Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

マンダナ『命令の分析』上巻の校訂本

エリオット・スターン博士の『命令の分析』上巻の校訂といえば,校訂をする人達の間では驚異の博論です.

難解で知られるマンダナミシュラの『命令の分析』,それにたいするヴァーチャスパティの浩瀚な『ニヤーヤカニカー』,それに,ケーララの二つの注釈.以上の四つを校訂したもの.

しかも,それを同一ページに四つ並べるというインドスタイルで校訂されています.(言ってみれば,シャンカラの『ブラフマスートラ』のニルナヤサーガル版みたいな感じです.)

つまり,一頁がA,B,C,D段に区切られて,四つの注釈が同時に並べられているのです.

当然,Aの本文は一行だけ,あるいは,全くない場合もあります.

註釈のほうが長いのが普通ですから,一頁すべてをBやCやDが埋めるという頁が多くなるのは当然です.(例えばp. 112では,Aが僅か2語,Bが1行,Cが2行,Dが13行というようになっています.)

そして,隣の頁には,異読,および,平行句情報が詳細に記されています.(スターン博士は,まさに職人的に,あちらこちらから平行句を細かく調べています.)

この組み方だけでも驚くべき仕事量ですが,さらに,すべて手書きです.

手書きのデーヴァナーガリー.

アメリカの博論シリーズから3巻で出ています.

膨大な量です.

これを読者が使いこなすのは結構大変です.

なにしろ手書きですから,やはり,読みにくい.

しかも,『命令の分析』本文のA段は,とびとびになっていますから,一行あったかと思うと,10頁とんで,次の一行があったりします.

註釈のB段を飛ばしてAの本文だけ読もうとすると,結構,やっかいです.

しかも,テクスト本文の正書法は,写本に近いやり方で,現代普通に見られるやり方とは少し違った(癖のある)スタイルです.

慣れると,これも居心地いいのですが,慣れるまでは違和感がかなりあります.

結果として,それほど頻繁に使われている仕事とは言えません.

手書きの原稿をすらすらと読む人というのは少ないでしょう.

しかし,間違いなく,インド哲学文献のサンスクリット校訂という分野での金字塔の一つと言えます.使ってみると,よく考えられているのが分かります.

難解な『命令の分析』を校訂するには相当の力が必要です.

ダルマキールティのPV自注も難しいテクストの一つですが,マンダナのVVは,また別の難しさがあります.

彼の思考についていくには,相当の訓練を要します.(本文の難解さは,ウダヤナに通じるところがあります.)

まだ若かったであろうヴァーチャスパティがこのような挑戦的な本文に真っ向から立ち向かったというのも納得です.

結構丁寧な(本文を理解するのに助けになる)註釈を書いてくれています.

マンダナに立ち向かう人は勇者です.

マンダナを素手で読む人というのは,当然,世の中にはほとんどいません.

それは,PV自注を素手で読む人が少ないのと同じです.

なにしろ,マンダナといえば,バルトリハリ,クマーリラ,プラバーカラ,ダルマキールティを視野に収めて,その上に,独自の教学を打ち立てた人です.

もうどれだけ大変かというのが,前提となる文献リストだけからでも,分かるでしょう.

紀元後700年頃の「インド哲学全部」といっていいでしょう.

マンダナの主要著作(『使役行為分析』『命令分析』『語蕾論証』『ブラフマン論証』)が日本語でお手軽に読めるような時は,果たして来るのでしょうか.

ちなみに,スターン博士はフィラデルフィア在住.

Uペン滞在時には,あれこれとお世話になりました.

さらに,ちなみに,インドから出ているVV校訂本には,大昔のパンディットシリーズ,そして,それを恐らく写したのであろうゴースワーミー本の二つがあります.

パンディットは,東大統合図書館の奥の奥に在る書庫の下段から引っ張り出して,埃で手を黒くしながらコピーしたのを思い出します.

図書館印が次頁に写るのを抑えるために間に挟まれた新聞紙が戦時中のものだったりします.
スポンサーサイト
  1. 2014/11/30(日) 23:02:07|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する