Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

śoṣabhaṅga

ニヤーヤ:有情の作り手がいなければ,結果はありえない.すなわち,有情の作り手があるときにのみ結果はあるのである.このようにして,Xが結果であれば,そのXは必ず,有情の作り手を持つと言える.

仏教:有情の作り手がいなくても,結果はありえる.例えば,粘土が乾燥して割れる場合,この割れるという結果は,作り手なしでも生じるものである.したがって,結果だからといって有情の作り手がいると推論することはできない.

NIN095834253
スポンサーサイト
  1. 2014/02/06(木) 08:10:01|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する