Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

西日本印仏研

西日本印仏研のいいところといえば,あらかじめ原稿が用意されていることです.

もちろん,ぎりぎりまで完成していない場合もあるので,人によりけりですが,今回は,全ての原稿が事前に参加者に配布されています.

それぞれ,博論レヴェルともなると,事前の予習なしに理解するのは難しいものばかりです.

ダルシャナの場合,特に,内容が込み入っているので,25分の発表のその場で理解するのは困難です.

したがって,事前予習の時間が与えられているのは助かります.

中須賀さんのものは,彼女がずっと追いかけているadhyavasaayaやsamaaropavyavacchedaの問題.

今回はカルナカゴーミンの解釈に関してです.

焦点が絞られているので,問題がはっきり見えてきます.

壺を(無分別に)知覚した後に,「壺だ」という知覚判断,つまり,有分別知が生じてきますが,この有分別知の働きがアポーハ的には何なのか,という問題です.何かを排除しているのか,という問題です.問題の詩節に関しては,彼女が既に前稿でも簡単に記していたように,注釈者によって解釈が微妙に異なります.

したがって,誰がどのような解釈を提示しているのか,そして,その背景にある意図や動機は何なのかを細かく見ていく必要があります.

カルナカゴーミンだけに注目する研究というのは,なかなかなかったでしょうから,貴重です.

単にシャーキャブッディの受け売りでないカルナカゴーミン独自の事情というものが透けて見えてきそうです.




石村さんの論考は,やはり彼がずっとここ最近追いかけている「既知性」の問題です.それのスチャリタによる解釈の問題.

クマーリラ研究は,クマーリラ自体の研究も全然これからですが,ましていわんや註釈者の研究となると,まだまだ手つかずの領域が果てしなく広がっている感があります.

石村氏も,出版本によりながらも,写本もチェックしてカーシカー註に取り組んでいます.

中須賀さんのカルナカゴーミン研究もそうですが,石村さんの場合も,スチャリタという岸壁に素手で登らないと行けません.

何の助けもなしに独力で,サンスクリットの崖をよじのぼる力がないと無理な作業です.

素手で(つまり,先行訳や註釈やチベット訳の助けを借りることなく)サンスクリットを読みこなす力がないと,こうした文献には取り組めません.

結局,サンスクリット読解の実力が問われることになります.

しかも,ちょいちょい,文献批判テクストクリティークに関わる問題が出てきますので,写本をチェックしながら進める必要があります.

素手で読んでいてどうしても読めない箇所というのは,やはり,数カ所はでてくるものです.

そんなとき,問題解決をする能力・経験が問われることになります.

事前配布の資料において,石村さんは,分からないところは分からないものとして明示してくれていますので,何が問題なのか,読者にも見えやすくなっています.

難しい所というのは,誰にとっても同じです.初心者にとって難しいものは,往々にして上級者にとっても難しい.

そこに問題が潜んでいます.

したがって,何が問題なのかを明示することは,読者のことを考えた場合にも,非常に重要なことです.

誠実さということが,文献を研究する場合も必要になります.

で,肝心の中身ですが,要するに,既知性というのは,壺を(いろいろな方法で)認識したときに,その壺の上に生じる〈既知性〉のことです.ミーマーンサー学派では,認識を行為と考え,既知性を,その行為の結果と考えます.つまり,認識するという作用を通じて,壺の上に既知性が生じると考えるわけです.この認識作用・認識行為そのものは非知覚対象であって,anyathaanupapattiによって事後的に想定されるものです.つまり,この壺が知られたという既知性が,認識作用がなければありえないという「他様では説明がつかないこと」によって,認識作用があったはずだと後から想定されるわけです.

今回石村さんが取り上げる箇所は,スチャリタによる説明の中でも,特に,「他の仕方では既知性がありえない」という箇所の説明部分です.

つまり,既知性が生じてくる過程として,いろいろな他の仕方を可能性として提示して,それをいちいち潰すことで,anyathaa na upapadyateということを確認するわけです.
つまり,他の可能性をいちいち潰していくこと,がスチャリタが行うメインの作業となっています.
いかにも註釈者らしい仕事です.

