FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

スリガネッシュ界隈



シュリーガネーシュ(スリガネッシュ)界隈。

京谷さんもたまに来るらしく、なぜかと言えば、近くに博多新劇座があるから。

チャンポン一本勝負の490円もあります。

なかなかディープな博多駅前エリア。

劇場から橋を渡ると「茶くら」の文字が。

チャクラかと思いきや、読み方は「さくら」でした。残念。

謝国明のお墓もあります。

このようなインターナショナルな人を見ると、国籍で分けるという概念それ自体が揺らいできます。

インド生まれインド育ちで、インド料理を日本で出すネパール語話者も然り。

国境を行き来しているグループの場合、インドかネパールか、という分け方そのものが、国で分けるとしっくりきません。

強いて言えば、インドのネパール語人ということになります。
スポンサーサイト



  1. 2018/09/14(金) 07:42:45|
  2. 未分類

Dカジャナ、スリガネッシュ、ダルバール



ランチ需要といえば、

昼休みにグループでも確実に入れる収容人数、
素早い提供、
大盛りあり、
お一人様用カウンターあり、
お得な持ち帰り弁当あり、

などの諸条件がありますが、その全てに対応しているのが呉服町のDカジャナ。

大衆中華料理屋なみに、でかでかと各種メニューの写真も貼ってあり、写真からでも食べたいものを即決可能。

近所の会社員、近所のマンション住人の需要に対応していく中で現在の形態に落ち着いたのでしょう。

前は、ワンコイン弁当の激安大盛りが売りでしたが、少し値段が上がりました。

しかし、2回分ほどもある量はそのまま。



米の量が多いので今日はナンに。ナンも巨大。Aランチ750円。ドリンク付き。



チャイです。コーヒーではありません。
  1. 2018/09/14(金) 07:24:32|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する