Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

received: Buddhist Philosophy of Language in India


Lawrence J. McCrea & Parimal G. Patil
Buddhist Philosophy of Language in India
Jnanasrimitra on Exclusion
New York: Columbia University Press, 2010

当然のことながら,出版後すぐに自前で注文しました.

読み始めたまさにその直後,著者から献呈本を頂戴しました.

まとまったイントロに,的確な科段,読みやすい英訳と内容理解に資する訳注,それに,英訳からの参照に便利な原典.

ジュニャーナシュリーによる「他者の排除」論の研究.

軽いだけに常に携帯して勉強するにはもってこいです.

西蔵訳が存在しないことから,ジュニャーナシュリーの原典翻訳は,訳者のサンスクリット能力が試されます.

50年前(1959年)に出版されたにもかかわらず,いまだジュニャーナシュリーの翻訳が少ないのは,裸の勝負を挑まれることになる仏教学者の恐怖によるものなのでしょう.

読みやすい英訳を参照しながらテクストを読み進めると,難解に見えたジュニャーナシュリーの文章も,意外にすいすいと頭に入ります.

サンスクリット・テクストは,基本的にタクル本を継承したもので,写本情報を網羅したものではありません.

早急な成果を求められる北米では(時間がかかる割に成果の地味な校訂本が評価されずそれゆえ流行らないのは)致し方のないところです.


suzukake-6

スポンサーサイト
  1. 2010/12/21(火) 07:00:48|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する