FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

Tabisuru kuuneru



よしおさん、インド旅行でOshoの話も耳に挟んだらしく、しばしOsho談義。

Oshoといえば、話題のドキュメンタリーがあります。

アレックスに前回カンボジアであったとき、英語人同士は、その話でしばらく盛り上がっていました。

単に時代の問題で片付けるのではなく、若者が何に熱狂し感動するのかという観点からも、興味深い事象です。

特に、60年代、70年代のインド哲学プロパーの西洋人の場合、入り方としてはヒッピーからが多いので、その点からも知っておいて損はありません。

もう1つの重要な入り方はラテンギリシャの古典語からの延長というもの。

全く異なる2つの潮流が混ざるところに、実は、少し前の西洋の狭義のインド哲学プロパーのエートスがあります。

日本の場合は、全然違います。

まずは仏教。

それに、戦後の喪失感、虚無感。

日本の狭義のインド哲学、仏教論理学、ダルシャナプロパー(特にプラマーナ論)の根を考えるとき、宇井(1882年6月1日 - 1963年7月14日)から中村(1912年11月28日 - 1999年10月10日)につなげるよりも、宇井から梶山(1925年1月2日 - 2004年3月29日)や服部(1924年7月8日 - )への飛び火を考えたほうが、現代への連絡からは正解の気がします。(いまは、山口、長尾という、インド仏教の中観唯識の論書の系譜は措いておきましょう。また、フラウワルナー(December 28, 1898 – January 5, 1974)やトゥッチ(5 June 1894 – 5 April 1984)経由の逆輸入という観点も、年代差を考えると必要かもしれません。)

それは、辻から京大ヴェーダ学への飛び火とパラレルに捉えられる気がします。

すくなくとも現代のダルシャナ研究の若手に、中村の影響を見るのは無理があります。



とはいえ、このようなものは、隔世遺伝や飛び火や復興や見直しが常にありますから、次の世代に、木村(1881年8月11日-1930年5月16日)や中村の遺伝子が受け継がれる可能性のあることを否定するものではありません。

ともあれ、親切な入門書や指導があれば、後代への波及は広がります。

本邦のジャイナ研究(特にその論書)といえば、宇野淳の影響を考えねばなりません。

ニヤーヤも。

わたしも真っ先に、宇野先生のタルカサングラハで自習しました。

誰かさんの論◯◯滴注訳が全く役立たないのとはえらい違いです。

哲学思想は、原文をちゃんと理解してから訳しましょう。

あとは、難解な箇所を誤魔化さないこと。

逃げの一手で、自分が分からないところは放置というのを目にした時の落胆といったら。

昔の偉い先生の偉さの内実は、我々の分野では、残念ながら、そんなものです。

誠実な研究者は、その点、違います。

そして、誠実な取り組みのパッションこそ、遺伝の重要な契機となります。

そこを忘れては、教育や研究の意義はないでしょう。

古典インドの儀礼学なので全然分野は異なりますが、永ノ尾先生に修士から親しくシュラウタを習えたのは幸せでした。

誠実さと情熱と体力努力。

斯界の着実な発展ということを考える時、この3つは欠かせません。

敵は欺瞞と私利私欲と権力による搾取や楽したろう精神になるでしょう。

プラボーダチャンドローダヤのような寓話でも書けそうです。
スポンサーサイト



  1. 2019/05/12(日) 08:50:51|
  2. 未分類

中庸

なにごとも極端だと、うまくいかないものです。

シュミットハウゼン、一本目を読了。

印象的なのは、二点。

あまりに高い目標、実行不可能な基準を設けても、誰も従えないので意味がない、ということ。

これはその通りで、重要な視点です。

不殺生の場合、たいがい、意図的にかどうか、という但し書きがはいっています。

意図的でない不殺生まで罪としてしまうと、これは、誰も守れないものとなってしまうので、そもそも、不殺生というルールを設ける意味がなくなってしまい、倫理ルールの破たんが起こってしまいます。

