FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

fumichan



広島駅に帰る途中に文ちゃんへ。









懐かしい、かつて大名にもありながら忽然と福岡から姿を消した原ドーナツ。
スポンサーサイト



  1. 2019/08/11(日) 21:34:14|
  2. 未分類

東から西へ





広大の東広島から西広島へ。

野村君のチベット寺へ。

リンポチェに一切智者についてあれこれと伺う。
  1. 2019/08/11(日) 21:33:29|
  2. 未分類

西日本印仏




無事に終了。

根本さんは欠席

広島、九州のみならず、京都からも参加者、および、発表者。

京都は幅が広い。

アランカーラは日本ではまだまだやる人が限られた分野ですが、ソームデーブのおはこですから、習う人が出てきてよかったです。

徳武さんはインド音楽理論。

サンギータラトナーカラと聞くと、北田さんや岡崎さんの顔が思い浮かびますか、今後の徳武さんの活躍に期待。

音楽理論はもちろん実践を背景にしているので、その部分まで踏み込まないと文字通り空理空論になってしまうので、なかなか難しそうではありますが。

京都はこの手のテクニカルな理論書は、OBで医学天文学数学の矢野先生、林先生が近くにいらっしゃるので、守備範囲が広いのが羨ましい限りです。

変化球はガンゲーシャのウパサルガ議論を取り上げたアンドレイ。

praなどの前綴辞の「意味」の議論。

意味があるのかどうかがまさに問題なわけですが

まあ、動詞語根のヘルプであることに間違いはないわけで、それを、どう説明するか、という議論の整合性の問題という気がしますから、「ヴァーチャカでもディヨータカでも、どーでもえーわ」というジャヤンタの態度が正しいかもしれません。

プラサンナパダーあり、プラマーナあり、法華経ありで、定番の発表も楽しめました。

中須賀さんのおかげで、これまで断片的に理解していたものが通時的に繋がりました。

日本語で優れた考察が読めるのはありがたい。

いまのところ、この問題に関して海外の論文は断片的であるか、あるいは、混乱してますから。

よそでは群盲象の感がありますが、全体を見通せたのは、中須賀さんのだけでしょう。

やはり、1つの概念を通時的に整理するという研究手法は有効です。

桂先生の遍充研究が代表的。

中須賀さんの発表だけでも西条まで来た甲斐がありました。

自分でこの問題を解決しようとおもったら、いくら時間かけても無理でしょう。

九大からは須藤、眞鍋。

須藤さんは詳しすぎて長すぎ。

頑張りすぎました。

川村先生から時間超過のイエローカード。

そういえば、昔、小川先生も時間超過にマジギレしていたのを思い出しました。

川村さん、今回は柔和でしたけど、そのうち、小川イズムを継承して憤怒相をあらわにするでしょうか。なさそうですが。

眞鍋さんのは、いつもながらそつなく問題なし。

時間もちょうど。

質疑応答もスラスラと。

眞鍋さんのがおおとり。


九大の学部生は熱心にも永田さんがわざわざの参加。

彼は懇親会にも参加。

懇親会場のボエーム、大学内ということで期待してませんでしたが、意外によかったです。

斉藤さんは残念ながら京都の研究会を終えて広島には来ずに即インドに帰国。

にしても、インドで猛暑、ドイツでも猛暑、そして京都に来ても猛暑と、斉藤さんの後ろを夏が追いかけているように見えるのはなぜでしょうか。

今回発表があったアランカーラのカービヤアヌマーナの例に、カーマが先頭を行く云々の例が出てきていましたが、なにか、パロディで詩でもかけそうです。

京都からは横地先生も参加。

広大は、別の学部に所属の杉木先生も。

さらに、チベットの野村さんも。

沖先生も今の時期お忙しいでしょうが、発表を聞きに来られていました。


懇親会は若い人ばかりで、私がほとんど一番上の方でした。

えーっという感じです。

時代は変わる。

来年は、九大の予定。

筑女組も参加してくれると期待。




  1. 2019/08/11(日) 09:34:20|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する