認識行為以外には既知性の原因はありえない,ということを言うために,それ以外の可能性をいちいち否定するわけです.




タイトルだけ見た時には何をやるのかちょっと予想がつきませんでしたが,意外に直球勝負だったのが志田さんの原稿.

彼がずっと取り組んでいるスチャリタの音声常住論の中で出てくる問題に,アビダルマの択滅が関わってくるという話です.

無為なるものは,アビダルマにおいて,例外的に常住です.つまり,諸行無常と言われるように,有為は無常ですが,逆に言えば,無為は無常ではないわけです.常住ということになります.

したがって,有部アビダルマで言う三種の無為のうちの,例えば,択滅pratisa.mkhyaanirodhaも常住ということになります.

音声常住論では「意志的努力の直後にあるものは無常だ」という論証が問題となります.

ここで,クマーリラは,「意志的努力の直後にあるからといって無常とは限らない」という逸脱例として,pratisa.mkhyaanirodhaを持ち出してきます.

ここでのクマーリラの「択滅」解釈は,若干,歪曲が働いているようです.意図的なのか,あるいは無知なのか,いずれなのかは判然としません.

志田さんは,最終的にこのクマーリラの解釈を取り上げます.

スチャリタや周辺から遡行していく系の研究です.

いろいろなところに問題が波及しているので,結構,面白い問題です.

シャーンタラクシタとカマラシーラも取り上げています.

クマーリラの曲解なのか,単なる誤解なのか,面白い問題です.

果たしてクマーリラは,どの程度精確にアビダルマを知っていたのでしょうか?
スポンサーサイト
  1. 2015/07/26(日) 08:58:01|
  2. 未分類

第26回西日本インド学仏教学会学術大会(於:広島大学)

恒例の7月末の西日本印仏研.
ことしの主催校は広大,担当は根本准教授です.
発表者が多い割に,ちゃんと発表+質疑の時間も確保したためでしょう,12時開始と早くなっています.
(間違って1時に来る人もいるでしょうけど.)
結構はやめに福岡を出ないと中須賀さんの発表に間に合いません.
広島駅でお好み焼きを食べる暇はなさそうです.

田村さんのは既に大御所感漂わせるタイトルで,楽しみです.
バーヴィヴェーカ(清弁)に関する研究動向に今一番よく通じている人から,このような内容を聞けるのは貴重な機会です.
志田さんのは変化球なのか直球勝負なのか,予想がつきません.

にしても,最近の若手はみんな真面目によく勉強し,かつ,ちゃんと発表も数こなしてますねー.
しかも,いずれの方も英語論文にも積極的ですし.
ハードルがあがると,ひとの仕事能力も高まるということでしょうか.
全国一斉競争になる学振DC,PDという餌の功績は大きいでしょう.
土壌条件の厳しい中で美味に育つ徳谷トマトを思い出しました.

白石浜 067





西日本インド学仏教学会



日:2015年7月25日(土)
時:12:00開始

発表会場:
広島大学文学部大会議室(1階)
東広島市鏡山1-2-3(東広島キャンパスです。広島市の千田キャンパスではありません)


プログラム

7月25日(土)
11:30受付開始

研究発表(発表20分、質疑15分)

12:00-12:35
中須賀美幸(広島大学大学院)
カルナカゴーミンのPramāṇavārttika I 48解釈

12:35-13:10
髙橋健二(京都大学大学院)
Wavering Qualifications of Manas in Creation Accounts in Early Sāmkhya Sources

13:10-13:45
青原彰子(広島大学大学院)
『静慮無色定大論』「止観」の節における作意と捨

13:45-14:20
田村昌己(広島大学大学院)
バーヴィヴェーカ研究の現状と課題

14:20-14:55
石村克(広島大学大学院)
霊魂の対象認識作用の存在が要請される理由について ---スチャリタ・ミシュラの見解を中心に---

14:55-15:10 Tea Break

15:10-15:45
斉藤茜(日本学術振興会特別研究員)
文法学派言語理論における音(nāda, dhvani)の役割と分類

15:45-16:20
友成有紀(日本学術振興会特別研究員)
asādhuśabdaはavācakaか?

