Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

DhC Thur

Masahiro Inami:
Two kinds of causal capacity, sāmānyā śaktiḥ and pratiniyatā śaktiḥ

Hisayasu Kobayashi:
Dharmottara and Prajnākaragupta on svalakṣaṇa

Yōhei Kawajiri:
The Pratyabhijnā school's criticism of the Buddhist concept of svalakṣaṇa

DhC3 004


Toshikazu Watanabe:
Dharmakīrti and his successors on āśrayāsiddha and prasaṅgaviparyaya

Pascale Hugon:
Revisiting the prasaṅga-passage of the Pramāṇaviniścaya

Lawrence McCrea:
Balancing the scales. Dharmakīrti inside and out

後半三つ司会で疲れました。

時間厳守で無事終了。

質疑もかなり盛り上がりました。

最後のラリーの発表は、かなり大きいテーマ。

ダルマキールティの二つの立場の関係・位置づけ方について。

スポンサーサイト
  1. 2014/08/28(木) 16:21:14|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する