Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

IABSな金曜

IABSも5日目。

さすがに疲れてきました。

とはいうものの、がんばって(というかがんばらずとも時差ぼけのため既に起きているのですが)7時に起きて、朝食、

会場に直行。

朝は9時から、きょうも真面目に聴講。ダン・ルストハウスさん。初めて拝顔。

9:30からは、モリヤマ氏の発表。

ばりばり論理学でしたので、オタク向け。

質疑応答も、オタッキーな論理学の人から、あれこれと。

IABS5 006

午前後半の部は、居場所を変えて、14番教室へ。

堀内君。Lankavatarasutraにおける他宗への言及。

最後の最後で今西錦司のSumiwakeが出てきて、ひっくり返りました。

その次が、フィリップ・マース。なんと、YS/YSBhの三時。ちょうど桂先生・金菱君と読んでいたところです。

高木先生の研究を知らなかったので、質疑応答のところで指摘しておきました。

インド哲学ならいざしらず、仏教研究をやるならば、やはり、日本の研究をフォローするのは必要でしょう。

最後は、素早く場所を移して、タントラ部会へ。ゲルゲイの発表。

人数が少なかった会場に、ゲルゲイの発表を聞きに、いつもの見知った顔がぞろぞろと。

スライド付きで、ゆっくり、かつ、非常に分かりやすい発表でした。




昼は地元っ子ニーナの案内で、ちょっと歩いたイタリアンに。

外は外で気持ちよかったのですが、私の顔にだけ直射日光。焼けました。

IABS5 016

サーモン・ペンネ。

IABS5 019

向かいのT氏は、カプリチョーザ。うまそうです。ここはちゃんと窯焼ピザ。

IABS5 021
スポンサーサイト
  1. 2014/08/22(金) 23:50:40|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する