Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

スキリング先生(Skilling 2013:126, n. 37)の本を読んでいると、干潟先生校訂の善勇猛般若経の一節が引かれていました。

dhātuśaḥ satvāḥ saṃsyandanti, hīnādhimuktikā hīnādhimuktikair udārādhimuktikā udārādhimuktikair iti.



そのまま直訳すると

界毎に衆生は一緒に走る。劣った信解を持つ人達は、劣った信解を持つ人達と、高貴な信解を持つ人達は高貴な信解を持つ人達と。



心の中には基盤となる色々な要素(素質)があるでしょうが、個々人の志操・信念・こだわりの違いによって様々に発現してくる要素に応じて似たもの同士、類は友を呼ぶ、ということのようです。

気高いadhimuktiを持ちたいものです。
スポンサーサイト
  1. 2015/02/21(土) 09:59:36|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する