FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

「概念知は全て誤り」という概念知も誤り

朝一にマーク・シデリッツ名誉教授の発表。

概念知(固定化した自性を前提とする)は全て誤り。

この主張が正しいとするとどうなるでしょうか。

この主張自体も誤りということになってしまいます。




「車」という概念知は誤り。正しくは部品の集まりがあるだけ。

これがアビダルマの解決方法。

つまり、世俗レヴェルに「車」、勝義レヴェルに「部品」。

部分に還元することで、「車」の実体を否定し、部分だけが本当には存在する、というわけです。

全ての世俗レヴェルの概念知(「車」)は誤り

となります。

「部品がある」とする見方は、正しいものとして、勝義レヴェルにあるものとして残ります。




「部品」という見方も等しく、誤った概念知(固定化した自性を前提とする)として認めないのが中観だ、というのがシデリッツさんの主張。

「勝義諦は無い」というのが勝義諦だ。

というのが彼の見方。

どこまでも実体視を拒否していくことになります。

彼の見方では、勝義的な(つまり自性を持つ実体化された)存在というのは、決して認められないということになります。




非常に分かりやすいプレゼンでした。
スポンサーサイト



  1. 2014/06/28(土) 23:04:19|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する