Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

カイラーサ山を揺らすラーヴァナ

AngkorWat 506
AngkorWat 500
AngkorWat 503

アンコールワット,回廊の南西角(西端の北向きの壁)

こちらのシヴァは,パールヴァティーは伴っていないようです.

バンテアイ・スレイのラーヴァナに比べると,必死さが不足しています.

顔が上を向いていないのが気に入りません.

もうちょっと真剣に上を向いて山を持ちあげてほしいものです.

足腰も,これでは,持ちあがる気配が全くしません.
スポンサーサイト
  1. 2013/01/27(日) 17:26:33|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する