Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

関一敏教授の記念シンポジウム

総タイトル「きねんシンポジウム」
2015年3月28日(土)

構成
第一部「宗教問答」13:30~15:30
  佐藤研、下田正弘、関
第二部「九州で学問をする」15:45~17:00
  有馬学、田嶌誠一、重信幸彦、関

会場は101階段教室

SekiSympo2.jpgSekiSympo3.jpg

九大文学部も味のある先生はそれなりに揃えていますが,その中でも頭一つ抜け出ているのが関先生.

その関先生も退職ということで寂しい限りです.

シンポは,関ワールド全開の緩さで,聴衆一同,大満足といった感じでした.

101,かなり大きい教室ですが,後ろを振り返ると,ほとんど埋まっていました.

休憩時間に周囲を見ると,比較宗教学,文学部,人環といった大学関係者から,文化人類学,宗教学といった分野の関係者,そのほか,学生,卒業生でえらく賑やかでした.

福岡市史の仕事が残っているとのことで,当分は福岡にいらっしゃるとのこと.

新しい住所から電話番号まで配付資料で配る人は初めて見ました.
スポンサーサイト
  1. 2015/03/28(土) 12:21:46|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する