Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

九大インド関係@あんまー

印哲関係者プラスαの九大インド関係者で,あんまーにて食事会.

11名も集まり小さい店は大賑わいでした.

が,さすがインドで鍛え上げたコックさんです.

次から次へと皿が手順よく出てきました.

予約しておいたビリヤーニも,皆に好評.

私的にはChettinadu Chickenが大当たり.

当然,ドーサ類も,堪能.

nila1
スポンサーサイト
  1. 2009/10/28(水) 18:42:47|
  2. 未分類

Hayagriiva Avalokitasvara

hayagriiva
  1. 2009/10/24(土) 22:17:14|
  2. 未分類

Hasami-iwa, Okuno-in, Wakasugi-yama

Hasami-iwa1
  1. 2009/10/24(土) 22:12:17|
  2. 未分類

Komenoyama Tenboudai, Sasaguri

Komenoyama1
  1. 2009/10/24(土) 22:06:02|
  2. 未分類

福岡でサウス・インディアン@あんまー(早良区)

amma2 006
amma2 010
amma2 013
amma2 021
  1. 2009/10/17(土) 21:15:52|
  2. 未分類

九大文学部・朝日カルチャー提携講座:人はなぜ生きるのか

九州大学法文学部85周年・文学部60周年記念
九大文学部・朝日カルチャー提携講座

人はなぜ生きるのか

人はなぜ生きるのか─その問いへ向かい、問いから還る思索の旅へ…。九州大学文学部の教授陣が、それぞれの専門分野からご案内いたします。 (会場は朝日カルチャーセンター福岡教室)

1) 10月17日(土) 「死生観について―哲学的観点より」
・・・円谷 裕二 教授(哲学)
2) 11月21日(土) 「人はなぜ生きるのか-問いの意味を考える」
・・・吉原 雅子 講師(倫理学)
3) 12月19日(土) 「生と死のインド」
・・・片岡 啓 准教授(インド哲学史)
4) 1月 9日(土) 「年年歳歳花相似─唐詩の描く人生」
・・・静永 健 准教授(中国文学)
5) 2月20日(土) 「生きることの能動性と受動性-オスカー・ワイルド『ドリアン・グレイの肖像』を手がかりに」
・・・ 鵜飼 信光 准教授(英文学)
6) 3月13日(土) 「生命の海へ―宗教史から学ぶこと」
・・・関 一敏 教授(比較宗教学)
  1. 2009/10/17(土) 11:07:40|
  2. 未分類

Lecture by Ms Eriko Yamaguchi at Kyushu University

Motherhouse社長の山口絵理子さんによる講演会.

国際ホールも超満員で,急遽,椅子が追加されるほどでした.

motherhouse 008

一時間の講演で,バングラ,ネパールその他での貴重な話を伺うことができました.

講演後のサイン会では,当然,人が殺到.

ものすごい人気でした.

motherhouse 027

最後は企画スタッフを中心に恒例の記念撮影.

しかし,新たなネパールのブランド名がmotherhouseの直訳のmaitigharとは,クマールさんもびっくりでしょう.

Motherhouse福岡店(水曜定休)は,

福岡市中央区大名1-10-33東峰マンション大名101.

エチオピア料理のFasikaのビルの向かいです.
  1. 2009/10/15(木) 20:20:18|
  2. 未分類

福岡の南インド料理店:「あんまー」(早良区城西)

amma1


Lunch: 12:00--15:00

Vegetarian Amma Meals 700 yen

Non-Vegetarian Natarajan Meals 700 yen



Dinner: 18:00--22:00

Plain Dosai 900 yen
Masala Dosai 1200 yen
Paper DOsai 1200 yen
Ghee Loast Dosai 1200 yen
Wadai (2 pieces) 550 yen
Onion Uttapam 1000 yen
Poori Masala (3 pieces with Aloo Masala) 700 yen

Chicken Biriyani (Need order booking) 1000 yen

Paneer Butter Masala 500 yen
Green Peas Masala 500 yen
Channa Masala 500 yen
Butter Chicken Masala 500 yen
Chettinadu Chicken 500 yen

Porota 300 yen (500 yen for 2)
Chili Porota 1000 yen
Chapati 300 yen (500 yen for 2)
Chicken Raripappu 500 yen

Chai 300 yen
Lassy 300 yen
Beer 600 yen
Shochu 400 yen
  1. 2009/10/12(月) 19:47:27|
  2. 未分類

tum + yaati

拙稿「神を否定する方法:Nyāyamañjarī「主宰神論証」前主張部の読解」(片岡[2009]PDF)において,不定詞tum+yātiの構文について問題にしました.

