FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

肖記







いつ来ても,ほぼ中国語人の若者客で占められている肖記.

マナーも良くて快適です.

隣客のしゅっとした若い男性が移動したなと思ったら,離れた空席に移動して喫ってくれていました.

よその店だと喫ってもない煙草の先をこちらに向けたまま,おしゃべりに興じる無神経な日本語人には結構でくわしますが,えらい違いです.

ちなみに,ネパール料理屋は,たいがい,若者(男性に限る)が,がんがん喫いまくっています.

男は吸うのが正義とでも言わんばかりの一昔前の日本の感じを未だ保っています.

煙草と言えば,マドラスに住んでいた頃.

ティルヴァンミュールまで行かず,ちょっと手前で左に折れて,しばらくいったところ.

バスを降りると,ちょうど,チャイ屋(コーヒー屋)の店先.

みなさん,タバコを一本単位で購入,そこに結わえられた縄でタバコに火をつけています.

だいたい,何人か,汗腺から濃厚な芳香を発した男ども(Gandhavanta.h)がたむろって,無心に喫っています.

はたして彼らの五官の刺激は,ダルマキールティよろしく,同時に起こっているのでしょうか?

ああいう日常風景があると,タバコも自然と定着するのでしょう.

バスを降りる行為と喫煙のanvaya.

喫煙者性をプラティヨーギンとする絶対無の基体である私はもちろん,コーヒー(コピ)のみを注文.

熱い中,ガラスからすする瞬間はプチ至福.

そして,三上さんは,お約束のように,「南インドはチャイがまずいからな」と,ぶーたれるのでした.

たしかに,その通り.

郷に入っては郷に従えで,おとなしくコーヒーを頼んだ方が,ほとんどの場合,正解です.bhuuyodar"sanaに基づきます.

さて,肖記の店内,かつては寿司屋だったのでしょうか,ネタケースが鎮座するカウンター席.

和の内装.

妙に落ち着きます.
スポンサーサイト



  1. 2019/05/05(日) 08:03:39|
  2. 未分類

マイティガル



テーブルの柿渋の色がなんとも落ち着く店内.

ダルバートセット.

カレーの選択は,マトンほうれん草.

ほぐし具合がなんともいえず食欲をそそります.

よくかかっているボブではなく,なにか変な(かなり音の外れた)日本語フォークが流れているなと思ったら,天神郵便局前でよく歌っている方のCDでした.

これかけますか.

マイティガル,まったり空間ですが,ものすごい角度から攻めてきます.

ちなみに,よくかかっているフォークのボブですが,わたしもマイティガルでしか聞いたことがありません.

当然,知っている人も,私の周辺ではいません.

ひとりだけ例外が.

マイティガルでの新歓の時.

2年生の進学を祝う会.

店内に,ボブの曲が.

その2年生曰く,「お父さんが好きでよく聞いてました」とのこと.

ボブを幼少から聞いているという人に初めて会いました.

マイティガルを最初から知っていた学生も初めてでした.

普通は,店にたどり着くのですら,初回だと迷うものですが.(二回目でも十分,迷いますが.)
  1. 2019/05/05(日) 08:01:04|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する