Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

南アジア古典学 第10号(2015年)

宣伝が遅くなりましたが,例年通り,7月末の西日本インド学仏教学会よりも前に刊行にこぎ着けることができました.

原稿を戴いた皆様,ありがとうございます.

ISSN 1881-2074
南アジア古典学
2015
第10号

目 次
KalpalatāとAvadānamālāの研究(6)
—Kalpalatā 第83章、TJAM 第3章と第4章、SMRAM 第38章—
岡野 潔
1-104

上座部註釈家ダンマパーラに帰せられる著作群の成立順序
清水 俊史
105-129

貝葉古写本研究への電子工学的支援について(2)
—「電子ブック」作成手法と調査現況報告—
藤原 和彦,宮尾 正大,笠松 直,逢坂 雄美
131-142

ラトナキールティ著『主宰神証明の論駁』和訳研究(中)
護山 真也
143-171

Tattvasaṃgrahalaghuṭīkā—和訳と原典—
片岡 啓
173-280

Arcaṭa on dṛṣṭānta, trairūpya, and viparyaye bādhakapramāṇa
in Dharmakīrti’s sattvānumāna
Masamichi SAKAI
281-296

The Grammarians’ Concept of Śabda in Relation to the Theory
of Sphoṭa: Aṣṭādhyāyī 1.2.45 and 1.1.70
Akane SAITO
297-335

シヴァ教神学の存在論
川尻 洋平
337-361

ダルマキールティのアポーハ論
—知覚判断と付託の欠如(samāropaviveka)—
中須賀 美幸
363-383

九州大学大学院人文科学府・文学部
インド哲学史研究室
スポンサーサイト
  1. 2015/09/14(月) 19:03:59|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する