Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

日本印度学仏教学会 第66回学術大会(高野山大学)

9月の高野山でのインブツケン.

10部会もあると同時並行であれこれとあります.

興味あるものも色々とありますが,身体はひとつ,ごくごく限られた範囲しか聞けないでしょう.

日本印度学仏教学会
第66回学術大会
会期 2015年 9月 19日 (土) - 9月20日(日)
会場 和歌山県伊都郡高野町高野山:385
高野山大学
日本印度学仏教学会

初日はダルシャナ関係.

9月19日(土) 9:00-12:00
1.生死に流転する身体一古典サーンキヤ体系における輪廻主体考―近藤 隼人(東京大学大学院)
2.ジャヤデーヴァの言及する"samsargamaryada" 岩崎 陽一(東京大学大学院)
3.『ヴィヨーマヴァティー』における時間の知覚説 渡遺 眞儀(東京大学大学院)
4.語形論とスポータ理論―認識論における普遍観について― 斉藤 茜(日本学術振興会特別研究員 PD)
5.マドゥスーダナ・サラスヴァティーの文献に見られるブラフマンとヒラニヤガルパの関係
眞鍋 智裕(早稲田大学非常勤講師)
6.Madhva、および Jayatirthaの Pasupata批判一Brahmasutra 2.2.37-40に対する Dvaitaの回答一
池端 惟人(京都大学非常勤講師)
7.『パガヴァッドギーター』II.1の解釈をめぐって 加藤 隆宏(東京大学助教)
8.シヴァ派再認識派写本の欄外註について 川尻 洋平
(筑紫女学園大学人間文化研究所リサーチアソシエイト)
9.シャンカラ派における信(sraddha)の概念とその意味 澤井 義次(天理大学教授)


9月19日(土) 午後の部(13:20-16:00)
1.『唯識三十煩』第21偈 cd句の安慧釈の竹村訳は本当に「誤訳」なのか? 北野新太郎(九州大学非常勤講師)
2.ヴィヨーマシヴァとシュリーダラの系那滅論証批判一その批判の対象と批判の論点一
酒井 真道(関西大学准教授)
3.Hetubinduに見られるジヤイナ教徒の見解 志賀 浄邦(京都産業大学准教授)
4.存在否定命題をめぐる仏教とニヤーヤ学派の対立 渡辺 俊和
(オーストリア科学アカデミーアジア文化・思想史研究所研究員)
5.ダルマキールティの討論とニヤーヤ学派の応答 佐々木 亮(早稲田大学非常勤講師)
6.ダルマキールティによる帰謬の例証(Pramanaviniscaya 3,p.4)について
吉水千鶴子(筑波大学教授)
7.ダルマキールティ年代論の追加資料 木村 俊彦(四天王寺大学名誉教授)
8.直接知覚(現量)と超能力(神通) 村上 真完(東北大学名誉教授)

二日目は自身の発表も含めて仏教論理学部会.ディグナーガとアポーハがなぜか盛り上がっています.

9月20日(日) 午前の部(9:00-12:00)
1.ディグナーガによるサーンキヤ知覚説批判の特徴一その批判方法を中心として一
吉田 哲(龍谷大学講師)
2.0n Dignaga's Chinese Names 何 歓歓
(漸江大学教授、日本学術振興会外国人特別研究員(東京大学))
3.知の存在に基づいた普遍実在主張を巡る議論について 野武美弥子(早稲田大学非常勤講師)
4.『集量論複注』第4章研究の現状 桂 紹隆(広島大学名誉教授)
5.カルナカゴーミンの Pramanavartika I 48解釈 中須賀美幸(広島大学大学院)
6.アポーハ論におけるダルモーッタラのく2種の否定〉解釈 石田 尚敬(愛知学院大学専任講師)
7.ディグナーガによるアポーハ説の再検討 吉水 清孝(東北大学大学院教授)
8.アポーハの遍充把握一ディグナーガとクマーリラ一 片岡 啓(九州大学大学院准教授)
9.アポーハ論と名辞一否定名辞・複合語一 上田 昇(目白大学教授)

パネルは,同時並行で桂先生のディグナーガもあります.

下記は,サンダーソン教授ほかのパネル.

Mantramargaな高野山だけに密教は外せません.未定のタイトルTo be announcedが気になります.何になるのでしょう.

9月20日(日) 13:40-16:10
パネル発表B (本館403教室) テーマ:
How Did Tantras Establish Their Authorities? Relationship between Tantras andTraditional Religions
代表:種村 隆元(大正大学特任准教授)

1.パネルの趣旨説明 種村 隆元(大正大学特任准教授)

2. Sakta-Saiva and Buddhist Tantric Strategies of Acceptance AlexisSanderson
(オックスフォード大学教授)

3. Sunya in Saiva and Buddhist Tantrism 苫米地等流(一般財団法人人文情報学研究所主席研究員)

4.TBA Harunaga Isaacson
(ハンブルグ大学教授)
スポンサーサイト
  1. 2015/07/13(月) 07:29:45|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する