Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

直接表示者

直接に取り決められた意味を述べるもの,それが直接表示者
sākṣāt saṅketitaṃ yo 'rtham abhidhatte sa vācakaḥ//KP 7cd

この世で,その関係(取り決め)が未把握の語の意味は理解されないので,取り決めを必ず補助者として語は特定の意味を理解させる.したがって,語Xの意味Yに対する関係(取り決め)が直接的に(間接的でなく)把握される場合,そのようなXがYの直接表示者である.
ihāgṛhītasaṅketasya śabdasyārthapratīter abhāvātt saṅketasahāya eva śabdo 'rthaviśeṣaṃ pratipādayatīti yasya yatrāvyavadhānena saṅketo gṛhyate sa tasya vācakaḥ



語である「牛」と,意味である牛性との関係(取り決め)をまず学ぶ.

それは,直接的に結びついたものとして学ぶのであって,何かを介在させて把握するわけではない.

これにより,語からダイレクトに意味が理解されるようになる.

語彙関係把握:  直接表示者 --- 取り決め ---> 意味

意味理解:     直接表示者--->意味
スポンサーサイト
  1. 2012/12/29(土) 08:10:20|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する