Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

alīkaṃ vā

竹中 1979:22.1: vikalpākāramātraṃ sāmānyam alīkaṃ vā

竹中 1979:3: 普遍は概念の形相(vikalpākāra)にすぎないか,あるいは,虚偽なるもの(alīka,仮構された実在しないもの)である。

竹中 1979:18-20: 以上の理由により,仏教論者は,普遍を思惟によって仮構された虚偽なる存在(alīka),すなわち,真実在に対して世俗的存在(saṃvṛtisat)と考え,それの実在性を否認する。



和訳において竹中は「あるいは」と正しくvāを訳しています.

にもかかわらず,解説においては,二つの選択肢が,同じ共通性にかかる二つの形容詞,あるいは,単なる言い換えと解釈したようです.

つまり,普遍という概念形象は虚偽なるものだ,というように解釈していることになります.

しかし,筆者の一連のアポーハ論研究で示したように,ここで念頭に置かれているのは,アポーハに関する認識内形象論者と虚構論者の二派の対立です.

したがって,二つを一つにすることはできません.

二つは訳語の通り「あるいは」で結ばれるべき選択肢であるべきです.
スポンサーサイト
  1. 2014/10/24(金) 10:29:40|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する