FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

辛島先生のスタンフォード講演

youtube動画

サンスクリットでいくら考えても混乱するばかりの漢訳語も辛島先生の手にかかるとこの通りすっきり。

Maayaaは、固有名ではなく単なる一般名詞のmaataaと同じとは、、、

娘にMayaとつけたら原義は「母」ということになります。

はたまた、ややこしいことこの上なさそうな、観世音、観世自在、光世音。

avalokitasmara。

また、盂蘭盆がodanaの「お粥の器」でしかないとなると、お盆の説教ネタも、簡潔になりすぎて、今後は、わざわざ人に話すような定番ネタにはならないことでしょう。

訳わからない方がありがたがられる、というのはよく見られる現象です(^。^)

ullambanaの倒錯とでもいえばいいでしょうか。

お寺の「てら」も、chattra刹で、瞬殺。

えらい仏教学者が先輩にいるのは誇りです。

私が学部にいた頃は、辛島さんは中国留学中。

E島先生他と一緒に北京の辛島さんを訪ねたのを思い出します。

ちなみに、中国の大先生の前でE島先生が我慢しきれず煙草をもくもく。

大先生がげほんげほんと咳き込んでしまいました。

2人の先生の狭間で、辛島さんもきっと内心ヒヤヒヤだったことでしょう。
スポンサーサイト



  1. 2019/05/28(火) 20:54:07|
  2. 未分類

BSH



住吉神社裏手バジェコセクワハウス。

ウーバーイーツもやっていて、結構、注文が入っていました。

モモとか運んでくれるなら、確かに助かります。
  1. 2019/05/28(火) 06:08:59|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する