FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

アームナーヤマンジャリー

後期インド密教文献ワークショップ
―アバヤーカラグプタ作『アームナーヤマンジャリー』講読会―

第 1 部 2018 年 9 月 26 日〜28 日
一般財団法人人文情報学研究所(東京都文京区本郷・東大赤門向かい東京クリスタルビル 8F)
主催:筑波大学海外教育研究ユニット招致プログラム(人文社会系)
共催:科研基盤(C)「アバヤーカラグプタ著作の新出梵文資料校訂を通したインド仏教の学知形成
様態の解明」
ホスト: Harunaga Isaacson(筑波大学・ハンブルク大学)・苫米地等流(人文情報学研究所)

第2部 2018 年 9 月 29 日〜30 日
大正大学綜合佛教研究所(東京都豊島区西巣鴨・大正大学 3 号館 4F)
主催:筑波大学海外教育研究ユニット招致プログラム(人文社会系)
共催:大正大学学術研究助成金プロジェクト「教理・実践の統合化からみるインド密教史の構築」・
科研基盤(C)「密教の諸実践に通底する原理としてのアーヴェーシャ(憑依)の研究」・科研基盤(C)
「アバヤーカラグプタ著作の新出梵文資料校訂を通したインド仏教の学知形成様態の解明」
ホスト: Harunaga Isaacson・野口圭也(大正大学)・種村隆元(大正大学)・苫米地等流

2018 年 9 月 26 日〜30 日の 5 日間にわたり、ハンブルク大学の Harunaga Isaacson 教授(筑
波大学招聘教授)ご指導のもと、後期インド密教の最重要文献のひとつであるアバヤーカラグプタ
作『アームナーヤマンジャリー』を題材にしたワークショップを開催します。このワークショップでは、近
年中国から影印出版された『アームナーヤマンジャリー』サンスクリット・チベット語バイリンガル写
本にもとづく予備校訂テクストを用いた講読セッションを通して、後期インド密教の思想・実践体系
の総合的理解を目指します。ワークショップには、気鋭の密教研究者である Francesco Sferra 教授
(ナポリ大学)・Péter-Dániel Szántó 博士(オクスフォード大学)にもご参加いただく予定です。
スポンサーサイト



  1. 2018/09/29(土) 07:40:42|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する