 苦に満ちた世界を創造するという点で主宰神は無慈悲となってしまうと前主張者は指摘する.これにたいしてニヤーヤ側は,「楽だけの世界を造ることはできない」あるいは「楽だけの世界を作ったが長持ちしなかったのだ」と回答する.次の箇所は,深刻なテクスト問題があり,写本に基づく訂正なしには解釈不可能である.

アラハバード,BHU,ラクナウのいずれの写本も次の読みを支持する.

atha kevalasukhopabhogaprāyaṃ jagat sraṣṭum eva na yāti sṛṣṭam api vā na ciram avatiṣṭhata ity ucyate. (K 342.5–6)
片岡訳:「もし,[苦のない]ただ楽の享受に満ちた世界は創造すること自体できない,あるいは,創っても[そのような世界は]長い間存続することはないのだ,というならば」

 マイソール版の読みは,二次的と思われる.そして,重大な問題は,jagatが前半部のjagat sraṣṭum ... jānātiではaccusative,そして,sṛṣṭam (jagat)... avatiṣṭhateと後半部の動詞との関係ではnominativeとちぐはぐになってしまうことである.写本の読みによりyātiにすべきである.そして,一貫してnominativeの解釈をとるべきである.

 このyātiの用例は,ジャヤンタが好んで模倣するBhāṇa,そのHarṣacaritaにも見られる .Harṣacaritaの注釈者はśakyateと敷衍する.したがって,ジャヤンタの現在の箇所は,「単に楽の享受に満ちた世界は創造すること自体できない」となる.

*Harṣacarita 24.24–27: svecchopajātaviṣayo 'pi na yāti vaktuṃ dehīti mārgaṇaśataiś ca dadāti duḥkham/ mohāt samākṣipati jīvanam apy akāṇḍe kaṣṭaṃ manobhava iveśvaradurvidagdhaḥ//



これに以下の論文情報を付加することができます.

Johannes Bronkhorst
Udbhaṭa, a Grammarian and Cārvāka
Linguistic traditions of Kashmir: essays in memory of Paṇḍit Dinanath Yaksha
edited by Mrinal Kau, Ashok Aklujkar
D.K. Printworld (P) Ltd.
New Delhi

p. 285にNMGBhからの引用が挙げられています.
"na yāti vākyaṃ pratibhettum" ity atra ca "yāti" iti tiṅantapratirüpako nipātaḥ "śakyate" ity arthe vartate

また「文は分割されることがyāti ない」というここで,yāti というのは定動詞(行く)に似た不変化辞であって,「できる」を意味する.

これはUdbhaṭaの説明方法です.
  1. 2009/10/11(日) 11:10:15|
  2. 未分類

received 宇野智行:ジャイナ教論理学者パートラケーサリンについて

宇野智行
ジャイナ教論理学者パートラケーサリンについて
On Patrakesarin, a Jaina Logician
Tomoyuki Uno
筑紫女学園大学・短期大学部 人間文化研究所年報 第20号,2009
pp. 1-25
  1. 2009/10/11(日) 09:41:27|
  2. 未分類

Amma: a South Indian restaurant in Sawara-ku, Fukuoka-city

Amma 002

A South Indian restaurant opened on Oct 3rd, 2009, in Sawara-ku, Fukuoka-city

Meals ready for lunch for 700 yen only

Amma 003
Amma 008

Tiffins are available only for dinner

Amma 010
Amma 012

Mr. Nila, one of the owners of this restaurant and a famous movie/bharatanatyam dancer

As the board shows, of course, there is no difference between こ(ko) and ご(go). Very pure Tamil restaurant

Amma 015
Amma 016
  1. 2009/10/09(金) 19:34:13|
  2. 未分類

日本南アジア学会 第22回全国大会(北九州市立大学)

Con 003

大会実行委員および学生スタッフによる搬入作業

Con 005

第二回南アジア学会賞の一人は,馬場氏.ただ,海外滞在中のため,あいにく欠席

Con 011

大会実行委員長の三宅先生による挨拶

Con 012

大好評だった1500円の生協激安懇親会の後,小倉駅前「都にっぽん」にて30名で二次会.こちらは4000円.

Con 013

北田氏によるチャチャー歌のデモ

Con 018

シンポジウムにおける八木先生の「右手に牛フン,左手にモバイルの時代に」

Con 019

全体シンポジウム
「ともに考えよう! 南アジアの伝え方・教え方」



来年度の大会開催は法政大学

なお事務局は東洋大学へと移りました
  1. 2009/10/04(日) 23:06:03|
  2. 未分類

at Fukuoka international airport


Fukuoka international airport is not far away from the Kashiihama residence (for foregin students) of Kyushu University.

watson11
watson12
watson13
watson14
  1. 2009/10/04(日) 22:44:51|
  2. 未分類

gingko nut

gingko1
  1. 2009/10/04(日) 22:42:47|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する