Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

Darśana Mārga in Heidelberg

Heidelberg3 118

Heidelberg3 170

Heidelberg3 265

Heidelberg3 314

Heidelberg3 319

Heidelberg3 325

Heidelberg3 342

ハイデルベルク、哲学の道。

対岸に城が見えます。

山裾に沿って1時間ほど歩いてから下におり、橋を渡ります。

下が運河。

ちょうど船が水門から出て行くところでした。

33番のバスにのって、ハウプトバンホフ中央駅へ。

少し北に歩いて、角の落ち着いたテラス席のレストランへ。

ボンベイターリー定食9.8ユーロ。

ボーリング場も経営している変なインド料理屋でした。

インド人の経営。

ドイツ語で「どんなメニューがあるの」とか聞いていたつもりが、途中からヒンディー語で「ビリヤーニーはあるのか」とか訊いてました。

普通に通じてました。

帰り道、ホテルの近くにパンジャービー料理屋を発見したので、次はそこに行くつもり。

哲学の道はインドに通ず。

明日からいよいよダルマキールティ学会です。

帰ったホテルの受付で、ピョートルがチェックインしているのを見かけました。

エレベーターに乗ると、到着したばかりのソームデーブにばったり。

疲労困憊の様子。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/25(月) 23:10:02|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する