Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

インド古典学者は何を追及すべきか?

「喫緊の課題」という言葉があります.

「社会の緊急の要請に応えよ」という周囲からの促しです.

もちろん周囲の要請を「要請」として受け止めるのは本人次第です.

そこには,(KYを回避し)「場の空気を読む」という能力が必要とされるでしょう.

「場の空気を読む」とは「流れに乗る」ことです.

例えば行列を見て,そこに並ぶのも同じ心理です.

そこには「他人に遅れてはならない」「並ばなければ損をする」という焦り,機会を逃すことから想定される喪失感,昔に乗り遅れたことの後悔から来る敗北感の想起があります.

「乗り遅れるな」というのが合言葉となります.

人間がこれほどまでに「平等」(他人と同じであろうとすること)を追求するのは「乗り遅れたくない」からです.

本来「自由」であるはずの人間は,「平等」という心理的足枷が故に不自由になってしまいます.

他人に遅れたくない,他人が得をするのを黙って見過ごせない,自分だけが損をするのではないか,という焦りこそが「平等」を求める人間心理の本源なのです.

しかし,考えれば分かるように,各人は本来「自由」であるが,別に(「全く同じ」という意味での)「平等」ではありません.

皆が同じラーメンを食べる必要はないし,同じ人民服を着る必要はないのです.

千差万別,脳の構造も各人各様です.

それぞれが,それぞれ自由に,各人の人生を歩めばいいのです.

他人がラーメンの行列に並ぶのは,それは人の自由.

自分にとり,ラーメンを食べることが「喫緊の課題」となる必要は全くないのです.


学問の世界にも「流行り・廃り」があります.

学会の潮流であり,トレンドです.

それに乗り遅れまじとパネルが組織され,社会の要請に応えるための「問答」が繰り返されます.

それは,学問分野によっては重要なことです.

まさに喫緊の課題,現代の要請に応えることが,その学問に求められていることならば,当然,その所期の目的を果たすべく,流れに乗るべきでしょう.

現代社会を研究するならば,理の当然,現代の要請に応えねばなりません.

「今ここ」が主戦場となるからです.

切り口は人それぞれであっても,自分だけの課題設定というのは意味をなしません.

ここにおいては,祭りよろしく,一箇所に殺到して祭りを盛り上げる必要があります.

祭りの後は,また次の祭りのことを考えればよいのです.

そこにおいて(我執という意味での)「自主性」は重要ではありません.

自分の変化よりも他人の変化に付いて行く方が,「現代」を求める中では重要なのです.

なぜならば,現代研究においては「今ここ」が問題であり,刻々に変化する社会要請に応える必要があるからです.

そうであればこそ,同じ場所に留まり続けようとする「停止しようとする安穏の慣性」という人間の怠惰な心性に安住することは許されません.

惰眠を貪らず,眼を開いて,祭りに参加すべきです.

それが本人の能力を更に高め,各人の成長を促すことでしょう.


しかし古典学において問題なのは「今ここ」ではありません.

古典学にたいして「現代社会からの要請」などというものは存在しません.

あるいは存在するとすれば,それは,古典の智恵を引き出すことです.

それは「今ここ」の喫緊の課題から導かれるものではありません.

「流行り・廃り」を追い求める中で,古典の妙味が引き出されることはないのです.

それは的外れな態度と言わざるを得ません.

なぜでしょうか.

古典が提供するのは,今も昔も変わらぬ人間の知恵,心理の真理,同じ人間の姿,間抜けだったり賢明だったりする鏡に映った自分の姿であり,客観視を可能にする写し絵です.

古典に対しては「変わらぬもの」を求めるべきであって,刻々と移り変わる「変わるもの」を求めるべきではないのです.

つまり,流れに乗る必要はないどころか,現代の流れという表層流は,むしろ古典の提供する底味を無視し台無しにしてしまうのです.

表面の流れに踊らされるならば,我々の眼は曇り,古典が語りかける深奥に到達し,人間の内奥の真実に耳を傾けることはできません.

問わず語りに聞く,古典を虚心に読むという行為は,(現代の要請に従って古典を歪曲しようとする)恣意的な解釈を排します.

学ぶべきは「変わらぬもの」です.

