FC2ブログ

Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

雑誌『ミーマーンサーの光』The Mimansa Prakash (The Anglo-Sanskrit monthly journal of the M.G.P. Samiti, Poona 2)




MP.jpg




『ミーマーンサーの光』(The Mimansa Prakash)と題された,聖典解釈学ミーマーンサー専門の学術雑誌です.

副題には,「英語・サンスクリット語の月刊誌」とあります.(The Anglo-Sanskrit monthly journal of the M.G.P. Samiti, Poona 2)

編集者は,ワーマン・シャーストリー・キンジャワデーカル.(Editor: Waman Shastri Kinjawadekar, Mimansaka Shiromani)

編集助手の名前も載っています.(Assistant Editors: Govind Balwant Makoday B.A. and Ramchandra Shastri Kinjawadekar, Dixit)

写真は第一巻第一号(Vol. I No. I),1936.10.25発刊です.

筆者の知る限り,1938.6.1発刊の3-6(Vol. III, No. 6)まで継続したようです.

日本の大学図書館にはないようです.

わたしもアディヤール・ライブラリーでコピーしました.

雑誌の宣伝文句は以下の通り.

The Mimansa Prakash (Anglo-Sanskrit Monthly Journal)

The Magazine sheds its lustre on the ancient Aryan culture by reviving the Mimansa Shastra. It is devoted to topics of everyday necessity. It seeks to lay down a beneficial course of action which promotes human prosperity and endeavours to enlighten the Path-of-Duty. All the questions are dealt with from the view point of and illuminated by the principles of the Mimansa Shastra which authoritatively solves the difficulties of a Layman, a Scholar, a Lawyer, a Doctor and a Professor.

Annual Subscription (inclusive of postage)--- Rs. 5/ - in India and Rs. 7/- abroad.

Please apply to--- The General Secretary, M.G.P Samiti, ... ... (*no more existent)

すごい意気込みです.

Prakaranapancikaの校訂も連載されるなど,学術的にも無視できない貴重なものが含まれています.

本校訂は残念ながら未完です.



スポンサーサイト



  1. 2006/12/24(日) 18:15:46|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<Appayya Dikshita II | ホーム | K.E. Devanathan『聖典解釈学ミーマーンサーにおける「主たる被限定要素」の考察と「命令の意味」の確定』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する