Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

received

Samvarodayatantra第21章 Caryanirdesapatalaに関する一考察 -Padmini第21章校訂テキスト並びに註- 種村隆元
スポンサーサイト
  1. 2009/06/27(土) 10:56:57|
  2. 未分類

received

Studies in Indian Philosophy and Buddhism, 16, 2009 published by Department of Indian Philosophy and Buddhist Studies, the University of Tokyo http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/bulletin/#13-0 インド哲学仏教学研究 人文社会系研究科 インド哲学仏教学研究室 Some Reflections on the Chronological Problems of the Mahābhārata Tsuchida, Ryutaro 1-24 Wonhyo on the Lotus Sūtra Muller, A. Charles 25-38 有部アビダルマ文献における無為法の実有論証について 一色, 大悟 39-54 『アームナーヤ・マンジャリー』に見るサンヴァラ曼荼羅の解釈法 田中, 公明 55-68 [Kimiaki Tanaka: Interpretations of the Samvara-mandala found in the Amnayamanjari] http://hdl.handle.net/2261/25310 http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/25310/1/ib016004.pdf ゲルク派の認識手段論 : タルマリンチェンの解釈について 西沢, 史仁 69-82 玄沙師備の三句の綱宗 土屋, 太祐 83-93
  1. 2009/06/27(土) 10:45:54|
  2. 未分類

日本印度学仏教学会 第60回 学術大会

2009年9月8日(火)~9日(水) 大谷大学(地下鉄北大路駅下車) 第4部会(1号館2階 1200教室) 9月8日(火) 午後の部 (13:20-16:20) 1. ■慶■ Prajnakaraguptaにおける分別(kalpana)の意味 2. 小林久泰 プラジュニャーカラグプタの推理論――外界なしに推理は可能か―― 3. 酒井真道 滅無因説に関するダルモーッタラの一解釈 4. 渡辺俊和 ダルマキールティにおける〈誤った論難〉(jati)について 5. 上田昇 「いき」の構造のアポーハ論的構造 6. 岡田憲尚 註釈書に見られるPVSV異読情報について 7. 吉田哲 ディグナーガによる分別の定義――五種類の語について―― 8. 石田尚敬 ディグナーガの聖典論再考 9. 片岡啓 『集量論』1.9解釈の問題点――ディグナーガとジネーンドラブッディ―― (4-6は片岡が司会の予定)
  1. 2009/06/22(月) 19:28:22|
  2. 未分類

九州大学大学院人文科学府 大学院進学説明会

平成21年度 九州大学大学院人文科学府  大学院進学説明会 が下記の日程で行われます. 平成21年8月6日(木) 説明会:箱崎文系地区講義棟(3F)302講義室 午後3時から 詳しくは人文科学府のホームページをご覧ください.
  1. 2009/06/20(土) 12:47:20|
  2. 未分類

九州大学大学院人文科学府修士課程・博士後期課程学生募集要項

平成22年度の 九州大学大学院 人文科学府の 修士課程学生募集要項 博士後期課程編入学学生募集要項 が発表されています. 第一期は H21年7月31日~8月7日 第二期は H21年12月11日~H22年1月8日 が願書の受付期間です. 詳細および正確な情報は人文科学府のホームページをご覧ください. 募集要項は九州大学貝塚地区事務部教務課 学生第一係(092-642-2356)窓口で配布されています.
  1. 2009/06/20(土) 12:44:29|
  2. 未分類

SOUTH ASIAN CLASSICAL STUDIES, No. 4, 2009

Coming soon in July! Orders should go to Prof. Okano. http://homepage3.nifty.com/indology/ SOUTH ASIAN CLASSICAL STUDIES No. 4 CONTENTS The Tibetan Shes rab sdong bu and its Indian Sources (I) Michael HAHN 1 A Japanese Translation of the Avadānaśataka (3) DEMOTO Mitsuyo 79 Avadānakalpalatā Chaps. 94–97 and SMRAM Chap. 23. Texts and Translations of Yaśomitra, Vyāghrī, Hastin, Kacchapa OKANO Kiyoshi 95 Bhāviveka on the Proof of the Absence of svabhāva in the Five Sense Organs (pañca-indriya) TAMURA Masaki 179 A Voice from a Thousand Years Ago: Oral Tradition in Kathmandu and Caryāpada KITADA Makoto 205 The System of Rāgas in the Saṅgītaratnākara OKAZAKI Yasuhiro 233 Asādhāraṇānaikāntika Reconsidered KATAOKA Kei 287 Present Situation and Problems of Kashmir Śaivism KAWAJIRI Yohei 331 Sanskrit Text of the Tantravārttika, Adhyāya 1, Pāda 3, Adhikaraṇa 4–6, Collated with Six Manuscripts HARIKAI Kunio 359 KYUSHU UNIVERSITY DEPARTMENT OF INDOLOGY
  1. 2009/06/19(金) 19:36:15|
  2. 未分類

南アジア古典学 第四号(2009)