したがって,古典学においては,各人が各様に,そして,膨大な文献の各分野で,それぞれ自由に課題を設定し,人間の知恵を引き出して,社会に還元すべきなのです.

それこそが,社会的要請に真の意味で応え,社会への恩返しとなるでしょう.

目先の「課題」とやらに踊らされることは,結局,社会の役に立たないことになります.

「時流に乗った古典研究」などというものがあったとして,それは,結局,いつか時代遅れとなってしまいます.

「昨日のニュース」が役立たないのと同じように,賞味期限がすぐに来てしまうのです.

トレンディ―俳優も,旬を過ぎれば,ギャグにしかなりません.

「トレンディ―」はすぐに「古臭く」なるのです.

それがトレンドの本質です.

焦燥感から人間は行列に並びます.

しかし,古典学者が追及すべきは,流行り廃りのお祭り騒ぎではないのです.

それぞれが各人のニッチを静かに堅実に追及すべきです.

同じ所に殺到する必要はないどころか,それは,結局,社会のためになりません.

「喫緊の課題に応えること」という急ぎ足は,古典の世界においては,結局は,無駄足に終わることでしょう.

急がば回れです.

自分だけの「隙間産業」「ニッチ」こそが,実は,古典学の生きる道であり,迂遠に見えて,しかし,社会還元の真の道なのです.

「新たな価値の創造」は,その創発の瞬間において,決してトレンディ―ではなかったということを思い起こす必要があります.

仏教も釈迦の当時は新興宗教でした.

後追いからは何も生まれないのです.

「流れに乗ろうとすること」は,インド古典学においては,むしろ有害な心的態度ということになります.
スポンサーサイト
  1. 2010/08/26(木) 05:35:45|
  2. 未分類

Banyan, an Italian restaurant near Kyusandai

KC380006.jpg

An Italian restaurant called "Banyan" along the Sangosen line, near the Kyusandai University.

The reason why it is called Banyan is not clear.

It has nothing to do with India, probably.

The taste is, unexpectedly in this barbarian area, good.

Two editors of the Kyushu University Press regularly visit this nice-atmosphere restaurant three times a week.

They were also present on the very day I visited it.

Oishi-san, an editor and a graduate of our faculty, recommends "Aubergine Mozzarella Basil Tomato Spaghetti."

She is quite right (as is always the case for her criticism), as you can clearly see from the photo.
  1. 2010/08/22(日) 16:16:18|
  2. 未分類

MIMATSU Specialty Coffee Roaster, Kashi, Fukuoka

KC380013.jpg

Mimatsu is a suitable cafe for a mīmāṃsu.

KC380011.jpg
KC380012.jpg
KC380010.jpg

Newly opened in May, 2010. (It is a branch of Mimatsu Coffee, Hakata-eki Minami, one of the oldest coffee shops in Fukuoka.)

Kashi Ekimae 2-2-6, Higashi-ku, Fukuoka-city

092-692-6859

10:00~22:00
10:00~24:00(Fri, Sat)
Holiday (Thu)

http://coffee-store.jp/

Although the address is "Kashi Ekimae" ("in front of Kashi Station"), it is far away from it.

Even for local people, it would be quite difficult to find out the place.

No one but rat-run drivers and rattrap police uses this one-way path.

The store/cafe is located along the Kashi-gawa river flowing into Kashi-hama beach.

It stands in the middle of ordinary houses and therefore is easily overlooked.

Two young baristas keep the nice atmosphere and offer high-level espresso and latte.

The famous cake shop "Saint Honore" is nearby.

But one cannot enjoy the two (cake and coffee) at the same time.

  1. 2010/08/22(日) 15:46:29|
  2. 未分類

Ryo Ishigaki in front of Seikyo, Kyushu University

RyoIshigaki1

世の中はお盆だというのに,大学はいまだ営業中

半期15回へと授業が大幅に増えたことで,8月に入ってから,ようやく試験週間です

というわけで,レポートを見るのは,さらにそれからとなります

冷房の壊れた研究室で扇風機にレポートを飛ばされそうになりながら,ようやく見終わると電話

イスラム研究室の卒業生の石垣君からです

釧路のはずですが...