ルールを決めるなら、多くの人が守れる水準で設定すべきである、ということ。

もうひとつは、人が納得できない論理を持ち出してきても仕方ないということ。

個体であれば、実際に苦しんでいる様子を目の当たりにできますから同情も湧くというものです。

そして、その慈悲を根っこに、モラル的にふるまうことが可能となります。

しかし、これが、個を超えた種や環境全体、さらには、ガイアということになると、説得力ある論理を展開するのには慎重でなければなりません。

とくに、「ガイアが涙を流している」などという論理を文字通りに主張するならば説得力を持たないということです。

みなが納得する理屈を提示する必要があるでしょう。

極端な理屈を持ち出されても、誰も納得しないでしょう。

個体への同情を基盤にしながら、その延長として全体としての環境ということを考えるのが、もっとも中庸な理屈でしょう。

また、全体の利益と個体の利益とが相反する場合には、当然、全体のために一部の個が犠牲にならざるをえないということも勘案しなければなりません。

しかし、だからといって、ガイアの苦しみを感じるなどという論理を持ち出してくるのは行き過ぎです。

実際的でなければ意味がない。

そのような視点は、文献の向こうにある書き手の意図や事情を探るのにも重要です。
  1. 2019/05/12(日) 08:45:00|
  2. 未分類

backstage



久々に赤坂のバックステージ。

むかしジャズ研のTが哲学科にまだいたころ、彼がここによく出入りしていました。

「福岡城」終演後のセッションに彼が参加するのを見に行ったのを思い出します。




ところかわって留学中の話。

ウッズランドにはミールスをたまに食べに行ってましたが、同じ並びのサヴェーラホテルのレストランは、さすがに高いので、しょっちゅうは行けません。

まして、さらに高い5つ星のホテルとなると、敷居が高すぎます。

どうしても暑い日に、ACの効いた空間でビールに涼を求めるというので、三上さんと連れ立って行ったことがあります。

冷えたビール一本飲むだけで、相当しますから(といっても日本円にすれば大したことはなかったですが)、そう気安くはいけません。

一階のラウンジでは、3ピースのバンドが演奏中。

「日本人が来た」というので、日本にちなんだ曲を演奏してくれたのを覚えています。

そんなのより、もっと別なのが聞きたかったのですが、まあ、気持ちは嬉しいので、三上さんとニヤニヤ。

にしても、そのときに弾いていたベースが、共鳴箱に紐をはっただけ。

それで、立派にベースの音がしてました。

ギターも、どうみても、安っぽい、永遠にチューニングが合わなさそうなギターでしたが、二人とも、非常にうまかったのを覚えています。

箱ベースにギターが二本。

ジョンテイバーがマドラス滞在時に泊まっていたホテルも同じ。

呼んでくれて、一緒にそこのラウンジでビールを飲みました。

確実に冷えたビールが飲めるというのは、やはり嬉しいものです。

ある日のこと。

「きょうは飲むぞー」

と三上さんが朝から大張り切り。

夕方になって、いつも行く近くの酒屋に出かけていきました。

しばらくすると、

「ちきしょー」

と怒鳴りながら新聞紙に包んだカリヤーニーを抱えて帰ってきます。

どうしたのかと聞くと、日中停電のため冷蔵庫のどのビールも生ぬるだったとのこと。

一番ましなのを買ってきたそうですが、求める冷たさとは大違い。

朝からの夢が崩れたのでした。

街中停電では、お手上げです。

怒りのぶつけようもありません。




ヤギのような行為対象を苦しめるのは悪である(同様に自分も後々苦しむことになる)、と黄金律を持ち出してくる仏教徒に対してクマーリラは、では、酒という行為対象を苦しめていないので、酒を飲むという行為は悪ではなくなると揚げ足を取ります。

さて、ビールをののしる行為は悪なのでしょうか?

人間、動物、植物、無情物といった分類を考えた時、無情物にあたりちらすという行為は、客観的な悪さ(たとえば動物を殺すことで動物が苦しむ・木を切り倒すことで環境が損なわれるetc.)は何も生み出さないのでその観点からは決して悪とはいえないでしょうが、主体的・倫理的な意味では荒々しい行いですから、修道論的には苦果因ということになるでしょう。

あきらかに瞋恚は解脱から遠ざからせます。

あるいは、日中の熱さに散々苦しめられていますから、その分、無情物にあたりちらすことでやり返したので、穴埋め的にバランスが取れたというのが怒っている当人の主観的な見方かもしれません。




にしても、日中の暑さを耐え忍んだご褒美が、生ヌルのビールとは、さんざんです。

ナマといえば、三上さん、しばらくプーナに行って帰ってきてからは、いかにプーナがすごいかをよく語っていました。

毎回、最初に言及するのが、「プーナはすごい。なにしろ生ビールが飲めるから」という論証式でした。
  1. 2019/05/12(日) 01:37:23|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する