Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

アポーハ論ワークショップ(龍谷大学)

アポーハ論ワークショップ

2014年 8月 2日(土)13:00—18:00

龍谷大学大宮学舎 西黌2階 大会議室

報告者
13:00-14:00
片岡啓(九州大学准教授)
「アポーハ論の史的展開」

14:00-15:00
吉水清孝(東北大学教授)
「ディグナーガのアポーハ説での固有名から普通名詞へ」

コメンテーター

15:20-16:00
八木沢敬(カリフォルニア州立大学ノースリッジ校教授)

16:00-16:40
小川英世(広島大学教授)

16:50-18:00
自由討議


科学研究費基盤研究(C)「ジネーンドラブッディ『集量論複注』
梵語写本の批判的校訂」(研究代表者:桂 紹隆)主催
丸井浩 ダルシャナ科研共催




apoha論というのは「排除」論.

例えば「牛」という単語の意味は何か,という疑問にたいして,仏教徒のディグナーガは,非牛の排除だと答えます.
(厳密には,非牛の排除に限定された諸存在を言葉は語る,というようにディグナーガは言っています.)

つまり,「牛」の意味は「牛でないものでないものだ」と答えるわけです.

簡単に言うと「牛でしかないもの」ということです.

このように,他者の排除(つまり,非牛の排除)によって言葉は対象を(つまり牛を)語る,というのがディグナーガの主張です.

この理論は,その後も仏教論理学の中で継承されます.

「アポーハ論」として知られる議論です.

もちろん,この変てこな意味論は,他学派から批判されることになります.

その中で,いろいろな展開を見せることになります.

仏教論理学の歴史の中でも,ディグナーガの説はそのまま継承される訳ではなく,時代時代の批判に応じて,姿を変えていくことになります.

アポーハ論の展開をながめることで,仏教論理学史の変遷を追うことも可能ですし,また,他学派との応酬も視野に入ってきます.

本邦では,その昔,京大を中心として錚々たるメンバーがアポーハ論を取り上げてきました.

梶山先生,服部先生しかり,そして,カナダ帰りの桂先生.

また,その当時,フランス帰りの若き俊英であった赤松先生.

それから30年あまり.

本邦ではすっかり「やり尽くされた」感が漂っていたのか,ほとんど誰も手を付けることがありませんでした.

これだけの大御所を前にして新たにやるというのは面倒なものです.

私がアポーハ論に手を付けたのが2008年.

アポーハ論というよりは,ジャヤンタ研究(ジャヤンタの語意論研究)の一環としてです.

Pindのディグナーガ研究の博論が2009年にネットで公開されています.

このあたりから,アポーハ論をもう一度取り上げる機運が高まってきます.

セミナーをまとめたその名もずばりのApohaという英語の論文集も最近出ています.

パリマル・パティルやローレンス・マックレー,それに,パトリック・マック・アリスターなど,新たな世代の研究者も参入.

本邦でも,最近では,私の他に,石田さん,岡田さんがアポーハ論に取り組んでいます.

数年前にはウィーンで,アポーハワークショップが開かれ,ジャヤンタの『ニヤーヤ・マンジャリー』(論理花房)中のアポーハ論を取り上げ,みなで読書会.

シュタインケルナー先生,桂先生といった大御所から,ケルナー,マックレー,マック・アリスター,ワトソン,それに,日本からは,自分の他に,石田さん,岡田さんなど,多くの人が参加しました.

駒澤の金沢先生も,『インド論理学研究』の次の号では,アポーハ論を特集するとのこと.

そのような文脈の中でのアポーハ論ワークショップ.

分析の八木沢先生をコメンテーターに迎えての会.

さすが,マティラル先生の精神を受け継ぐ桂先生です.

楽しいことになりそうです.

私の発表は,わたしがここ最近取り組んできたジャヤンタの視点から見たアポーハ論の史的展開です.

ディグナーガ,ダルマキールティ,ダルモッタラという三巨匠のアポーハ論を,クマーリラの批判など,外の視点を入れながら眺めていきます.

ここ最近発表した諸論文の内容を,簡潔に一つにまとめたようなものになるはずです.

拙稿は,以下からダウンロードできます.

http://www.k4.dion.ne.jp/~sanskrit/WorksJ.html

暑い京都にむさくるしい研究者が大集合ですから,さぞ暑苦しいでしょう.

夏の鍋会みたいなものでしょうか.

わざわざ見物に来る人も,よっぽどの物好きに違いありません.(そういえば,横地先生も「行こうかな~」と仰っていました.)
スポンサーサイト
  1. 2014/07/29(火) 06:04:44|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する