七月発行予定です。 新規購入希望は,岡野潔教授まで。 http://homepage3.nifty.com/indology/ ISSN 1881-2074 南 ア ジ ア 古 典 学 2009第4号 目 次 The Tibetan Shes rab sdong bu and its Indian Sources (I) Michael HAHN 1 『アヴァダーナ・シャタカ』和訳 (3) —第36話「マイトラカニャカ」— 出本 充代 79 Avadānakalpalatā 94–97章とSMRAM 23章 —Yaśomitra, Vyāghrī, Hastin, Kacchapaの校訂・和訳— 岡野  潔 95 バーヴィヴェーカによる五根の無自性性論証 田村 昌己 179 千年前の歌声 チャルャーパダとカトマンドゥのチャチャー歌伝承 北田  信 205 サンギータラトナーカラにおけるラーガの体系・その1 岡崎 康浩 233 不共不定因再考 なぜkevalavyatirekinはasādhāraṇānaikāntikaではないのか? 片岡  啓 287 カシュミールシャイヴァ研究の現状と課題 川尻 洋平 331 Sanskrit Text of the Tantravārttika, Adhyāya 1, Pāda 3, Adhikaraṇa 4–6, Collated with Six Manuscripts HARIKAI Kunio 359 九 州 大 学 大 学 院 人 文 科 学 府 ・ 文 学 部 イ ン ド 哲 学 史 研 究 室
  1. 2009/06/19(金) 19:31:35|
  2. 未分類

酒場=祭場

Mattavilāsa, p.8: priye paśya paśya. eṣa surāpaṇo yajñavāṭavibhūtim anukaroti. atra hi dhvajastambho yūpaḥ, surā somaḥ, śauṇḍā ṛtvijaḥ, caṣakāś camasāḥ, śūlyamāṃsaprabhṛtaya upadaṃśā havirviśeṣāḥ, mattavacanāni yajūṃṣi, gītāni sāmāni, udaṅkāḥ sruvāḥ, tarṣo 'gniḥ, surāpaṇādhipatir yajamānaḥ. おまえ,見てみろ. この酒場ときたら,祭場の壮観を模しているぞ. というのも,ここでは, 幟の柱が祭柱, スラー酒がソーマ, アル中達が祭官, 酒杯がソーマ杯, 串肉などのつまみが指定の供物, 酔っ払いの会話が祭詞, 歌がサーマン, バケツがスルヴァ尺, [喉の]渇きが祭火, 酒屋の主人が祭主だ. 『酔漢の戯れ』より
  1. 2009/06/14(日) 13:49:01|
  2. 未分類

九州南アジア研究会@九州産業大学


南アジア九州2009-6 001.jpg
石上悦朗(福岡大学) インドIT産業の発展と人材育成 ―――先行研究の整理と調査の中間報告――― 難波美和子(熊本県立大学) Nabob言説の生成と拡散 石上先生からは,次の抜き刷りをいただきました. 石上悦朗「グローバル化とインドIT-BPO産業の発展」 赤羽新太郎・夏目啓二・日高克平編著『グローバリゼーションと経営学』,ミネルヴァ書房,2009年4月
  1. 2009/06/13(土) 20:28:06|
  2. 未分類

Tabira Hirado-guchi Station, Nagasaki


平戸他2009-6 057.jpg

大きな地図で見る
  1. 2009/06/07(日) 20:00:57|
  2. 未分類

The ruins of Nagoya-jo Castle, Karatsu, Saga


平戸他2009-6 574.jpg

平戸他2009-6 792.jpg

大きな地図で見る
  1. 2009/06/07(日) 19:54:00|
  2. 未分類

Hirado Catholic Church (St. Francis Xavier Memorial Hall)


平戸他2009-6 444.jpg
  1. 2009/06/07(日) 19:41:07|
  2. 未分類

From the top of Obae Hana, Ikutsuki island, Nagasaki


平戸他2009-6 218.jpg 100-meter precipice

平戸他2009-6 200.jpg

大きな地図で見る
  1. 2009/06/07(日) 19:23:15|
  2. 未分類

At a souvenir shop in Hirado


平戸他2009-6 403.jpg
  1. 2009/06/07(日) 19:11:20|
  2. 未分類

At the site of Zhèng Chéng gōng's residence


平戸他2009-6 132.jpg
A Quote from the notice board
In the late Muromachi era (1392-1573), Hirado was the center of International trading in the East China Sea. For this reason, many Chinese merchants chose Hirado as their primary trading port. Tei Shiryu, from Ming China, was one of the leaders of these Chinese merchants and had his residence in Kawachi town on Hirado Island. Tei Sei Ko (Chen Chen Ko) was the son of this Tei Shiryu and a woman from Hirado called Matsu Tagawa. Tei Sei Ko went to China at the age of seven and worked for the Chinese Ming Government together with this father. After the Ming government perished, he went to Taiwan and fought for the re-establishing of the Ming, until a disease caused his death at the age of 39. The legend of Tei Sei Ko's loyalty to the Ming can still be witnessed in the play called `Kokusenya Kassen". The trees that can be seen in the garden of Tei Sei Ko's old house, have allegedly been planted by Tei Sei Ko himself. Hirado City Board of Education
  1. 2009/06/07(日) 19:00:56|
  2. 未分類

The birth place of Zheng Cheng gong (鄭 成功)


平戸他2009-6 112.jpg
  1. 2009/06/07(日) 18:55:20|
  2. 未分類

日本南アジア学会九州支部6月度定例研究会

「日本南アジア学会九州支部 6月度定例研究会」 日時:6月13日(土) 13:30-17:00   会場:九州産業大学 経済学部 会議室  (1号館9階 中会議室)     発表:石上 悦朗氏(福岡大学 教授)          「インドIT産業の発展と人材育成」             難波 美和子氏(熊本県立大学 准教授)        「Nabob言説の生成と拡散」 参加費:500円 幹事 針塚瑞樹(はりづかみずき)
  1. 2009/06/01(月) 19:36:54|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する