Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

Yojo Curry at Manoma

YojoCurry

心地よい薄明かりの土間で食す御供所町のマノマ

大谷さんが南インド研修のため,二日間限定出張の養生カレー

デフォルトのセットにラッサムをプラス

鍋底の最後の方だったのでしょう、濃厚です。

ダールも良い感じのとろみ

パクチーとあいます。

南インド志向のベジカレー

外国人の作った味噌汁に期待しないのとおなじで、ラッサムは日本人が作ると何か違うことが多いのですが、このラッサムは正解

ど真ん中でした。




日本人が作る,ご飯に合うスパイスの効いたカレーというジャンル.

一つの考え方として,スパイスパンチ系(チキンカレーやマトンキーマに代表)と滋味薬膳系(ベジ中心)という二極に分けることもできるでしょう.

前者の代表は例えばスパイスロード.

SpRo324

パキスタン研修を経て,高田さんのカレーも進化・変化しつづけています.

昼は定番のチキンカレー

夜はあれこれと実験

脳みそカレーをヒントにした牡蠣カレー

牛ホルモンカレーは和牛

原価の高そうな肉やクリームを使って提供.

パーキスターンのマーケットのカレーを参考にしたそうです。

しかし市井のカレーよりずっと高級感があるのは、いい材料を使っているからでしょう。

これでやっていけるのか,人ごとながら心配になります.

SpRo4230934




養生カレーは,ベジを頼んだのもありますが,滋味系のカレーでした.

体に優しいベジ中心のカレー.

インド家庭料理を追求する、熊本のインド食堂を思い出しました.

IndoShokudoKumamoto2




ベジ中心の滋味系、目指す方向としては,インドの家庭料理や南インドのベジミールスというのが極として考えられます.

「インドのベジ」といえば,タミルのミールス.

日本で言うと,ひとつの代表はダバインディア.

DDDDDDDDDDDDDDD

マドラスで食べるのと変わりません.(値段は10倍くらい違います.)

しかも,ご飯もおかわりし放題,サンバルもラッサムも.

本場と同じ形態です.




また,昨今は,京都でもミールスが食べ(ら)れます.

NIN042938534

こちらは,いわゆるタミルの味とはちょっと違う感じでした.

ムスリムというのもあるのかもしれません.




スポンサーサイト
  1. 2014/02/23(日) 14:44:26|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する