Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

インド哲学仏教学研究22(特別号):インド哲学諸派の〈存在〉をめぐる議論の解明

img20150514_10224744.jpg
img20150514_12303342.jpg
img20150514_12313140.jpg
img20150514_12322197.jpg
img20150514_12324186.jpg


鈴木孝典
ヴァイシェーシカ学におけるカテゴリー論と宗教的目標.. . . . . . . . . ..1-18

渡邊眞儀
属性(guna) カテゴリーの検討
――Bhasarvajnaによる伝統説批判のー例として――.. . . . . . . . . .. 19-29

日比真由美
時間・方角は独立の実体か
――パーサルヴァジュニャによる批判を中心に――.. . . . . . . . . .. 31-56

平野克典
内属(samavaya) の関係項の〈存在〉構造.. . . . . . . . . .. 57-68

岩崎陽一
所有と相続の形而上学.. . . . . . . . . .. 69-89

石村克
実在・存在・非存在
――クマーリラの非存在の実在論証を中心に――.. . . . . . . . . .. 91-103

藤井隆道
存在するとはいかなることか
――satta の実在をめぐる論争とその背景一一.. . . . . . 105-120

近藤隼人
因中有果説の極北.. . . . . . . . . .. 121-150

志賀浄邦
仏教における存在と時間:
三世実有論をめぐる諸問題を再考する.. . . . . . . . . . 151-174

護山真也
プラジュニャーカラグブタの〈知覚=存在〉説... . . . . . . . . .. 175-190

狩野恭
インドにおける主宰神の存在論証をめぐる論理学的基本問題.. . . . . . . . . .. 191-214

堀田和義
内属は成立しうるか?――Bhavasenaのsamavaya批判.. . . . . . . . . .. 215-226

川村悠人
Astadhyayi 5.2.94におけるasyaとasminの言明目的
――matUP導入をめぐる第六格接辞と第七格接辞の意味論.. . . . . . . . . .. 227-249

李宰炯
バルトリハリの〈時間〉論
――二次的存在性(upacarasatta) と過去・未来表現の成立.. . . . . . . . . .. 251-264

斉藤茜
パシュヤンティー理論とスポータ理論の作用領域. . . . . . . . 265-293

畝部俊也
言葉の使用の根拠としての「存在」
――文法家にとっての「世界認識の枠組み」としてのbhava――295-311
スポンサーサイト
  1. 2015/05/14(木) 07:36:48|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する