Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

Ṣaṭkoṇa-bhavanam (Hexagonal Cafe), Hakozaki, Kyushu University

Rokkaku3.jpg

The existence of this cafe is hardly noticeable.

Almost no one knows it in our campus.

As you can see, it is located in the deep jungle behind the main library.

Rokkaku2.jpg

Pushing the way through brush, one finally finds a hexagonal cottage.


Rokkaku1.jpg

Just like the shape of the building, the tables are also six-angled.

Lunch costs only 600 yen.

Coffee 300 yen.

Very homey atmosphere thanks to Akane-san, the cook who runs the cafe.

It is highly recommended to inquire in advance whether it is open on the day you visit.

Very often the cafe is closed, people say (kila).

The so-called "CAFETERIA PAGE" or "ROKKAKU-DO", run by Ms Akane Kusunoki:
Phone: 092-633-4464

Rokkakudo5.jpg
CafePage 004
CafePage 005
スポンサーサイト
  1. 2010/10/29(金) 18:26:52|
  2. 未分類

A Seminar at Hiroshima Uni.

広大外川研2010秋 012

外川研での研究会

広島までは近いのですが,さすがに東広島までは時間がかかります

結局ランチを取る時間もなく,カフェテリアでサンドウィッチをテイクアウト

広大外川研2010秋 052

そこから緑を抜けて逆端にある国際協力研究科の建物へ

広大外川研2010秋 061

Madhumitaさんもコメンテーターとして参加

昔,桂先生とコルカタで会って以来になります

広大外川研2010秋 076

懇親会は近くの響

当然,全員,カレートッピングのお好み焼きでした

広大外川研2010秋 111
  1. 2010/10/16(土) 23:50:02|
  2. 未分類

行非行

玄奘訳では「父」になってますが,さすがに,単なる漢文伝承の間違いでしょう.

「女→父」の間違いでしょう.

寡聞にして,父を対象とする行非行は,何でもありのインドにしても,聞いたことがありません.

しかし,順正理論でも「父」になっているのは気になるところです.

prakāśeにあたるものが,玄奘訳には見当たりませんが,これは彼の見た梵本には無かったということでしょうか.

僧院や塔廟だけでなく,やはり「公然」も付け加えておく必要はあるでしょう.

ヒラリー夫人の旦那は,四種のうち,1は微妙としても,2,3には引っかかるでしょう.


agamyagamanaṃ kāmamithyācāraś caturvidhaḥ// AK IV 74ab
catuṣprakāram agamyagamanaṃ kāmamithyācāraḥ.
agamyāṃ gacchati paraparigṛhītāṃ vā mātaraṃ duhitaraṃ vā mātṛpitṛsaṃbandhinī vā.
anaṅge vā gacchati svām api bhāryām apāne mukhe vā.
adeśe vā gacchati prakāśe caitye vihāre vā.
akāle vā gacchati. kaḥ punar akālaḥ. garbhiṇīṃ vā gacchati pāyayantīṃ vā saniyamāṃ vā.
yadi bhartur anujñayā saniyamā bhavatīty eke.

abhrāntyeti vartate.
yadi svasañjñī parastriyaṃ yāyāt na syāt karmapathaḥ.
yady anyaḥ parastrīsañjñayānyām abhigacchet paradāraprayogād vastuparibhogāc ca syād ity eke.
anyatra prayogān na syāt prāṇātipātavad ity apare.

bhikṣuṇīṃ gacchataḥ kasyāntikāt kāmamithyācāraḥ.
viṣayasvāminaḥ. tasya hi tan na marṣaṇīyam. tasyāpi saniyamā svabhāryeva tu sā na gamyā. kumārīṃ gacchato yasya nisṛṣṭā, no ced yasya rakṣā, antato rājñaḥ.



行非行邪婬。説此有四種。釋曰。
四種行不應行名邪婬。

一行不應行。謂他所攝。若母父母親。
二行不應行。謂非分。若自婦於下道及口。
三行不應行。謂非處。若露處。支提處。修梵行處。
四行不應行。謂非時。若自婦有胎時。飮兒時。受護時。若由夫聽許故得護。此爲非時。餘部説如此。

不亂言流。
若往他婦所。作自婦想。不成業道。
若作他婦想。往餘他婦所。餘師説。由行於他婦及受用此類故成業道別。
處欲作。於別處行故。無業道罪。譬如殺生。餘師説如此。

若於比丘尼行此事。從何處得罪。
從國主得罪。何以故。此事非國主所忍許故。
若自婦有戒。尚不可行。何況比丘尼。

若於童女行此事。於父母所許人得罪。

若未許人。於守護人得罪。乃至於王得罪。



頌曰
欲邪行四種行所不應行
論曰。總有四種行不應行。
皆得名爲欲邪行罪。

一於非境行不應行。謂行於他所攝妻妾或母或父或父母親乃至或王所守護境。
二於非道行不應行。謂於自妻口及餘道。
三於非處行不應行。謂於寺中制多迥處。
四於非時行不應行。非時者何。謂懷胎時飮兒乳時受齋戒時。設自妻妾亦犯邪行。
有説。若夫許受齋戒而有所犯方謂非時。

