Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

シリーズ大乗仏教9 認識論と論理学

シリーズ大乗仏教9 認識論と論理学
春秋社
監修:高崎直道
編者:桂紹隆・斎藤明・下田正弘・末木文美士
2012年1月20日
2800円+税

1.桂紹隆:仏教論理学の構造とその意義 3-48
2.稲見正浩:存在論――存在と因果 49ー90
3.船山徹:認識論――知覚の理論とその展開 91-120
4.岩田孝:論理学――法称の論理学 121-153
5.小野基:真理論――プラマーナとは何か 155-188
6.片岡啓:言語哲学――アポーハ論 189-226
7.護山真也:全知者証明・輪廻の照明 227-257
8.谷貞志:「刹那滅」論証――時間実体(タイム・サブスタンス)への挑戦 259-294

TT98421
スポンサーサイト
  1. 2012/01/12(木) 18:28:57|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する