16:20-16:55
山崎一穂(日本学術振興会特別研究員)
Gopadatta の仏教美文作品における〈直喩〉について

16:55-17:30
志田泰盛(筑波大学)
択滅無為の粗大消滅的解釈について

17:30-18:05
北野新太郎(九州大学)
初期唯識文献における grāhya-grāhaka-bhāva の問題点

18:05-18:20
総会
  1. 2015/07/19(日) 06:45:18|
  2. 未分類

日本印度学仏教学会 第66回学術大会(高野山大学)

9月の高野山でのインブツケン.

10部会もあると同時並行であれこれとあります.

興味あるものも色々とありますが,身体はひとつ,ごくごく限られた範囲しか聞けないでしょう.

日本印度学仏教学会
第66回学術大会
会期 2015年 9月 19日 (土) - 9月20日(日)
会場 和歌山県伊都郡高野町高野山:385
高野山大学
日本印度学仏教学会

初日はダルシャナ関係.

9月19日(土) 9:00-12:00
1.生死に流転する身体一古典サーンキヤ体系における輪廻主体考―近藤 隼人(東京大学大学院)
2.ジャヤデーヴァの言及する"samsargamaryada" 岩崎 陽一(東京大学大学院)
3.『ヴィヨーマヴァティー』における時間の知覚説 渡遺 眞儀(東京大学大学院)
4.語形論とスポータ理論―認識論における普遍観について― 斉藤 茜(日本学術振興会特別研究員 PD)
5.マドゥスーダナ・サラスヴァティーの文献に見られるブラフマンとヒラニヤガルパの関係
眞鍋 智裕(早稲田大学非常勤講師)
6.Madhva、および Jayatirthaの Pasupata批判一Brahmasutra 2.2.37-40に対する Dvaitaの回答一
池端 惟人(京都大学非常勤講師)
7.『パガヴァッドギーター』II.1の解釈をめぐって 加藤 隆宏(東京大学助教)
8.シヴァ派再認識派写本の欄外註について 川尻 洋平
(筑紫女学園大学人間文化研究所リサーチアソシエイト)
9.シャンカラ派における信(sraddha)の概念とその意味 澤井 義次(天理大学教授)


9月19日(土) 午後の部(13:20-16:00)
1.『唯識三十煩』第21偈 cd句の安慧釈の竹村訳は本当に「誤訳」なのか? 北野新太郎(九州大学非常勤講師)
2.ヴィヨーマシヴァとシュリーダラの系那滅論証批判一その批判の対象と批判の論点一
酒井 真道(関西大学准教授)
3.Hetubinduに見られるジヤイナ教徒の見解 志賀 浄邦(京都産業大学准教授)
4.存在否定命題をめぐる仏教とニヤーヤ学派の対立 渡辺 俊和
(オーストリア科学アカデミーアジア文化・思想史研究所研究員)
5.ダルマキールティの討論とニヤーヤ学派の応答 佐々木 亮(早稲田大学非常勤講師)
6.ダルマキールティによる帰謬の例証(Pramanaviniscaya 3,p.4)について
吉水千鶴子(筑波大学教授)
7.ダルマキールティ年代論の追加資料 木村 俊彦(四天王寺大学名誉教授)
8.直接知覚(現量)と超能力(神通) 村上 真完(東北大学名誉教授)

二日目は自身の発表も含めて仏教論理学部会.ディグナーガとアポーハがなぜか盛り上がっています.

