Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

Nyayasucinibandha

MUROYA, Yasutaka
“Apropos the Nyāyasūcīnibandha: Some Historical Problems and the Manuscript Transmission of the Nyāyasūtra,” Journal of the Ganganatha Jha Kendriya Sanskrit Vidyapeetha 62 (2006), pp. 405–432.

拙稿のKataoka 2014aで,スチャリタの年代をヴァーチャスパティと絡めて論じる際に,従来の議論でのお約束とでも言うべきNyayasucinibandhaのコロフォンの年代にも言及しました.

しかし,室屋さんの上掲論文によれば,そもそも,NSNがヴァーチャスパティ作ということが,極めて疑わしいとのことです.

Muroya 2006:23: Under this assumption, inasmuch as the printed NSN regards the relevant relationship as upodghāta, strong doubt is throuwn upon the antiquity of the work, resulting from the alleged authorship of Vācaspati Miśra I.



NSNに見られる,あるスートラ群を,先行するスートラ群の「序」(upodghaata)とする解釈は,古い解釈には見られないとのこと.

古い解釈では,prasa"nga(波及的議論)とするのが普通.たとえばウダヤナ.

つまり,NSNのスートラの位置付け方は,どうも,新しいようだ,ということです.

Ke"sava Mi"sraより後の解釈.

というわけで,これまでに言われているNSNの著者問題についての疑義もあわせて考えると,やはり,現状では,ヴァーチャスパティ作ということを前提にして議論するのは,危険の様です.

したがって,我々は,コロフォンの年代に縛られずに議論したほうがよい,ということになります.

ともあれ,Kataoka 2014aでの議論では,絶対年代(といっても,その数字の解釈が分かれるので「絶対」じゃないのですが)を重視しておらず,むしろ,相対年代にあうような「絶対」年代の解釈を取ってきただけなので,メインの議論に影響はありません.

いずれにしても,ヴァーチャスパティの下限としては,ひとまず,ジュニャーナシュリーミトラ以前となります.

しかし,不要なものを述べるとnigrahasthaanaになりますから,不要な言及は削除すべきです.

I mentioned in my article, Kataoka 2014a, the disputed year "898" (976 AD according to some scholars) of Vacaspati Misra I's Nyayasucinibandha, when I discussed the chronology of Sucarita Misra in relation to Vacaspati Misra I.

But probably the consideration of the year recorded in the ms colophon is not necessary, because the Nyayasucinibandha is probably not authored by Vacaspati Misra I.

Muroya 2006 casts a doubt on the authorship, basing himself on solid evidence. I am convinced by his argument.

Under the present circumstances (unless some strong evidence pops up for his authorship), we should not take it seriously that the NSN is authored by Vacaspati Misra I. Hence we do not have to worry about the disputed date recorded in the colophon of the NSN.

What we should take into consideration as the lower limit of his date is the fact that Jnanasrimitra knows Vacaspati Misra I.

I thank Dr. Muroya for his pointing out to me the relevant material.




Correction to Kataoka 2014a:352(11), line 8 (thanks to Dr. Elisa Freschi):

partivikalpaṃ > prativikalpaṃ
スポンサーサイト
  1. 2014/05/13(火) 08:00:49|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する