FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

プラサンガ研究会

帰謬論証研究会(プラサンガ研究会)第一回研究会

帰謬論証研究会 幹事 眞鍋智裕

開催日 2020 年 1 月 25 日(土)~26 日(日)
会 場 九州大学伊都キャンパス・イースト 1 号館 1 階 B106 教室(E-B106 教室)
アクセス:https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/campus/ito/

キャンパスマップ:https://www.kyushu-u.ac.jp/f/37269/2019ito_3.pdf

(イーストゾーン○80 の建物です)
*JR 筑肥線九大学研都市駅から昭和バスの 4 番乗り場(九州大学イーストゾーン行)から乗車.「九大中央図書館」
あるいは「九大イーストゾーン」の停留所で下車.「九大中央図書館」で下車した場合は,目の前のエスカレータ
ーを上がるとイースト 1 号館があります.「九大イーストゾーン」で下車した場合,二つ建物があるうちの右側の
建物がイースト 1 号館です.

1 月 25 日(土)研究会
13:00-13:10 研究会の趣旨の確認

研究発表

13:10-14:40 須藤龍真(九州大学大学院博士後期課程・JSPS 特別研究員 DC1)
「論証対象の確定と必然関係――anyathāsiddha を巡って」

――休憩――

15:00-16:30 佐藤智岳(九州大学大学院博士後期課程)
「無分別状態での説法を論難できるか」


1 月 26 日(日)研究会

研究発表

10:30-12:00 眞鍋智裕(JSPS 特別研究員 PD)

「svaprakāśa 論証における pramāṇa について――シャンカラ派の事例」

――昼食――
全体討論
13:30-15:30

---------------------

帰謬の会などというと,バラモン的には,Vaita.n.dikaの会と同じですから,自分の論を立てずに,相手の論の突き崩しだけを行い,曲解・詭弁的論駁・敗北の根拠といった邪道系討論テクニックを駆使した殺伐とした会を想像させますが,幹事によれば,和気あいあいとやるつもりだそうです.

最終的には,プラサンガからプラサンナ(心が澄んだ状態)になるのでしょうか.
スポンサーサイト



  1. 2020/01/21(火) 07:42:36|
  2. 未分類

日経にオノちゃん



2020.1.20
日経朝刊
文化36面

  1. 2020/01/21(火) 00:35:00|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する