「先生,お元気ですか?」

お盆で岡山に帰省

ついでに大学まで来ているとのこと

さっそくイスラム研究室まで

ちょうどお昼なので,箱崎のインド料理屋Domadomaまで

就職1年目なので,やはり,仕事に慣れるのが大変の様子でした

とはいえ,さすが石垣君,全然元気でした

帰りに九大裏(というか正式には表)にできたパン屋Pain Stockに立ち寄ってから理農食堂前で撮影

「ブログに載せてください」ということで,そのまま掲載

手を振りながらのセリフは「チャーリーさん,元気ですか?」

Ishigaki2

きょうは金曜日,ということで,箱崎モスクは礼拝に向かう人でいっぱいでした

イスラム研究室は,ようやく試験も終わった学部生の発表があるらしく,石垣君も参加するとのこと

そのまま今晩の宿を見つけるのだそうです

にしても,写真に撮ると,あらためて,ボロボロの校舎(生協)です
  1. 2010/08/13(金) 18:53:10|
  2. 未分類

九大印哲オープンキャンパス

KC380033.jpg
KC380035.jpg
KC380036.jpg
KC380040.jpg

毎年参加者が増えつつあるオープンキャンパス

お祭りとなりつつあります

受け入れ態勢も,フィードバックを重ね,少しづつ改善されている印象です

以前は,誘導員もなかったのが,ちゃんと「文学部」と分かるようなゼッケンを来た学生バイトが,あちこちに立っています

これがないと,複雑怪奇な迷路のような文系棟の中を,「心理学科はどこですか」などと,さまようことになります

中国哲学や考古学までたどり着く人は,おそらくいなかったでしょう

誘導員のおかげで,最終目的地点まで到達

さらに,毎年毎年,この季節は,当然のようにカンカン照り

日陰も何もないところで高校生はうろうろ

熱中症で倒れないのが不思議なくらいです

そのせいもあって,今年は休憩所的なテントも立っています

なにごとも,やってみる→フィードバック→改善の繰り返しです

昔はと言えば,2~3人ほどがたどり着けばよいほどでしたが,なぜか,印哲研究室にも,20~30人も,高校生が来ていました

あとから友達を連れて戻ってくるリピーターも

大濠,東明館,小倉,佐賀西,長崎東,南山,日田などなど.

