Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

洞窟成就法

Kagoshima 039


ソームデーヴの論文を読んでいると,清弁の記事が

1884年のビールという人の論文にも言及しています

中観の論者として有名な清弁

大唐西域記14・3(水谷訳257頁)に記事があります

パータリプトラまで出かけて護法に会おうとするも果たせず

自分の疑問が解決できないので,未来に出現するマイトレーヤに会うことを決意

そのために,この世でじっとその出現を待つことを願う

観自在菩薩Avalokitesvaraの助言

Dhanyakataka国に行き執金剛神Vajrapaniに祈る

巌石の中の阿素洛(asura)宮で待つよう指示を受ける

「芥子に咒文をかけて石の巌壁を撃つと、豁然として大きく壁が開いた」(水谷訳260頁)

毒蛇の石窟であろうと恐れ慄いて誰も入ろうとしない中,促して最終的に6人とともに入ります

中に入ると石壁は元の通りに閉じてしまいます

アーンドラプラデーシュのDharanikottaでは,今も清弁が,マイトレーヤの出現を待っているというわけです

ソームデーヴが論じるように,bilasiddhi(洞窟の成就法)の典型的なイメージは


マントラの呪文で地下界への入り口を開ける

蛇族の住む地下界(patala)

地下界で,超美人の蛇族の女性や,アスラ族の女性とエンジョイ


ビールさんは面白いことに,清弁をアリババの話に結び付けています

Bhaviveka/Bhava/Bhavyaがアリババの「ババ」に

芥子(sarsapa)が呪文の「開け胡麻!」になったとのこと


ともあれ,人々が「毒蛇の洞穴だ」と恐れたというのは,まさに,蛇族の住まいとしての地下界への入り口という観念そのままです

T51n2087_p0930c26(06)? 城南不遠有大山巖,
T51n2087_p0930c27(18)?婆毘吠伽(唐言清辯)論師住阿素洛宮待見慈氏菩薩成佛之處。論師雅量弘遠,
T51n2087_p0930c28(02)?至?深邃,外示僧処逕V服,?弘龍猛之學。
T51n2087_p0930c29(02)?聞摩?陀國護法菩薩宣揚法教,學徒數千,
T51n2087_p0931a01(01)?有懷談議,杖錫而往。至波?釐城,
T51n2087_p0931a02(04)?知護法菩薩在菩提樹,論師乃命門人曰:
T51n2087_p0931a03(05)?「汝行詣菩提樹護法菩薩所,如我辭曰:
T51n2087_p0931a04(06)?『菩薩宣揚遺教,導誘迷徒,仰??心,為日已久。
T51n2087_p0931a05(03)?然以宿願未果,遂乖禮謁。菩提樹者,誓不空見,
T51n2087_p0931a06(01)?見當有證,稱天人師。』」護法菩薩謂其使曰:
T51n2087_p0931a07(02)?「人世如幻,身命若浮,?日勤誠,未遑談議。」
T51n2087_p0931a08(01)?人信往復,竟不會見。論師既還本土,
T51n2087_p0931a09(03)?靜而思曰:「非慈氏成佛,誰決我疑?」
T51n2087_p0931a10(05)?於觀自在菩薩像前誦《隨心陀羅尼》,?粒飲水,
T51n2087_p0931a11(03)?時?三?。觀自在菩薩乃現妙色身,謂論師曰:
T51n2087_p0931a12(02)?「何所志乎?」對曰:「願留此身,待見慈氏。」
T51n2087_p0931a13(03)?觀自在菩薩曰:「人命危脆,世間浮幻,宜修勝善願,
T51n2087_p0931a14(00)?生睹史多天,於斯禮覲,尚速待見。」
T51n2087_p0931a15(02)?論師曰:「志不可奪,心不可貳。」菩薩曰:「若然者,
T51n2087_p0931a16(00)?宜往丈゚羯磔迦國城南山巖執金剛神所,
T51n2087_p0931a17(00)?至誠誦持《執金剛陀羅尼》者,當遂此願。」
T51n2087_p0931a18(01)?論師於是往而誦焉。三?之後,神乃謂曰:
T51n2087_p0931a19(00)?「伊何所願,若此勤勵?」論師曰:「願留此身,
T51n2087_p0931a20(01)?待見慈氏。觀自在菩薩指遣來請,成我願者,
T51n2087_p0931a21(00)?其在神乎?」神乃授祕方,而謂之曰:
T51n2087_p0931a22(04)?「此巖石?有阿素洛宮,如法行請,石壁當開,
T51n2087_p0931a23(02)?開即入中,可以待見。」論師曰:「幽居無睹,
T51n2087_p0931a24(03)?勝|知佛興?」執金剛曰:「慈氏出世,我當相報。」
T51n2087_p0931a25(03)?論師受命,專精誦持,復?三?,初無異想,
T51n2087_p0931a26(02)?咒芥子以書B石,巖壁豁而洞開
T51n2087_p0931a27(07)?是時百千萬女V睹忘返,論師跨其?而告女H:「吾久祈請,
T51n2087_p0931a28(00)?待見慈氏,聖靈警祐,大願斯遂,宜可入此,
T51n2087_p0931a29(00)?同見佛興。」聞者怖駭,莫敢履?,
T51n2087_p0931b01(04)?謂是毒蛇之窟,恐喪身命。再三告語,唯有六人從入。
T51n2087_p0931b02(00)?論師顧謝時女C從容而入,入之既已,
T51n2087_p0931b03(03)?石壁還合,女F怨嗟,恨前言之過也。


大きな地図で見る
スポンサーサイト
  1. 2011/05/30(月) 18:54:05|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する