Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

南アジア研究 第22号 2010年

南アジア研究
第22号


論文
福味 敦:インドにおける景気変動と財政運営

書評
絵所秀紀:
佐藤隆広(編)『インド経済のマクロ分析』,小田尚也(編)『インド経済:成長の条件』

藤森梓:
清川雪彦『近代製糸技術とアジア―技術導入の比較経済史―』

杉本浄:
田辺明生『カーストと平等性―インド社会の歴史人類学―』

学会近況

特集
日本南アジア学会 第22回全国大会テーマ別発表

特集
日本南アジア学会設立20周年記念 連続シンポジウム
インド亜大陸の5000年




p. 53
神聖王となることなることで>神聖王となることで

p. 57
全体の議論が〈存在の平等性〉向かって>全体の議論が〈存在の平等性〉向かって

p. 104
3 おわりに> おわりに

p. 185
第1巻が刊行されて(1982年)から,すでに半世紀がたつ>第1巻が刊行されて(1982年)から,すでに半世紀がたつ



雑誌全体のレイアウトですが,

1 はじめに

などの章タイトルのあと,四字下げで本文を組んでいます.つまり

1 はじめに
     XXXXXXXXXXXXX
    XXXXXXXXXXXXXX
    XXXXXXXXXXXXXX

という感じです.

全体として見ると,左の余白が大きく開いてしまっています.

見開きだと,右の奇数ページの左の大きな余白と,左の偶数ページの狭い(通常のサイズの)右余白がアンバランスで落ち着きません.

不細工とスペースの無駄に映りますが,これも趣味の違いでしょうか.
スポンサーサイト
  1. 2011/05/03(火) 12:44:42|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する