FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

マイケル・クック教授講演会

マイケルクック教授講演会(九大文)



マイケル・クック教授(プリンストン大学)講演会

論題 Did the Middle East Miss Out on Early Modern Antiquarianism?
     (近世の「好古趣味」は中東にはみられないのか?)

日時 5月27日(月)17:00-19:00 

場所 九州大学文学部4階会議室




Speaker: Michael A. Cook
(Professor of Near Eastern Studies, Princeton University)

http://www.princeton.edu/nes/people/display_person.xml?netid=mcook&display=All

Title: Did the Middle East Miss Out on Early Modern Antiquarianism?

Date: 17:00-19:00 May 27 (Mon)

Venue:  Conference Room, 4th floor, Faculty of Humanities, Kyushu
University (http://www2.lit.kyushu-u.ac.jp/access/)


シーア派伝承における「礼拝の時,少し左に向く」という,メッカに向かった時の方角のずれの謎について.

17世紀のシューリスターニーによる解決法は,考古学的な証拠を用いるというものでした.

本講演は,その発想法の目新しさに注目したもの.

東文研の森本先生と,イスラーム文明史の清水先生の卓越したオーガナイズにより,部外者にとっても,非常に分かりやすい講演でした.

枕となる掴みの話は,日本の古銭学について.

日本,中国,イギリス,中東と,東西の今昔を縦横無尽に行き来するクック先生の知の広さは圧巻でした.

講演後の質疑も盛り上がりました.

それぞれの質問にたいする回答も,出るわ出るわの情報量の多さでした.
スポンサーサイト



  1. 2013/05/28(火) 07:18:34|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する