Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

Indogaku Bukkyo Gakkai at Ryukoku Uni., 2011

2011印仏 034

少し早めに会場に着くと,苫米地さんの姿が

なんと集中講義中とのこと

というわけで日中は授業

学会参加は懇親会オンリー

翌日の授業準備もあり,夜も早々に切り上げざるをえないとのこと

印仏学会と同時期の集中講義とは大変です


2011印仏 073


懇親会では,学会理事長の斉藤先生が挨拶

御門主からは歓迎の言葉

乾杯は前田先生

そして来年の開催校の木村先生から一言

2011印仏 068


今年の学会賞は人望の厚い後輩

ということで,いったい何人がお祝いに集まったのでしょう

信じられない数が「がんこ」にいました

そして,なぜか北から南まで,西から東まで大学も様々

顔の広さと度量はさすがです

昨年と同様,ハンブルクからは張本さん

(気の若い年配組も含め)すっかり若手交流会という体でした

松本さんも遅れて無事に合流

そのまま流れて二次会へ

別グループがいましたが,よく見ると早稲田組

そちらはそちらで学会賞受賞祝いの様子

ご無沙汰しているモロさんでした

2011印仏 042


開催校ですが,今年は龍谷,来年は鶴見

時期は早くて,2012/6/30-7/1とのこと

矢島先生からは「(東京圏の)みなさんにお手伝い頼むことになりますけど,よろしく」ということでした

印仏学会は,(文系にしては)巨大な学会なので,開催校事務局は大変です

たしか,前回の1998年の鶴見では,無線のトランシーバーで事務方の相互連絡がなされていたように記憶しています
スポンサーサイト
  1. 2011/09/08(木) 21:09:02|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する