9月20日(日) 午前の部(9:00-12:00)
1.ディグナーガによるサーンキヤ知覚説批判の特徴一その批判方法を中心として一
吉田 哲(龍谷大学講師)
2.0n Dignaga's Chinese Names 何 歓歓
(漸江大学教授、日本学術振興会外国人特別研究員(東京大学))
3.知の存在に基づいた普遍実在主張を巡る議論について 野武美弥子(早稲田大学非常勤講師)
4.『集量論複注』第4章研究の現状 桂 紹隆(広島大学名誉教授)
5.カルナカゴーミンの Pramanavartika I 48解釈 中須賀美幸(広島大学大学院)
6.アポーハ論におけるダルモーッタラのく2種の否定〉解釈 石田 尚敬(愛知学院大学専任講師)
7.ディグナーガによるアポーハ説の再検討 吉水 清孝(東北大学大学院教授)
8.アポーハの遍充把握一ディグナーガとクマーリラ一 片岡 啓(九州大学大学院准教授)
9.アポーハ論と名辞一否定名辞・複合語一 上田 昇(目白大学教授)

パネルは,同時並行で桂先生のディグナーガもあります.

下記は,サンダーソン教授ほかのパネル.

Mantramargaな高野山だけに密教は外せません.未定のタイトルTo be announcedが気になります.何になるのでしょう.

9月20日(日) 13:40-16:10
パネル発表B (本館403教室) テーマ:
How Did Tantras Establish Their Authorities? Relationship between Tantras andTraditional Religions
代表:種村 隆元(大正大学特任准教授)

1.パネルの趣旨説明 種村 隆元(大正大学特任准教授)

2. Sakta-Saiva and Buddhist Tantric Strategies of Acceptance AlexisSanderson
(オックスフォード大学教授)

3. Sunya in Saiva and Buddhist Tantrism 苫米地等流(一般財団法人人文情報学研究所主席研究員)

4.TBA Harunaga Isaacson
(ハンブルグ大学教授)
  1. 2015/07/13(月) 07:29:45|
  2. 未分類

received: Kengo Harimoto: God, Reason, and Yoga

KengoHarimoto.jpg


p. iii
books > book

p. v
Tillman > Tilmann

p. vi
the Kyoto > Kyoto

  1. 2015/07/04(土) 19:06:06|
  2. 未分類

テクストへの寄り添い方

テクストを研究するにも色々なアプローチの仕方があります.

1.写本蒐集
2.校訂
3.翻訳
4.思想史再構成
5.思想研究
6.比較

などというのが文献に対する主な作業です.

インド哲学の場合,多いのは,5です.

そもそも,思想をやりたくてやっている人が多いので,「何が説かれているのか」に興味があるわけですから,当然,テクストに書かれていることを理解して,その思想を解きほぐす,ということになります.

クマーリラはこう言っている,マンダナはこう言っている,ガンゲーシャはこう言っている,という研究方法です.

ガンゲーシャが定義にこのような語を加えたのは,このような可能性を取り除くためだ,というようなアプローチの仕方です.

著者の意図に迫るわけです.

意図に迫ろうとすると,どうしても,動機や背景を知ることが必要になってきます.

それで4の作業が必要になってきます.

まず必要なのは,テクスト間の関係を明らかにすることです.

影響関係です.

著者がいかなるテクストを学んで,それを受けて(ポジティブにあるいはネガティブに)書いているのか,そのことを明らかにする必要が出てきます.

つまり,「何を説いているのか」に,「どうして(このような説を)説いているのか」という視点が加わってきます.

インド哲学の場合,著者の社会背景についてはあまりにも手がかりがなさ過ぎるので,社会背景から攻めるのが有効な方法となることは少ないでしょう.

ジャヤンタのように,同時代の王様との関係が明らかで,しかも,住んでいたところまで明らかというのは例外で,普通は,シャバラやクマーリラ,スチャリタやヴァーチャスパティのように,どこにいたのか,どの時代にいたのかも,細かいこと,はっきりしたことはよく分からない,というのがほとんどです.したがって,テクストそれ自体から,他のテクストと比較しながら背景を探るしかありません.

最も重要なのは,ネタ元を明らかにすることです.Aというテクストの情報源になっているXを明らかにする作業です.

X⇒A

手堅い研究が概念史研究です.

石村君の今回の研究がまさにそのような研究でした.「既知性」について,その流れを最初から最後まで追うこと.

クマーリラ→ウンベーカ→スチャリタ→パールタサーラティ→チダーナンダ

といった流れを追うことで,その発展・変化,また,背景にある動機が見えてきます.

