Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

ラグの系譜 13.32

13.32: そして、岸のアショーカのこのか細い蔓、乳房のように心地よい花房でたわんだそれを、あなたに手が届くと思って抱きしめようとして、涙する私を、ラクシュマナが止めてくれた。

NIISSR6 063
スポンサーサイト
  1. 2014/08/13(水) 08:07:15|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する