FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

マルハバ



ラムダムプクト
スポンサーサイト



  1. 2020/01/04(土) 13:10:23|
  2. 未分類

校正

昨年末にEから英語論文の校正.

いつの原稿かと思いきや,2012年の信州松本での国際シンポのものでした.

さらに,Pからも別の英語論文の校正が.

これまた,いつのものだろうと思いきや,2014年のハイデルベルクでの国際学会のもの.

ダルマキールティ学会の原稿です.

今夏,2020年の8月に,釜山でダルマキールティ学会が開催されるので,その前に出版しようというデッドラインの設定でしょう.

どこかに締切がないと,エンジンがかからないものです.

しかも,昨今は,どのような本であれ,事前レヴューの手続きが必要.

レヴュアーとのやりとりで数か月はすぐに潰れてしまいます.

本を出すのは時間がかかります.

ダルマキールティ学会のほうは,主催のWさんも,ようやくエンジンがかかってきたのでしょうか.

ようやくアブストラクト募集のお願いが来ていました.

年末締切だったのですが,また再募集が来ていたので,きっと,みんなクリスマス休暇でスルーしてしまっている人が多かったのでしょう.

日本だと年末締切でもいいかもしれませんが,海外だと,クリスマス休暇に入ると,その間は仕事メールは絶対にチェックしない,意地でもしない,という意識がはっきりありますから,オフィシャルなコレスポンデンスはしたくても無理でしょう.

だいたいみなさん,メールを送っても,「休暇中.年明けまでチェックしません.あしからず」という断り書きが自動返信されてきます.

https://www.dharmakirti2020.com/

ダルマキールティ学会も,徐々に徐々に人が入れ替わってますが,今年は,どのような人達が新たに入ってくるのでしょうか?

楽しみです.

わたしが最初にダルマキールティ学会に出たのは,インドから帰った直後の1997年11月の広島.

その時は発表はせず,ただ,聞きに行っただけ.

まさか,そのあと,2004年にウィーンに行くとは思ってもいなかったころです.

その頃は,のちのちアポーハをやるとは,夢にも思っていませんでした.
  1. 2020/01/04(土) 10:01:54|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する