さらに,自派の流れに他派からの批判が加わると,より立体的に思想史の展開が見えてきます.

つまり,A→B→C→Dだけでなく,それとパラレルな他派からの批判を加えて眺めて見るわけです.

A→A’→B→B’→C→C’→D→D’(チトラカーヴィヤの「牛の小便」みたいな,じぐざぐのイメージです.)

異なる学派のテクストを扱うのは,慣れない領域に足を踏み込むことになるので,結構難しいものです.

特に,ミーマーンサーのように,バックグラウンドにヴェーダの祭事哲学があると,門外漢には,その意図をつかみかねることがあるでしょう.

ミーマーンサー文献に手を出す人が少なかったのは,そのような専門性の高さも一つ原因があるようです.




このような作業の必要性というのは,あらゆるジャンルのテクストにあてはまります.

朝八時からタントラ部会.

まずはシャーマン.

ドミニクによる代読.

ブラフマヤーマラとデーヴィープラーナの関係について.

直接ではなく,間にサーラを挟んでいるとのことです.

つぎはユーディット.SYM他におけるサプタマートリカー(7母)について.

ここでは,文献だけでなく寺院に残るイメージも資料として加わります.

杉木さんは,キャンセル.

余り時間を利用してユーディットへの質疑応答が延々と続くことになりました.

つぎにスローバー.

やはり,マンジュシュリヤムーラカルパは楽しいテクストです.

雑多な情報が色々と入り込んでいるので,ネタ元探しをやるには実に楽しいテクストです.

今回は,マンジュシュリヤムーラカルパにおけるガールダ系(蛇毒除去儀礼文献)の情報についての精査.

テクスト間の比較対象はマントラやイメージ,さらに,類似表現になります.

ピーターもキャンセル.

代読はユーディット.

休憩を挟んで,シャルマ.

マートリサドバーヴァの文献史.

タントラ儀礼マニュアルの文献史も面白い分野です.

しかも,現代のケーララやタミルの寺院儀礼とも直結するので,ますます楽しい分野です.

ブラフマヤーマラからブラフマヤーマラプラティシュタータントラの二つの系統の写本,そして,その二つを参照したであろうマートリサドバーヴァ,そこからシェーシャサムッチャヤの7,8,9章という寺院儀礼マニュアルの一部,さらに,そこから展開してくるルルジッドヴィダーナプージャーパッダティという儀礼マニュアル(パッダティ).

しかも,現代行われている儀礼と比較することで,その儀礼が実際にどのマニュアルに基づいているのかが,(儀礼を実際に執行している人の主張とは独立に)判明することになります.(いずれも未出版資料ばかりなので,写本を集めるところからやり始めることになります.)

続くAjithan P.I.も,同じくケーララの寺院儀礼マニュアル.同じ文献.

質疑応答はかなり盛り上がっていました.

寺院を管理・儀礼を執行するある司祭集団の社会的な位置づけ,他の集団との関係や棲み分け,ある集団自身が主張するアイデンティティーなどなど,興味は尽きません.

しかも,地元のインド人研究者にとっては,自分のカースト集団とも関係してきますから,相当にホットなトピックです.

熱の入った部会でした.




日本語ランチをしていると,空いた席にロシア人女性.体型は標準です.

寿司ロールや貝やエビの海鮮山盛りだけで相当びっくりしましたが,それが終わると,サラダ山盛り,それが終わるとヘビーなステーキ,それが終わると山盛りスウィーツ,といった具合で,ものすごい量を食べていました.私の胃袋だと4回分.ロシア人,侮れません.しかも,がっつくといった風では全くなく,ナイフとフォークで実にお行儀良く綺麗に盛って,綺麗に食べていきはりました.よーたべはりますな.




同時並行で色々と興味ある発表があっても,身体は一つ,聞けなかったのが残念です.

NHKオンデマンドみたいに見逃した番組が見られたらいいのですが.




イタリア人と歓談していると向こうから寄ってくるインド人.