既不誤言亦流至此。
若於他婦謂是己妻。或於己妻謂爲他婦。道非道等但有誤心雖有所行而非業道。
若於此他婦作餘他婦想行非梵行成業道耶。有説亦成。
以於他婦起婬加行及受用故。
有説不成。如殺業道於此起加行於餘究竟故。

於苾芻尼行非梵行。爲從何處得業道耶。
此從國王不忍許故。於自妻妾受齋戒時尚不應行。況出家者。

若於童女行非梵行。爲從何處得業道耶。若已許他於所許處。
未許他者於能護人。此及所餘皆於王得。已辯欲邪行。




頌曰
欲邪行四種行所不應行
論曰。總有四種行不應行。皆得名爲欲邪行罪。
一於非境。謂他所護。或母或父或父母親。乃至或夫所守護境。
二於非道。謂設己妻口及餘道。
三於非處。謂於制多寺中迥處。
四於非時。謂懷胎時。飮兒乳時。受齋戒時。
有説。若夫許受齋戒而有所犯。方謂非時。

既不誤言亦流至此。若於他婦謂是己妻。
或於己妻謂爲他婦。道非道等但有誤心。
雖有所行而非業道。
若於此他婦作餘他婦想行非梵行。有説。亦成加行受用時並於他境故。有説。
如殺業道不成加行。究竟時前境各別故。

苾芻尼等如有戒妻。若有侵[夌*欠]亦成業道。
有説。此罪於所住王。以能護持及不許故。
若王自犯業道亦成。故前所説於理爲勝。
已辯欲邪行。
  1. 2010/10/16(土) 06:02:05|
  2. 未分類

Dr. Kitada gives a talk on Baul at Hiroshima Uni.

【公開セミナー】南アジアの遊行芸能者の世界―ベンガルのバウルにおける
思想と実践

第1回バウル研究会、科研・宗教紛争の比較研究・第5回研究会共催

【日時】2010年10月16日(土)13:00 PM ~17:00 PM

【場所】広島大学・大学院国際協力研究科1階 小会議室

【発表者】北田信(東方研究会)「秘密の宴―古ベンガル語の仏教修行歌集とバウル」

     村瀬智(大手前大学)「バウルの秘密の儀礼」

【コメンテーター】中谷哲弥(奈良県立大学)

   Prof. Madhumita Chattopadhyay(Jadavpur University) 

【コーディネーター】外川昌彦(広島大学)

【問い合わせ先】〒739-8529 東広島市鏡山1-5-1 広島大学・大学院国際協力研究科
  1. 2010/10/13(水) 08:10:50|
  2. 未分類

Baul in Tojinmachi, Fukuoka

baul 022


「アジア」を謳う割には,実際には,アジア関連では催しも少なく関心も低い福岡ですが,今回は,なんと3日間連続公演.

日曜のこの時間に人が来るのでしょうか?

と思いきや,会場はほぼ満員.

100名は軽くいたでしょう.

年配の方が多かったような印象です.

終了間際,隣に座られた老婦人も大満足の様子.

「よかったわー」を連発.

そして,なぜか私に向かって

「あなた,どこの国から?」

「・・・・」

どうやら,私が外国人に見えたようです.

「香椎からです」

と答えておきました.(カーシー国とは思わないでしょうし.)

会場にはアジア美術館の学芸員の姿も発見.

開演は,最終日である日曜の時間のため4時から.

終了間際に入ってこられたインド人婦人(プラス日本人二人)がいらっしゃいました.

どうやら,土曜日のスケジュール(6時開演)と間違われたのでしょう.

とはいえ,終了間際は大いに盛り上がったので,それはそれで,失うものは少なかったでしょうが.

amma54

Amma, a South Indian restaurant in Nishijin.

終了後は,一駅向こうの西新.

ベンガルワールドからタミルに移動.

南インド料理を堪能.

流れる映像は,Rajni Kanthの最新映画Robot.

お馬鹿な内容に馬鹿受けしました.

時々,映像にハエが飛んでいました.

おそらく,動画のネタ元は,映画館で違法に撮影したものでしょうが,その映画館の上映中に,カメラレンズの前か中かを,ハエが飛びまわっていたのでしょう.

むかし,ケーララで『ロミオとジュリエット』を見たのですが,その時も,デカプリオに「ロミオー」とか言ってる最高のシーンで,ハエが元気に飛び回っていました.

最後は,映像技師が,レンズに手をぐりぐりいれて,ハエを出してましたが.

その時は機械の調子も悪かったらしく,二回も止まった上に,上映15分後に,結局また最初から見させられました.

停電で止まったくらいでは,普通,誰も怒りません――というか,むしろキャーキャー言います――が,さすがにこの時は客もブーブーでした.

Cf. their website 「バウルの唄」.

cf. also YouTube, Narayan Chandra Adhikary

  1. 2010/10/10(日) 23:10:12|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する