FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

九州大学文学部・インド哲学史研究室『南アジア古典学』第二号:原稿の募集


国内・海外をあわせ,何件か問い合わせがありましたので,あらためて告知しておきます.

『南アジア古典学』では,九大印哲関係者に限るという「狭量部」(きょうりょうぶ)の立場に立つことなく,広く学徒に門戸を開き,すぐれた原稿を募集しています.

投稿規程の詳細については以下の記事を参照してください.

http://blogs.dion.ne.jp/sanskrit/archives/3747253.html

前号と同様,3月末締め切りとなっています.(期限厳守でお願いいたします.)

昨年度の目次は以下を参照.

http://blogs.dion.ne.jp/sanskrit/archives/3508661.html

(インド,パーリ,チベット)仏教学,インド学,インド哲学,インド文学が,主たる対象となります.

なお,バックナンバー(残部僅かですが)をご希望の方は,九州大学文学部インド哲学史研究室,あるいは,岡野宛(ホームページ:http://homepage3.nifty.com/indology/)にご連絡ください.

知のフロンティアを切り開く「未知対象を照らし出す」(ajJAtArthaprakAZaka),まさに,「次代の規準」(プラマーナ)たる論文を求めています.

雑誌発刊にあたっては,OBの方々を始め,理解ある資金援助をいただいています.記して感謝いたします.雑誌継続のために,今後もよろしくお願いいたします.

スポンサーサイト



  1. 2006/12/24(日) 12:21:59|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<ラーフル・サーンクリティヤーヤン『放浪の教え』 | ホーム | Correction of Jinendrabuddhi's Pramanasamuccayatika>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する