「お前の発表はよかった」

と褒めてくれます.何をやっているのかと質問すると「考古学」とのこと.

歴史の掘り起こし・発掘という点では,やっていることは同じ,通じるところがあったのでしょう!

「アルケオロジー」という単語は全く予想していなかったので最初理解できず,隣にいたイタリア人が聞き取ってくれました.




アジア系で似たような顔や眼鏡をしていると間違えられることも多いようです.

ChとMも同系統.

Chは,しょっちゅう間違えられたそうです.

しかし,こっちは長髪,あっちは全そりの丸禿.

えらい違いです.

張本さんとそんなことを話して笑っていたら,或る知り合いは,おおぼけして,A先生とD先生を取り違えて挨拶,全然分野の違うひとに自分の資料一式を贈呈てしまったそうです.(というか,どうも,初日から完全に取り違えてしまっていたらしい,とのこと.)

A先生も,なぜ,分野の違う人から資料一式を渡されたのか分からなかったことでしょう.

しかし,さすがA先生,少ししてから著書をお返しにくれたそうです.(知り合いも「なぜD先生がA先生の本をくれるのか」とその場では理解できなかったそうですが,後から自分の間違いに気がついたとのこと.)

学会ではよくあることです.

むかし,学会の懇親会で「〇井先生(東大教授),お久しぶりです」と頭を下げている東大の院生を見たことがあります.頭を下げている相手はO川先生(広大教授)でした.
  1. 2015/07/02(木) 08:34:37|
  2. 未分類

WSC火曜日

朝八時から哲学部会.

Yoichi Iwasakiさんは,ナヴィヤニヤーヤにおけるヴェーダの定義.

Mahajanaparigrahaなどが問題となっていました.

つづいて,Patrick Mc Allisterは,プラジュニャーカラの知覚と推論.

ビルギットは,ダルマキールティによるチャールヴァーカ説批判.

Hisayasu Kobayashiさんは,プラジュニューカラのbadhakapratyayaについて.

SVにおけるniralambana関係資料も使用.

Shinya Moriyamaさんは,プラジュニャーカラにおけるupalabdhir eva sattaaの理解.

最後はブロンクホルスト教授.

ジャインにおけるdivyadhvaniについて.

ミーマーンサーにおけるヴェーダの観念が重要な役割を果たしているとのこと.

休憩を挟んで,カーヴィヤ部会に移動.

ダニエルは,ムクラバッタのAbhidhavrttimatrikaとマンマタによる批判.

ラクシャナーについて.

午後は,タントラ部会.

アンドレアは,カールカについて.

カーラカという読みも,もとは,カールカだった事例があるようです.

つづいて,ドミニク.

こちらは,カンボジアの碑文.

普通の読みとシャイヴァ読みのシュレーシャのカーヴィヤ事例.

kaantaは,通常の「愛しい」と,あとは,マントラを予想したka-anta「kaで終わる」というような具合です.

unmanaaというシャイヴァのマントラを予想したシュレーシャでした.

navaは,容易に分かるように,「新しい」と「九」.

フロリンダはシヴァダルモッタラ関係コーパス.

さいごのPatricia Sauthoffは,Chommakaaについて.

休憩を挟んで,ヴァイシュナヴァ部会に移動.

エリーザが司会.

ラリーは,ヤームナ,ラーマーヌジャ,ヴェーダーンタデーシカ(ヴェンカタナータ)による神観念の変遷.

シュリーラタラーマンはキャンセル.

最後は,マルクス.

こちらは,ヴェーダと神の関係.

やはり,ミーマーンサー的な観念をできるだけ守りながら,なおかつ,神を認めるというところが戦略のようです.

残り30分は,あれこれと質疑応答.

きょうも,朝は八時から,終わりは六時まで.

長丁場でした.




マティアとケンゴの企画で,Asiatiqueに移動.

サイヤムからサパンタクシン.そこから渡船でアジアティークへ.

30人で一緒にディナー.

ドイツ,スイス,フランス,日本に囲まれてのタイ料理でした.
  1. 2015/07/01(水) 01:43:38|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する