Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

テクストの構成分析

インドのサンスクリット文献の場合,注釈があることが多いので,何か分からないことがあると,注釈に頼ることになります.

しかし,注釈というのは,あくまでも,注釈でしかありません.

後代のテクストです.

著者自身の全くあずかり知らぬ所です.

確かに,注釈者は知識もあり,理解もすぐれています.

しかし,注釈者は,実証学者ではありません.

何らかの動機に突き動かされて書いている場合もあるわけです.

つまり,自分の解釈を読み込む場合もあるわけです.

注釈がいかなる性格のものであれ,ひとまず,ターゲットのテクストから切り離して考える必要があります.




さて,では,簡潔な本文それ自体から,著者の意図を読み取るにはどうすればいいのでしょうか.

たった一行の文,そこから,何をどう読み取ればいいのでしょうか.

著者自身の意図を知るのにまずすべきは,全体の構成を分析することです.

構成を丹念に分析することで,その一文の背景,意図が,たとえ明文化されていなくても浮かび上がってきます.

つまり,この文脈だからこういう一文がある,ということが分かるのです.

これによって,何を著者がその簡潔な一文で伝えようとしているのか,文の焦点は何なのかが,全体の文脈から確定できることになります.

一文だけからは方向性がぼんやりしていたのが,前後の構成から,はっきりと方向を定めることができるのです.

『シャバラ注』もしかり,また,ディグナーガの『集量論』もしかり.

たとえ一文が簡潔でも,前後の文脈,また,全体の中での位置を丹念に調べることで,その一文の言わんとしていることが明らかになります.

このようにして,注釈にたとえ頼らずしても,テクストそれ自体の中から,読解の糸口をつかむことができるようになります.




ここでいう構成とは,チベットのテクストに見られるような科段・科文のことです.

テクスト分析,内容梗概のことです.つまり,

1.
1.1.
1.1.1.
1.1.2.
1.2.
1.2.1.
1.2.2.
1.3.
2.

といったような構成のことです.

もちろん,著者が科段を意識して明示しているチベットのテクストとは違って,サンスクリット文献では,読み手が構成を分析するしかありません.

しかし,テクストの深い読解のために,科段作成の作業は不可欠です.

テクスト研究において,科段作成は絶対に必要不可欠だと私は考えますが,必ずしも,全ての人が分析を行っているわけではありません.

また,入れ子構造の有機的な構成ではなく,単に,1, 2, 3, 4, 5, 6, というように,各パラグラフの内容を,相互連関・上位下位の関係を気にせず,羅列してるだけの場合も見られます.




テクストの全体を読み,構成を明らかにするのは,面倒な作業です.

しかし,それを抜きにしてテクストの深い読解はありえないでしょう.
スポンサーサイト
  1. 2015/01/29(木) 01:49:37|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する