FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

kaesemaatra



「チーズ撮ってもいいか」

「いいよ」

で、ポーズ撮ってくれたので、人も。

チーズだけを撮るつもりでしたけど。

すごい感じの良いにいちゃんでした。

「一緒に撮るか」

とも言ってくれました。

が、ナイン、ナイン。

パルメザン、100で2.69ですか。安い。
スポンサーサイト



  1. 2017/09/26(火) 01:28:22|
  2. 未分類

samaaptih



朝から集中.

良い調子で進みました.

なんとか目標箇所まで読了.

ちかくでシュタインピルツのタリアテッレ.
  1. 2017/09/24(日) 23:11:24|
  2. 未分類

カルメリターマルクト



研究所に行く途中のカルメリターマルクト.

土曜日の今日は市が立っていました.

野菜,果物,肉のほか,チーズ,蜂蜜,ワインなどなど.

きょうは珍しく午前は秋晴れ.
  1. 2017/09/24(日) 04:59:22|
  2. 未分類

pinda





現在,研究所にいる日本人四人(M,W,K,S)と、アウガルテン近くで会食。
  1. 2017/09/24(日) 04:54:37|
  2. 未分類

クロディノ



Crodino

ソフトドリンクです。
  1. 2017/09/22(金) 17:04:31|
  2. 未分類

⭕️△◻️




午前・午後,みっちりなので,昼は軽く.

近くのスーパーで何か買うか,あるいは,近場のTewaで軽食.

本日の日替わり定食のポレンタ.

あとは,タイガーテー.

ジンジャーの効いたマサラチャイでした。
  1. 2017/09/22(金) 07:59:04|
  2. 未分類

sambhasanam



所長女史と会食.

といっても,同年代なので気楽なものです.

わたしからのリクエストは「伝統的なオーストリアの店」.

ということで,向こうからは「では,自分が行ったことのあるモダンな店と,行ったことのないけど良いらしい昔ながらの店と,どっちが良い?」とのことなので,昔ながらの店に.

彼女も行ったことない店.しかも,研究所の界隈.

クリミナルムゼウムの近く.

何の変哲も無いレストラン,というか,居酒屋です.

客は100%地元おやじ.しかも,かなり年代上.ほとんど50歳台以上.煙草の煙むんむん.いまどき珍しいところです.

しかも,すべて常連.

ディープでした.

隣にたまたま座った人が,彼女が25年ぶりに会うチベット民俗学者.

大昔に習ったそうです.いやはや,ウィーン,狭いです.

居酒屋にありがちですが,あれこれとテンションあがって,長居してしまいました.

18:30から22:30まで.

帰ろうとしたら,店主が「xxxxx飲んでく?」.

食後酒のようです.

店主と三人で小さいグラスを乾杯.

養命酒みたいな薬用酒でした.

食べたのはグーラシュとパン。

そもそも、飲み屋なので、食事はグーラシュ一択の感じでした。

あとは、ビールに白ワインのグリューナーベルトリーナー。

グーラシュ、スパイスのないパキスタンカレーと考えれば、まあ、カレーの一種です(?)。

パンつけて食べれるし。

そして,なぜか店にはスプーンがない。

野菜は何も入ってないです。

この界隈も、昔は汚い貧乏地区だったそうです。

それが今では、お洒落な店も増えて家賃も上がって。

70年代を彷彿とさせる,この手の親父溜まり場酒場(日本で言えば赤提灯)も,昔は20軒あったのが、たった2軒になったとのこと。

福岡も、天神近くは、路地裏も,どんどん再開発されてますから。

どこも同じです.

今時はどこも禁煙か分煙ですが、ここは、入り口近くのスペースは、みんなくゆらせてました。

おかげで、シャツもズボンも臭いが、、、。

今後の共同研究の可能性など、つらつらと談笑。
  1. 2017/09/22(金) 07:57:34|
  2. 未分類

yatheccham diyeta





寄付制のパキスタン料理屋。

シンプル味。

辛味なし。

食べやすい。

肉のほぐれた緑カレー(ビーフ)もダール豆も最高。

スウィーツもゼアグート。

いつも一杯なのは、毎日でも食べられる味だからでしょう。

すぐに一杯になるので相席に。

ライプチッヒから2日だけウィーンに来た女子大生3人でした。

「ウィーンのなまったドイツ語、コーミッシュ」だそうです。

後から地下を見たら、結構スペースありました。

一階と半地下と地下。

半地下がキッチン。

昼から夜まで学生で賑わってます。

夜は22:30まで入店可能。

厨房の旦那さん、かなり、ハードワークだと思います。

顔、まったく笑ってなかったです。

飲み物(頼む必要はありません)は別オーダーで有料制。

客のし払いを受けるたびに渋い顔のおばさん、私の時はすごい嬉しそうだったので、たぶん、そんなに払う人はいないのでしょう。

よく12年ももたせたなー、と感心。

ここのスウィーツが、これまた、うまい。

3人のうち、痩せの子は「甘過ぎー」と言って手を出してませんでしたが、ぽっちゃりの子は、かなり盛ってました。

唯一、ヨーグルトのチャトニーだけ、かなり辛くしてあります。

知らずにかけた女の子、むせたあと、「ツーー、シャールフ」と言って、友達に食べてもらってました。
  1. 2017/09/22(金) 07:52:46|
  2. 未分類

adana-aadaanam



シリアケバブ6.9ユーロ。

シシトウと思って油断してたら唐辛子でした。

辛かったです。

涙目。
  1. 2017/09/19(火) 13:37:48|
  2. 未分類

asabdake

  1. 2017/09/19(火) 13:34:05|
  2. 未分類

karmeyattaa-markt



ちかくのカルメリッターマルクトにあるピザ屋.

繁盛してます.

結構な量です.

軽く済ませるつもりが重すぎました.
  1. 2017/09/19(火) 13:29:59|
  2. 未分類

ta eva vakyarthavagamakaranam

  1. 2017/09/19(火) 13:27:05|
  2. 未分類

padani→padarthah→vakyarthah



Of course, padani convey the vakyartha directry, say the Naiyayikas.

  1. 2017/09/19(火) 05:31:02|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する