今年は小林,鶴丸は見ませんでした


KC380043.jpg

せっかくの土曜日ですが,なぜか,当然のように大学にいなければなりません

というわけで,学生と一緒に楽しむのが先

みんなでカレーを作ることに

料理部長はスリランカ人留学僧

あっという間にピリ辛スパイシーのスリランカ・チキンカレーができあがり

手際の良さはさすがです

この決まり方は,やはり,本場じゃないと出せません

研究室は,小さなコンロが一つのみ

もう一つのダル(豆カレー)は,あらかじめ家で作ってきていただきました

こちらは,マイルド・ココナッツ風味

剛柔とりあわせの絶妙なバランスです

隣の英文の前には,多くの高校生が列をなして順番待ちしていますが,そこにもスパイシーな香りが

「カレーじゃねー?」

という声が聞こえてきます

そこをキャッチ

かなりの高確率で印哲に誘導

そして人間心理でしょうか

部屋の中がいっぱいになればなるほど,さらに人が押し寄せてきます

「何か資料をいただけますか?」

という質問も

考古学は,ちゃんとお手製のパンフレットまで用意していました

さすがです

なかにはマニアックな高校生も

「阿頼耶識について知りたいのですが」

というわけで,大学院生から私にバトンタッチ

そして話はいつのまにか,アメリカ・ロシア・中国・インドといった世界情勢にまで

壮大なことになってしまいました

高校二年生もあなどれません

乗りのよい女子高生にはビンディーのおでこシールを張ってもらって,そのまま歩いてもらいました

「これって,校則違反じゃねー」

との声も

校則も,まさかビンディーまでは予想していないでしょう

インドで大人買いしてきたビンディーシールセットもすぐに在庫が底をつきました

バスで乗り付けてくるので,9:30から3:30までくらいが高校生の滞在時間です

今日は,文系だけのオープンキャンパスなのですが,なかには,単に友達についてきただけの理系の学生も

農学,それも畜産志望だそうです

「ばあちゃんの仕事継ぎます」

という殊勝な学生です

「(ばあちゃんは)牛可愛いっていいながら,なぜか,むっちゃ牛食ってます」

というわけで,インド哲学としては,非暴力・不殺生の話に

ほかにも,やたらめったらラーマーヤナに詳しい女子高生も

シーターの話を,他の学生に解説してもらいました

ほかにも「先生,インド文字で名前書いてもらえますか」とのリクエストも

お安いご用です

差し出された紙にデーヴァナーガリーで学生の名前を書きます

といって差し出してきた紙は,朝鮮史の名刺カード

ハングルで名前を書くというサーヴィスを行っているようです

さすが森平さん,準備がいい




印哲は大学院生も大活躍

なかなかの仕事ぶりでした

チャイでほっこりした後は,他の研究室を視察

3時も過ぎると,人出も減ってきました

哲学は菊池大先生自ら陣頭指揮

倫理は大学院生主体

イスラムは,今年は,和裕先生が降臨

まったりと高校生と語らっていました




終了後は,めでたく成人を迎えた二年生学部と玉突き→お好み焼きで打ち上げ

しかし,オープンキャンパスで研究室に来てくれた子に,いまだ文学部で出会ったことがないのですが,そもそも,合格してるのでしょうか

効果は私には謎です
  1. 2010/08/07(土) 20:52:29|
  2. 未分類

南アジア古典学 第五号 2010年

SACS5-2.jpg
SACS5-1.jpg

2010年の第5号が,ようやく発刊.

なんとか西日本インド学仏教学会に間に合わせました.

雑誌編集と学会運営と.

二つの仕事がようやく終わりました.
  1. 2010/08/01(日) 23:30:25|
  2. 未分類

学会

西日本印仏研2010

学内にて学会でした.

朝から買い出し,受付の準備,領収書作り,などなど.

九大,広大,山口県立,京大,東大から多数が参加.

大会参加者は,今回は多く,50名を超えました.

研究者の本分である研究のための学会を学内でやるのに,国際ホールは,20000円以上も使用料がかかります.

なんのための大学なのか,まったく意味不明です.

せこく冷房代まで取られました.

さすが車両入構料300円を社員からも出入り業者からも学生からもきっちりと徴収し,さらに,63歳過ぎたらボーナスゼロを言いだす経営感覚の優れた法人です.

せこいの一言しかありません.

こんなせこい精神で明日の社会をリードする人材が育つのでしょうか.(目先の利いた我利我利亡者だけは確実に育つのかもしれません.)

この小役人根性では,「トイレ大300円,小100円」とかトイレの入り口で徴収される日も近いことでしょう.




学会発表はキャンセルもあり,今回は四名.

質問時間がたっぷりとあるので,発表する学生にとっては戦々恐々でしょうが,質問したい人には満足いく時間配分でした.




第21回西日本インド学仏教学会学術大会

九州大学国際ホール

7月31日(土)
13:30-14:10 (発表20分、質疑応答20分)
金菱哲宏
「ヨーガバーシュヤと唯識三十頌」
京都大学大学院

14:10-14:50
田村昌己
「バーヴィヴェーカの世俗観ー自性と言葉ー」
広島大学大学院

14:50-15:20 Tea Break


15:20-16:00
北野新太郎
「『大乗荘厳経論』の唯識三性説」
九州大学非常勤講師


16:00-16:40
鈴木隆泰
「『法華経』「方便品」の構成と解釈」
山口県立大学大学院 国際文化学研究科教授




発表後は,懇親会のホテル会場へバスで一路.

温泉にもつかり,ビールで乾杯.

赤松先生から挨拶を頂戴しました.

その後,45名,各人の自己紹介.

まず鈴木ゼミの学生の元気のよさに驚かされました.

お酒が回ったのでしょうか,自己紹介がいつのまにか,学会発表のような大演説になる人も.

各人各様の個性豊かな話しっぷりでした.

その後は大部屋で部屋飲み.

明け方近くまで.

さすがに疲れました.




会計・事務関係も問題なく済み,大過なく学会運営を乗り切りました.

受付係の学生が優秀で助かりました.

来年度は,交替で広大にて.
  1. 2010/08/01(日) 16:27:51|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する