Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

Yokokan Garden, Fukui city

養浩館庭園34908345
スポンサーサイト
  1. 2012/04/30(月) 20:09:40|
  2. 未分類

A wedding party in Fukui

披露宴で福井へ

福岡→新大阪→福井

サンダーバードはなかなか快適です

福井2012 095

宴は180人ほどはいたでしょうか

福井駅の真前の便利な場所でした

大学時代の恩師のスピーチや寺関係者のスピーチなどなど


福井2012 297

中盤を過ぎたころに,ビデオレター

なんとハンブルクから張本さんが登場

ハルにディワーカルからも祝福のメッセージ

ハンブルクでアクルジュカル先生がガストプロフェッサーのころ,みなで読書会をしたのを思い出しました

シュローカヴァールッティカにタットヴァサミークシャーを読んだ記憶があります

福井2012 281

それにしても,さすが神出鬼没の張本さんです
  1. 2012/04/30(月) 20:01:36|
  2. 未分類

印哲新歓

Biminan4209856w435023047891234123432453543


西新ビミナンにて

山口さんも後から合流

全員揃うと,それなりに大所帯です

食後,厨房からの強烈なスパイス臭に,全員がむせこむ事態に

何かと思ったら,印度人コックたちのマカナイのチャナマサラ調理の強烈な香りでした
  1. 2012/04/27(金) 21:37:46|
  2. 未分類

旧M邸下のギリシャ料理

Wien2012April 165

研究所から一つ手前のロックスガッセ駅

旧M邸下のギリシャ料理

月曜日夜は簡単なレセプションのあと,近くの店で歓談

その後,シュタインケルナー教授,クラッサー教授をはじめとする一群が食事へ

近くのギリシャ料理に

しかし,初日夜,時差による猛烈な眠気が襲ってきます

ここはぐっと我慢して回避・帰宅

早々に帰って寝る算段

ホテル近くのBillaスーパーにてサンドイッチと水でも買おうと入ったところ

到着したばかりの桂先生に遭遇

一時間ほど桂先生と歓談

相変わらずお忙しそうです

日本の仕事を色々と抱えたままウィーン到着とのこと

にしても,シュテファンス裏のBillaで遭遇とは意外でした
  1. 2012/04/22(日) 22:59:25|
  2. 未分類

チャリヤーギーティ

Wien2012April 160

こちらは大学のほうのインドロギーの催し物
  1. 2012/04/22(日) 22:25:46|
  2. 未分類

カーレンベルク



午前のセッションを1:30で終えて昼食

3時頃に出発

ヌスドルフから歩行開始


WienApoha4019854323

遠くに見えるカーレンベルクまで上る予定でしたが,お疲れ組は途中のホイリゲで休憩

若干肌寒い感じですが,ロケーションは最高です

WienApoha304984563


残りの体力組は上まで上って戻ってきていました

ウィーンのエクスカーションというと,ダルマキールティ学会を思い出します

今回は迷うこともなく無事に最終地点のホイリゲに到着

Schuebel Auer Heurigerにて全員集合

Wien2012April 149


シュタインケルナー先生,桂先生,

そして研究会には不参加のティレマンス先生の姿も

Wien2012April 154
  1. 2012/04/22(日) 22:17:36|
  2. 未分類

読了打ち上げ

五日間の研究会を終えて,無事に,金曜日の午前セッションで読了

その後,若干の打ち合わせ会議

WienApoha523098542

昼食後のまったり休憩の後,広大軍団+αでアイス屋へ

Wien2012April 170

広大はM1も研究会自主参加

気合が入っています

はじめてのウィーン一週間滞在で見たものは,毎日のホテル・研究所の地下鉄往復風景,プラス若干,だそうです

Wien2012April 183

現地滞在組とも久々の歓談
  1. 2012/04/22(日) 21:54:42|
  2. 未分類

ウィーンでのアポーハ研究会

アポステルガッセにあるアカデミーでのアポーハ研究会

WienApoha21-095234

連日朝から晩までのハードなスケジュール

そのおかげで,予定通り,アポーハの2テクスト(Kataoka 2008, 2009)読了

WienApoha5039485342412
  1. 2012/04/22(日) 21:35:57|
  2. 未分類

Apoha Workshop in Vienna

Apoha Workshop

Vienna, 2012-04-16 Mon to 2012-04-20 Fri

Organized by Patrick Mc Allister (IKGA, OeAW, Vienna)

Kei Kataoka 2008 “A Critical Edition of Bhaṭṭa Jayanta's Nyāyamañjarī: The Section on Kumārila's Refutation of the Apoha Theory”. In: The Memoirs of the Institute of Oriental Culture 154 (Dec. 2008), 212–182.

http://hdl.handle.net/2261/22140

Kei Kataoka 2009 “A Critical Edition of Bhaṭṭa Jayanta’s Nyāyamañjarī: The Buddhist Refutation of Kumārila’s Criticism of Apoha”. In: The Memoirs of the Institute of Oriental Culture 156 (Dec. 2009), 498–458.

http://hdl.handle.net/2261/32424
  1. 2012/04/11(水) 19:48:39|
  2. 未分類

Bimi Nan in Nishijin: a Kerala cook

Bimi Nan 001
Bimi Nan 004

ビュッフェの内容は

1.ほうれん草チキン
2.卵
3.チャナ
4.サンバル

そして,コーヒーかと思ったポットに,ひそかに,ラッサム

あやうく見逃すところでした

それに,サラダ,ごはん,ナン,ヨーグルト,ドリンク各種(含むチャイ)

これで945円

比較的すいているので焦ることなくゆっくりできます

ケーララコックがよく外に出るので何かと思ったら,ニコチン補給でした
  1. 2012/04/08(日) 23:42:44|
  2. 未分類

New term

NajimaSarasvatiTemple123983

今年は入学シーズンに合わせての桜

あいにく強風の日が続いています

小林君の訪問に合わせて学内の桜の下で清談,印哲談義

近くには,音が響く板場を利用してタップを練習する学生の姿も

暗くなり肌寒くなってきたので,近くの広島風お好み焼き「広島選抜」に退散

広島出身の小林君も,久々の広島風お好み焼きだったそうです
  1. 2012/04/06(金) 18:31:33|
  2. 未分類

文学部入学式オリエンテーション

4月4日の入学式後の文学部オリエンテーション

文学部オリ041927

引き続いて研究室訪問

インド哲学史に興味あり,という新一年生が意外に多く,対応に追われました

新二年生と学部生の活躍により,無事終了

  1. 2012/04/06(金) 18:17:07|
  2. 未分類

印哲新歓予定

FCBG304894w3q2


本日は新2年生のオリエンテーション

4人の新2年生を迎えての新歓は

2012年4月26日(木)5限後の予定です

  1. 2012/04/03(火) 21:26:22|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する