Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2

On Indian Philosophy and Buddhist Studies

Biriyani at 106 South Indian, Fukuoka

106 003

日曜日.

印哲OBと106サウスインディアン福岡店.

特別メニューのビリヤニ.

2138円.

ビリヤニに後付けのナンの蓋.

いまの流行だそうです.

月曜日はマトンビリヤニを試すとのこと.

さすが106.最高級シェフの味です.

これは誰もかなわないでしょう.

インド場末の味でも「インド五つ星ホテル」とかいう謳い文句が日本全国はびこってますが,大概,五つ星の皿洗いかと思わせます.

が,ここは違います.本物.

このレヴェルの高さ,福岡では,「あんまー」の最初のコックさん以来です.

水曜日から始めるというミールスが楽しみです.

伝説のシェフ,スワーミーさん(現在はインドに帰国)もまだ特別滞在中.

ビリヤニのベースは彼が作ったそうです.香りが高い.

そして,シェフのラジェーシュさんは,忙しい中でも,さすがの気配り.

福岡の客の反応を見て,フィードバック学習,いろいろと変化中.

さすが北九州店を成功させただけあります.

すごい本物がミールスだすことになったものです.

数多のナンチャッテを赤面させるレヴェルの高さとなることでしょう.




通常メニューで印象に残ったのはアルー・ゴービーの炒め.シンプルですが真似できないバランス.

106afjadfawear.jpg

それにバトゥーラー.いわゆるジャンボなバトゥーラーではなくて,小ぶりで厚手です.

106fdal;kdjfas

そして,ラムのハンバーグ.文字通り,鉄板のうまさです.名称は「ラム・マサラ」となっています.もっと違うのを想像していましたが,予想を超えるうまさ.

106oiuea.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/10/11(日) 15:46:05|
  2. 未分類

プロフィール

Aghora

Author:Aghora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する