Pages: 615 Language: English Territory: Available For Sale Worldwide Description: This volume is the outcome of the international seminar on Bhartrhari: Thought, Language and Reality held in New Delhi on 12-14 December 2003 as part of the centenary celebrations of Motilal Banarasidass. In this seminar, scholars from all over the world presented their interpretations of Bhartrhari’s philosophy, some of the light of the modern trends in philosophy and linguistics, others in the backdrop of Indian tradition. This volume contains almost all the papers presented at the seminar along with some other papers invited from scholars who could not participate in the seminar to make it comprehensive. The papers discuss the metaphysics of Bhartrhari and his ideas about questions concerned language and reality. Some of the papers compare Bhartrhari with Western Philosophers and linguists like Wittgenstein, Grice, Searle, Humboldt, Chomsky and Goldbert, thus showing his relevance to problems in contemporary philosophy and linguistics. It is clear that after the initial efforts in the fourth to sixth decades of the twentieth century, Bhartrhari studies have now gained a significant momentum. %%%%%%%%%%%% End of Quote%%%%%%%%
  1. 2009/04/08(水) 07:41:29|
  2. 未分類

received:

西村直子 月と神々の食物――Śatapatha-Brāhmaṇa I 6, 4(新月祭のupavasatha)―― 印度学宗教学会 論集 34, 2007, 400(239)-375(264). Nishimura Naoko The Change of the Theory about Soma's Circulation in the Śatapatha-Brāhmaṇa. Journal of Indian and Buddhist Studies, 57-3, 2009, 1155 (13)--1159 (17).
  1. 2009/04/08(水) 07:14:44|
  2. 未分類

九大印哲近況


2009春 185.jpg 原田さんの専任がめでたく決まり,就職祝いがカフェ・マノマノで行われました. 大勢の卒業生に参加していただきました. 遠く鹿児島からもOBが参加. 銀行に就職されているOBは,忙しい中,早めに仕事を切り上げ(といっても既に夜の10時前ですが),お祝いに駆けつけてもらいました. また参加できなかった諸先輩方からも,多くのお祝いの言葉を頂戴いたしました. 学部生一同の用意した寄せ書き色紙に,原田さんも感激の様子でした. みな一様に 「原田さんには本当に(授業の予習で)お世話になりました」 との言葉を書き記していました. 4月からは,岡野,片岡の通常授業のほか,阿先生,宇野先生,山口先生に非常勤をお願いしています. また原田さんの担当されていたサンスクリット初級は北野先生に授業をお願いしています. 忘年会に続き,マノマノの増田さん,三原さんには,わがままな注文にも快くこたえていただき本当に感謝しています. 帰り際, 「(僕の)自転車が無い!」 と大騒ぎしていた逆瀬川君ですが,なんのことはない,昭和通りに置き直したのを忘れていただけでした. 「九大生も意外とおっちょこちょいで安心しました(微笑)」 とは三原さんの言.
  1. 2009/04/01(水) 19:45:56|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する